ロバート・アルトマン監督の遺作、来春公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月24日 > ロバート・アルトマン監督の遺作、来春公開へ
メニュー

ロバート・アルトマン監督の遺作、来春公開へ

2006年11月24日 12:00

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(仮題)より (左から)メリル・ストリープ、リリー・トムリン、 故ロバート・アルトマン、リンジー・ローハン「M★A★S★H マッシュ」

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(仮題)より
(左から)メリル・ストリープ、リリー・トムリン、
故ロバート・アルトマン、リンジー・ローハン
[拡大画像]

ロバート・アルトマン監督が、ガンによる合併症のため、11月20日にロサンゼルスで死去した。享年81歳。1970年の「M★A★S★H/マッシュ」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞、「ロング・グッドバイ」(73)、「ナッシュビル」(75)、「ザ・プレイヤー」(92)、「ショート・カッツ」(94)、「ゴスフォード・パーク」(01)などの傑作を生み出した。05年にはアカデミー賞名誉賞を受賞している。群像劇を得意とし、ハリウッドに媚びない映画スタイルで多くの映画俳優から愛されたアルトマン監督。メリル・ストリープケビン・クラインリンジー・ローハンなど豪華スターが共演した「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(仮題)が最後の作品となった。同作はムービーアイの配給で、来春日本公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi