「父親たちの星条旗」会見。イーストウッド組は「スイス製の時計」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月20日 > 「父親たちの星条旗」会見。イーストウッド組は「スイス製の時計」
メニュー

「父親たちの星条旗」会見。イーストウッド組は「スイス製の時計」

2006年10月20日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

(左から)「父親たちの星条旗」会見に出席した ジェームズ・ブラッドリー、ジェシー・ブラッドフォード、 アダム・ビーチ「父親たちの星条旗」

(左から)「父親たちの星条旗」会見に出席した
ジェームズ・ブラッドリー、ジェシー・ブラッドフォード、
アダム・ビーチ
[拡大画像]

許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦といわれた硫黄島の戦いを、日米双方の視点から描く映画史上初の試みとなる2部作「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」。第1弾として公開されるアメリカ側の視点で描いた「父親たちの星条旗」の日本公開を28日に控え、主演のジェシー・ブラッドフォードアダム・ビーチ、そして原作者のジェームズ・ブラッドリーが来日。10月20日、東京・六本木の六本木アカデミーヒルズにて来日記者会見を行った。

クリント・イーストウッドの長編第26作目の監督作にして、最高の製作費約8000万ドル(約95億円)を投じて製作された本作。原作者のブラッドリー氏は「スティーブン・スピルバーグが映画化権を獲得し、それをクリント・イーストウッドが監督するということで、私を含めた遺族は大変喜んでいる。正確に私の原作を映像化していたら20時間を超える作品になっていたと思うが、この映画では感情面に的を絞って、2時間強の見事な作品に仕上げていると思う」とコメント。

一方、俳優の2人は、76歳の大監督イーストウッドについて、「彼には“伝染的な落ち着き”がある。自分で威張ったり強がったりすることなく、皆が自然と彼についていくような真のリーダー」(ジェシー)、「クリントは全世界で最もクールな男」(アダム)と絶賛。演出面においても、ジェシーが「500人以上のエキストラを使った大がかりなシーンで3~4回のテイク、あとはほとんど1回のテイクで、スイス製の時計のように正確に撮影が進む」と話すと、アダムは「噂では聞いていたが、本当に1テイクだけ撮って進んでいく。俳優にとっては恐怖だが、やっていく中で自信がついた。このやり方は、クリントが俳優を信頼してくれている証拠」とイーストウッドへの信頼感を表した。

そして、2部作のもうひとつの作品、日本版の「硫黄島からの手紙」については、「(クリントからは)最初から日米双方の視点から描くと聞いていた。アメリカのメディアでは、今までまともに日本軍のことが描かれていなかったのでいい機会になると思う」とブラッドリー氏が話すと、ジェシーも「この2部作は映画史上初めての試み。興奮すると同時に、その作品に参加できたことを嬉しく思う」と締めくくった。「父親たちの星条旗」は21日に第19回東京国際映画祭のオープニング作品として上映後、28日より全国ロードショーとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi