ポール・ハギスとマーク・フォースターが「ボンド22」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月10日 > ポール・ハギスとマーク・フォースターが「ボンド22」を語る
メニュー

ポール・ハギスとマーク・フォースターが「ボンド22」を語る

2007年7月10日 12:00

J・ボンドと I・ジョーンズは大好き「主人公は僕だった」

J・ボンドと
I・ジョーンズは大好き
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ジェームズ・ボンド22」(仮題)の監督を務めるマーク・フォースター(「主人公は僕だった」)と、ニール・パービスロバート・ウェイドの脚本をリライトすることに決定したポール・ハギス(「クラッシュ」)が、7月1日まで開催されたロサンゼルス映画祭に登場。2人のコメントを、ボンド映画ファンサイトMI6.co.ukがこのほど詳しくレポートした。

アクション映画の経験がないことを問われたフォースター監督は、「アクション作品にはずっと魅了されており、『インディ・ジョーンズ』の全作品、古いボンド映画の全映画を愛してきた」と、その研究に余念がないと語った。

前作「007/カジノ・ロワイヤル」に続いて脚本をリライトするハギスは超多忙の身。自ら脚本と監督を担当し、トミー・リー・ジョーンズやシャリーズ・セロンらが出演する群像劇「In the Valley of Elah」(全米公開9月21日)のポストプロダクションと並行して、「ボンド22」のリライト作業を6カ月ほどかけて進めるという。ストーリーについては詳しい説明を避けたが、「『カジノ・ロワイヤル』の続き物というのは正しいかもしれないが、それ自体で物語になっているものでなければね」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi