オリバー・ストーン監督、次作は米のアフガニスタン侵攻を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月20日 > オリバー・ストーン監督、次作は米のアフガニスタン侵攻を描く
メニュー

オリバー・ストーン監督、次作は米のアフガニスタン侵攻を描く

2006年10月20日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

再び吠える!?「ワールド・トレード・センター」

再び吠える!?
[拡大画像]

アメリカ同時多発テロの悲劇を描いた「ワールド・トレード・センター」が好評のオリバー・ストーン監督が、今度はアメリカ軍によるアフガニスタン侵攻をテーマにした戦争映画を撮ることになりそうだ。ストーン監督は、タリバン一掃作戦をアフガニスタンで指揮した、元CIAのゲイリー・バーンスタイン執筆による手記「Jawbreaker」の映画化権を獲得。現在、「すべては愛のために」のサイラス・ナウレステが脚本を執筆中だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi