スリー・ビルボードのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード

劇場公開日 2018年2月1日
240件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

マーティン・マクドナーが試みた西部劇の再構築。

カールした髪を少しだけ後ろで束ねて、そこにバンダナを締め、ツナギで武装した怒り心頭の母親、ミルドレッドが、ギターの爪弾きに乗って、レイプされ、焼き殺された娘の敵を討ちに行く。さながら、現代のミズーリにカウボーイがワープしてきたかのようではないか!?ジョン・フォードと同じくアイルランドに故郷を持つ監督&脚本のマーティン・マクドナーは、偉大な先人に敬意を表し、西部劇の再構築を果敢に試みている。しかし当然、ここでは善対悪の構図はかつてのように単純ではなく、悪人に見えた人間には情状酌量の余地が大いにあり、さも善人面して登場する人物が巨大悪の手先だったりする。そんな時代に、ひたすらいがみ合い、傷つけ合うことなど無意味なのだ。互いに思いやりを持ち、理解する努力を怠らないことこそ、人としての知恵ではないのか?想定外に次ぐ想定外で観客をとことん混乱させる物語は、最後に心和む着地点を用意して、そこはかとない余韻を残して幕を閉じる。その余韻はしばらく消えることはない。オスカー云々に関係なく、今年まず観るべき1作だ。

MP
MPさん / 2018年1月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

評判にたがわぬ大傑作

伏線らしき情報をちりばめて、こうなるんだろうなと飛びつくとあっさり予想を外される、緻密に練られた脚本がまず見事。これはジャンルの定石に収まらない、オリジナルな展開に満ちたストーリーだ。

フランシス・マクドーマンドにとって『ファーゴ』に並ぶ代表作だ。ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルも実にいい。とりわけロックウェルがずっと嫌われ警官かと思いきや、まさかの“成長”を見せて驚かせる。

レイプされ殺された娘、町で孤立する母親、ガンで余命わずかの警察署長。悲劇的な要素に満ちているが、どこか人間を信じているような温かみ、確かな力が映画に光をもたらす。体験してよかったと心から思える傑作だ。

AuVis
AuVisさん / 2018年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 14 件)

特異な日常

ミズーリ州の特異な日常の人間模様。脚本、音楽がいい。

kubonbich
kubonbichさん / 2018年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛と憎しみは表裏一体

憎しみは憎しみを生む。
雪だるま式にあっという間に巨大化しエスカレートし続けるそれは、それぞれの正義の名のもとに存在している。

この映画にはヒーローもヒロインもいない。
登場人物は良くも悪くも私たちと同じ普通の人間だ。みんな完璧なんかじゃない。
私たちだって、こうしているうちにも愛する人や守るべきものがあるがゆえに時として狂気に満ちた憎しみを生みだしてしまう可能性がないとは言えない。
愛と憎しみは表裏一体。
にもかかわらず憎しみは憎しみしか生まない。
しかし愛と優しさは凍りついた心を簡単に動かしてしまうパワーを持っている。

ラストシーンでのミルドレッドとディクソンとのやりとりは何気ない中にも優しさが溢れていてなんとも言えず温かい気持ちにさせられた。
まだ何も解決はしていないけれど、やっと肩の荷がおりたような2人の安堵の表情とミルドレッドの笑顔がとても印象的で、今後の明るい未来を示唆していると感じた。

わかちゃん
わかちゃんさん / 2018年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間性を試されました。

自分がどれだけ浅い心の持ち主であるかが露呈された展開でした。
ことごとく物事や人を一時の表面でしか見ていないんだなと。
決めつけや思い込みがどれだけ己の人間性の豊かさを止めてしまっていることか。
自分の感情が最優先で何が悪いのかって情けないやらそれが本音だと開き直るやら。
自分を試された映画でした。

私はてっきりあのオレンジジュースを渾身の憎しみを込めて火傷の体に注ぎ垂らすものだと。
そしてヒリヒリもがき苦しむ姿を想像して観ていました。
もし自分だったらそうしていたかもしれない。怒りの興奮を制御できなくて。
でもそうではなかった。

裏返ってもがいている虫を何事もなくそっと元に戻してあげるミルドレッドの優しさを
私も取り戻さなければと反省したのでした。

puccino
puccinoさん / 2018年2月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不寛容に満ちたアメリカ

 アメリカはメイフラワー号での上陸以来、フロンティアスピリッツという名の先住民虐殺を経て建国し、農業のための奴隷をアフリカから大量に輸入した歴史を持つ歪んだ国である。差別と殺人がアメリカの特徴なのだ。その歪んだ国の中でも特に差別の激しい片田舎を舞台にしたのが本作品である。
 ムラというのは村八分という言葉に代表されるとおり、共同体の利益や風習に背くものを迫害する。価値観の多様性を認めず、異分子の存在を許さない一元主義なのだ。アメリカは国全体がムラである。しかも銃社会である。銃を使って異端を排除してきた歴史がアメリカの精神性に深く刻み込まれている。
 登場人物たちは根っからの悪人という訳ではないが、ムラ全体を覆う差別意識と一元主義に人格をスポイルされていて、他人を許さない人間ばかりだ。しかし物語が進んでいくと、少しずつ互いを認め合う部分が現れてくる。まだまだ希望と呼べるほどの代物ではないが、僅かながらその兆しはある。
 自分だけ得すればいい、今さえよければいいという、不寛容に満ち満ちた現代のアメリカにあって、この映画の存在価値はもしかすると大きいかもしれない。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

憎しみは憎しみしか生みださないのかと思いきや、愛は憎しみを生み憎し...

憎しみは憎しみしか生みださないのかと思いきや、愛は憎しみを生み憎しみは愛を生む、最後の二人が単なるドライブで帰って来ることを祈りたいが、やはり分かり辛いテーマである。

かまちゃん
かまちゃんさん / 2018年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひどい話のようでいて、優しい。暴力あるし口も悪いし、でも全体として...

ひどい話のようでいて、優しい。暴力あるし口も悪いし、でも全体としては優しい描き方な気もする。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2018年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人は憎しみの中では生きられない

娘を惨殺された母親、しかし捜査に進展はない・・・ 業を煮やした母親の行動が、町中を巻き込む騒動となる。ラストの二人が乗った車の会話が良かった…

PTL
PTLさん / 2018年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒りが怒りを ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

誰もが見方によって、悪者として誰かの怒りの矛先になる。
憎むべき人がそうでなくなるなど、感情移入を許さないめまぐるしい視点転換が起こって心が忙しかった。人種差別も残る、知り合いばかりの田舎町の閉塞感がまた緊張をあおる。脚本の妙。
これが世の中というものなのだなあ、自分も誰かにとっては……などと思いを馳せた。
あの鼻の下の長い男、サム・ロックウェルが良かったぞ! 毎回違う顔を見せてくれるなあ。

fnotes
fnotesさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すげー脚本

こりゃあ凄いわ。名作。

doody
doodyさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黒と赤の看板

サスペンス風ですけど日常系ですね
いい人でも悪い人と割り切れない人たちの織りなす日常です。
芯にある話があるので非常に見やすいですし、感情移入を促すような感じもないので
観た人によって感想が変わるんじゃないかなと思います。
こういうのって日本映画の十八番って感じですけど
やられたって感じです。

puleco
pulecoさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛の物語

メインの題材の割に、心温まるストーリー。
様々な愛の形を描く物語ですね。

アンタッチャブル
アンタッチャブルさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

罪と赦し

見ごたえがある展開。分かりやすいアメリカ南部の分かりやすくマッチョな登場人物だと思っていたら、次々とどんでん返し。本当に悪い人はいなくて、完全に潔白な人もいない世界。罪を犯しあった後で赦しあう関係に鑑賞後じわじわと考えさせられました。

Zita
Zitaさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説を読んでいるかのような濃密な映画体験!

綿密に練られた脚本力、
各々の演者の演技力、
全てを不可分なくまとめ上げた演出力!

一切、展開が予想できず、サスペンスが延々と持続し続け、登場人物すべてが愛おしい。

「ファーゴ」「LA コンフィデンシャル」「ゴーン・ガール」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の時にも感じた、
早くページをめくりたい、いつまでも読み終わりたくない、といった、
小説を読んでいるかのような感覚を味わいました。

この濃密さは映画館でのみ味わえる体験なので、ぜひ映画館で観ることをオススメします!

show
showさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒りはぶつかり、愛はすれ違い...

またもやネタバレせずには大きな魅力を語れない系映画と遭遇した。過激な出来事の連続なのに淡々とした全編中の雰囲気が印象的だった。

この映画を取り巻く3人のキャラは圧巻だった。フランシス・マクドーマントのシーンと音楽はどうしてもファーゴを思い浮かべてしまうのは自分のせいだとしてw、見た方ならわかると思うが、相当イかれてるwけれどそれらの行動は見ていて爽快だった。特に缶を投げた学生へのシーン。日本のドラマじゃやれない、けれどもこれぐらいのやり返しをしてみたいよな、とスカッとして見ていた自分がいた。でもその真っ直ぐすぎるあまり、すれ違ってしまうエピソードも組み込まれていて、そこにまた人間味が増し...。
ウディ・ハレルソンといい、サム・ロックウェルのキャラクターといい、警察2人は新たな側面の表れをうまーく見せていた。人間ってのはどれだけ日常で相手を部分的にしか理解していないかということを考えさせられた。不器用だけど、ホントにいい人。
ピーター・ディーンクレイブ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、その他の脇もここで出るんかーいwってところで登場し、皆役割があるのも抜け目なしって感じ。人間一体どこで救われるかってわからないってことを教えてもらった。(オレンジジュースとか、嘘っぱちのデートとか...)

各々の人間関係が交錯して、その中で間違いを繰り返し、成長し、そして出会い...これらを小さな田舎町で起承転結うまくまとめてたのが今作。一回見ただけじゃまだまだ味わいきれない状態だが、相当計算されて作られていることはわかる。てな訳でまた見よう。
そしてぜひ見てほしい。

最終評価92点

シネマニアV3
シネマニアV3さん / 2018年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

どう受け止めたらよいのか

この作品をどう受け止めたらよいのか戸惑っております。
たぶんよい映画だとは思うのですけれども。

どの登場人物の考え方も行動パターンも私からは遠い。なので、共感ができない。
いちばん共感できたのは、元オットのカノジョ(19歳)です。この娘がいちばんまともに見えました。それと、息子と。

ROKUx
ROKUxさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

価値観の違い

脚本もしっかり作られているし、役者の演技も含めて映画としては悪くない。が、とてもアメリカ的な価値観を感じる映画だった。その意味で、あまり感情移入は出来ないし、共感もしなかった。

観てみて、アカデミー賞作品賞は、この映画かな?と思った。何故ならば、アメリカの今の闇を映し出し、問題提起しているものだから。

ただ、個人的にはこの作品にアカデミー賞作品賞は取って欲しくはない。第89回の作品賞も社会情勢を反映したものだったから、今回はもう少しエンタテインメント色を取り戻して欲しい。

nac
nacさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪人は誰だ

クセの強い出演者の中でディクソンの変化とミルドレッドの揺るぎなさは惹きつけられる。
結局一番の悪人は誰だってとこ。

ぱぴこ
ぱぴこさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たくましく、そしてちょっとやさしい

まず、すごく面白かった。
みんなそれぞれ、悪人でもあり、やさしくもあり。
それが期待を裏切って展開していくところが最高。今年、見るべき最高の映画かも。

まお
まおさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

240件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi