全米批評家協会賞が発表。最優秀作品賞は意外な作品に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月9日 > 全米批評家協会賞が発表。最優秀作品賞は意外な作品に
メニュー

全米批評家協会賞が発表。最優秀作品賞は意外な作品に

2007年1月9日 12:00

1月6日、全米の新聞・雑誌に執筆する映画批評家グループ(The National Society of Film Critics)が選出する全米批評家協会賞が発表され、ギレルモ・デル・トロ監督の「パンズ・ラビリンス」が最優秀作品賞を受賞した。「パンズ・ラビリンス」は、スペイン内戦時代を舞台に、魔法の森へとやってきた母娘の物語を描く全編スペイン語の作品。ちなみに同賞はアート映画を好む傾向があり、過去40年の歴史のなかでたった4度しかアカデミー賞作品を作品賞に選んでいないことから、オスカー予想の参考にならないことでも知られている。主な受賞結果は以下の通り。

作品賞

パンズ・ラビリンス

監督賞

ポール・グリーングラス(「ユナイテッド93」)

主演男優賞

フォレスト・ウィテカー(「ラスト・キング・オブ・スコットランド」)

主演女優賞

ヘレン・ミレン(「クィーン」)

助演男優賞

マーク・ウォールバーグ(「ディパーテッド」)

助演女優賞

メリル・ストリープ(「プラダを着た悪魔」「今宵、フィッツジェラルド劇場で」)

脚本賞

ピーター・モーガン(「クィーン」)

撮影賞

エマニュエル・ルベッキ(「トゥモロー・ワールド」)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi