今年のラジー賞は、「ドリヴン」「パール・ハーバー」らが有力! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年2月12日 > 今年のラジー賞は、「ドリヴン」「パール・ハーバー」らが有力!
メニュー

今年のラジー賞は、「ドリヴン」「パール・ハーバー」らが有力!

2002年2月12日 12:00

毎年、最悪だった映画・俳優を選出する、“ラジー賞”ことゴールデン・ラズベリー・アワードのノミネート作品が今年も発表された。昨年はジョン・トラボルタが独占したこの賞、今年の最右翼は、先頃ドリュー・バリモアと離婚を表明したばかりのトム・グリーン。自ら監督・脚本・主演を努めた「Freddy Got Fingered」(日本未公開)が8部門でノミネート。続いて、スタローンの「ドリヴン」が7部門、マライア・キャリーの「グリッター きらめきの向こうに」と「パール・ハーバー」がともに6部門で追っている。授賞式はアカデミー賞前日の3月23日(現地時間)、サンタモニカのアブラカダブラ・シアターで行われる。主なノミネートは下記の通り。

最悪作品賞

ドリヴン

「Freddy Got Fingered」

グリッター きらめきの向こうに

パール・ハーバー」」

「3000 Miles to Graceland」

最悪主演男優賞

ベン・アフレック(「パール・ハーバー」)

ケビン・コスナー(「3000 Miles to Graceland」)

トム・グリーン(「Freddy Got Fingered」)

キアヌ・リーブス(「陽だまりのグラウンド」「スウィートノベンバー」)

ジョン・トラボルタ(「ドメスティック・フィアー」「ソードフィッシュ」)

最悪主演女優賞

マライア・キャリー(「グリッター きらめきの向こうに」)

ペネロペ・クルス(「ブロウ」「コレリ大尉のマンドリン」「バニラ・スカイ」)

アンジェリーナ・ジョリー(「トゥームレイダー」「ポワゾン」)

ジェニファー・ロペス(「Angel Eyes」「ウェディング・プランナー」)

シャーリーズ・セロン(「スウィートノベンバー」)

最悪助演男優賞

マックス・ビーズリー(「グリッター きらめきの向こうに」)

チャールトン・ヘストン(「キャッツ&ドッグス」「PLANET OF THE APES 猿の惑星」「フォルテ」)

バート・レイノルズ(「ドリヴン」)

シルベスター・スタローン(「ドリヴン」)

リップ・トーン(「Freddy Got Fingered」)

最悪助演女優賞

ドリュー・バリモア(「Freddy Got Fingered」)

コートニー・コックス(「3000 Miles to Graceland」)

ジュリー・ハガティ(「Freddy Got Fingered」)

ゴールディ・ホーン(「フォルテ」)

エステラ・ウォーレン(「ドリヴン」「PLANET OF THE APES 猿の惑星」)

最悪監督賞

マイケル・ベイ(「パール・ハーバー」)

ピーター・チェルソム(「フォルテ」)

トム・グリーン(「Freddy Got Fingered」)

ボンディ・カーティス=ホール(「グリッター きらめきの向こうに」)

レニー・ハーリン(「ドリヴン」)

最悪脚本賞

ドリヴン

「Freddy Got Fingered」

グリッター きらめきの向こうに

パール・ハーバー

「3000 Miles to Graceland」

最悪リメイク・続編賞

クロコダイル・ダンディーin L.A.

ジュラシック・パークIII

パール・ハーバー

PLANET OF THE APES 猿の惑星

スウィートノベンバー

最悪カップル賞

ベン・アフレックと、ケイト・ベッキンセールジョシュ・ハートネットの両方(「パール・ハーバー」)

マライア・キャリーの胸の谷間(「グリッター きらめきの向こうに」)

トム・グリーンと彼が虐待した動物たち(「Freddy Got Fingered」)

バート・レイノルズシルベスター・スタローン(「ドリヴン」)

カート・ラッセルと、ケビン・コスナーコートニー・コックスの両方(「3000 Miles to Graceland」)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi