スピルバーグ監督、米TV番組の暴力描写を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月24日 > スピルバーグ監督、米TV番組の暴力描写を批判
メニュー

スピルバーグ監督、米TV番組の暴力描写を批判

2006年11月24日 12:00

ノー・モア・バイオレンス!

ノー・モア・バイオレンス!
[拡大画像]

スティーブン・スピルバーグ監督が、アメリカのTV局に対して暴力描写を自粛するように呼びかけた。スピルバーグ監督は、エミー賞の重役たちとの会合の席で、お気に入りの新番組「HEROES」を子供と一緒に見ていたところ、幼い子供には過激すぎる暴力シーンにショックを受けたと発言。また、人気番組の「CSI:科学捜査班」などにも、血液や解剖シーンが頻繁に登場するため、子供に配慮した対応をしてほしいと語った。「HEROES」は、一般人が突如、特殊能力に目覚めるという「X-MEN」を彷彿させるアクションドラマで、今秋から始まった新ドラマのなかでもっとも人気が高い。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi