ベネチア映画祭、コンペ作品決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月12日 > ベネチア映画祭、コンペ作品決定
メニュー

ベネチア映画祭、コンペ作品決定

2003年8月12日 12:00

画像1

(C)2003「座頭市」製作委員会
北野武監督作「座頭市」
[拡大画像]

8月27日から9月6日まで開催される第60回ベネチア映画祭のラインナップが発表になった。今回コンペティション部門に選ばれたのは20本。また革新的作品を集めたコントロコレンテ部門では18本が上映される。日本からは、ベネチアの常連である北野武監督の「座頭市」がコンペ部門に選出。たけし作品のコンペ参加は、金獅子賞に輝いた97年の「HANA-BI」、昨年の「Dolls(ドールズ)」に続き2年連続3度目。コントロコレンテ部門には、熊切和嘉監督の「アンテナ」と、「座頭市」にも出演している浅野忠信主演の日タイ合作映画「Last Life in the Universe」(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)がエントリーされた。

今年のオープニングを飾るのはベネチアの常連でありながら、一度も現地に出向いたことのなかったウッディ・アレン監督の「Anything Else」。今年は監督本人の参加が期待されている。さらに、6月に亡くなった女優のキャサリン・ヘップバーンにオマージュを捧げた特集上映も予定されている。コンペティション部門にエントリーされた作品は以下の通り(カッコ内は監督名)。

「Buongiorno, notte」(マルコ・ベロッキオ

「Segreti di Stato」(パオロ・バンヴェヌーティ)

「Le Cerf-Volant」(ランダ・チャハル・サバッグ)

「Raja」(ジャック・ドワイヨン

「Twenty-Nine Palms」(ブリュノ・デュモン

「Alila」(アモス・ギタイ

「21 Grams」(アレハンドロ・ゴンザレス・イリャニトゥ)

「Imagining Argentina」(クリストファー・ハンプトン

「A Good Lawyer's Wife」(イム・サムス)

「Loving Glances」(スルジャン・カサノヴィッチ)

座頭市」(北野武

「Pornography」(ヤン・ヤコブ・コルスキー)

「Floating Landscape」(キャロル・ライ

「Les sentiments」(ノエミ・ヴァフォスキー)

「A Talking Picture」(マノエル・デ・オリヴェイラ)

「Rosenstrasse」(マルガレーテ・フォン・トロッタ

「Goodbye Dragon Inn」(ツァイ・ミンリャン

「Il Miracolo」(エドアルド・ウィンスピア

「Code」(マイケル・ウィンターボトム

「The Return」(アンドレイ・ズヴャジンツェフ)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi