「ボンド22」の脚本にポール・ハギスが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月25日 > 「ボンド22」の脚本にポール・ハギスが参加
メニュー

「ボンド22」の脚本にポール・ハギスが参加

2007年5月25日 12:00

「007/カジノ・ロワイヤル」の脚本に参加したポール・ハギス監督(「クラッシュ」)が、現在プリプロダクション中の「ボンド22(仮題)」の脚本執筆にも参加することが明らかになった。

「ボンド22」に関しては、すでに常連脚本家のニール・パービスロバート・ウェイドによる脚本が仕上がっているものの、プロデューサー側は好評を得た「007/カジノ・ロワイヤル」と同様、ポール・ハギスによるリライトが必要だと判断した模様だ。ハギスは監督作である「In the Valley of Elah」(9月21日全米公開)を完成次第、「ボンド22」に取りかかることになる。

「ボンド22」のクランクインは08年1月で、全米公開は08年11月7日の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi