世界の中心で、愛をさけぶ
ホーム > 作品情報 > 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」
メニュー

世界の中心で、愛をさけぶ

劇場公開日

解説

高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。監督は「きょうのできごと a day on the planet」の行定勲。片山恭一による同名小説を基に、「ユーリ」の坂元裕二と「Seventh Anniversary」の伊藤ちひろ、行定監督が共同で脚色。撮影を「hana & alice 〈花とアリス〉」の篠田昇が担当している。主演は、「hana & alice 〈花とアリス〉」の大沢たかおと「伝説のワニ ジェイク」の柴咲コウ、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の長澤まさみ、映画初出演の森山未來。

ストーリー

婚約者である律子が、引っ越しの荷物の中から偶然見つけた1の古いカセットテープを持って、突然失踪した。彼女の行き先が自分の故郷・四国の木庭子町であることを知った朔太郎は、彼女の後を追って故郷へと向かうが、そこで彼は高校時代のある記憶を辿り始める。それは、初恋の人・亜紀と育んだ淡い恋の想い出。しかし、その亜紀はやがて白血病で倒れ、辛い闘病生活を強いられてしまう。そして、次第に弱っていく彼女を見て、自分の無力さを嘆くしかない朔太郎は、彼女の憧れの地であるオーストラリアへの旅行を決行するのだが、折からの台風に足止めをくらいふたりの願いは叶わず、空港で倒れた亜紀は、その後、還らぬ人となるのだった……。そんなふたりの関係に、実は律子が関わっていた。入院中、朔太郎と亜紀はカセットテープによる交換日記のやり取りをしていたのだが、その受け渡しを手伝っていたのが、亜紀と同じ病院に母親が入院していたまだ小学生の律子で、彼女の失踪もそれを自身で確かめる為だったのである。果たして、亜紀の死やテープを届けていた相手が現在の恋人である朔太郎であったことを知った律子は、自らも事故に遭ったせいで渡せなかった“最後のテープ”を迎えに来た朔太郎に渡す。それから数日後、約束の地・オーストラリアへと向かった朔太郎と律子は、最後のテープに録音されていた亜紀の遺志を叶えるべく、彼女の遺灰を風に飛ばした。...

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 138分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

受賞
助演女優賞 長澤まさみ
ノミネート
作品賞  
監督賞 行定勲
助演男優賞 森山未來
音楽賞 めいなCo.
新人俳優賞 森山未來
話題賞 作品部門/俳優部門 長澤まさみ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全19件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ
世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ 世界の中心で、愛をさけぶ
2013年11月26日 2017年2月22日 2016年11月16日 2013年9月19日
¥300 ¥300 ¥650 ¥933
Amazonビデオ iTunes Netflix Hulu
1ヵ月無料 2週間無料

他のユーザーは「世界の中心で、愛をさけぶ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi