04年、日本映画のベスト10は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月24日 > 04年、日本映画のベスト10は?
メニュー

04年、日本映画のベスト10は?

2004年12月24日 12:00

余裕の1位「ハウルの動く城」

余裕の1位
(C)2004 二馬力・TGNDDDT

例年になく、日本映画にヒット作が頻発した04年だが、上位の10作品がほぼ固まった。1位はもちろん「ハウルの動く城」で、興収200億円以上が確実、以下2位「世界の中心で、愛をさけぶ」、3位「いま、会いにゆきます」と東宝作品が上位を独占している。松竹と東映は、合わせて3本を10位以内に送り込むのがやっとで、マーケットの勢力図が浮き彫りになっている。

1

ハウルの動く城

東宝

200億円以上

2

世界の中心で、愛をさけぶ

東宝

85億円

3

いま、会いにゆきます

東宝

47億円(見込)

4

「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション

/裂空の訪問者」

東宝

43.8億円

5

「ドラえもん/のび太のワンニャン時空伝」他

東宝

30.5億円

6

名探偵コナン/銀翼の奇術師

東宝

28億円

7

クイール

松竹

23億円

8

スウィングガールズ

東宝

21.5億円

9

NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE

東宝

19.3億円

10

半落ち

東映

18.5億円

「ワンピース THE MOVIE/呪われた聖剣」

東映

18.5億円

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi