スリー・ビルボード 特集: GG賞を制したオスカー有力作がノミネート直後《映画の日》に公開 全観客の胸をえぐる「ただ者ならぬ空気感」と「圧倒的な映画の極み」この超壮絶なドラマを“その目で”確かめるための準備は整った!

ホーム > 作品情報 > 映画「スリー・ビルボード」 > 特集 > GG賞を制したオスカー有力作がノミネート直後《映画の日》に公開 全観客の胸をえぐる「ただ者ならぬ空気感」と「圧倒的な映画の極み」この超壮絶なドラマを“その目で”確かめるための準備は整った!
メニュー

スリー・ビルボード

劇場公開日 2018年2月1日
2018年1月29日更新

GG賞を制したオスカー有力作がノミネート直後《映画の日》に公開
全観客の胸をえぐる「ただ者ならぬ空気感」と「圧倒的な映画の極み」
この超壮絶なドラマを“その目で”確かめるための準備は整った!

写真からも伝わってくるただならぬ気配……俳優・脚本・演出、すべてが桁違いの精度! 写真からも伝わってくるただならぬ気配……俳優・脚本・演出、すべてが桁違いの精度!

第75回ゴールデングローブ賞で最多となる4冠に輝いた「スリー・ビルボード」が、オスカーノミネートの興奮冷めやらぬ2月1日、最高のタイミングでベールを脱ぐ。娘が殺されて7カ月……失意のなか、母親がとった衝撃の行動とは? 彼女が選んだ“孤独な戦い”が、町の住民へ、そして私たち観客へと伝ぱし、価値観を根底から揺さぶる。壮絶で骨太、だがその神髄は限りなく純粋な信念と愛……。見る者をなぎ倒すほどのパワーに満ちた圧巻のクライム・サスペンスに、心を震わせていただきたい。


本作を評価するのはアカデミー賞ではない──《映画ファン》だ
全世界を席巻する超重厚作品の実力を自分の目で確かめてほしい

オスカー女優フランシス・マクドーマンドをはじめ、超演技派の実力派キャストが集結 オスカー女優フランシス・マクドーマンドをはじめ、超演技派の実力派キャストが集結

現在までに、60以上の受賞・150超えのノミネートを記録(IMDbより)し、米批評サイト「Rotten Tomatoes」でも93%の高評価をたたき出した本作は、正真正銘今年を代表する1本。3月4日(現地時間)に迫ったアカデミー賞授賞式でも華々しい成果が期待されるなか、配給会社の意向で他の候補作に先んじての日本公開が決定した。フランシス・マクドーマンドウッディ・ハレルソンサム・ロックウェルら実力派が顔をそろえた話題作の“真価”を、アカデミー賞ではなくあなた自身の目で判断してほしい。

周囲からの反発に屈することなく、娘のために戦い続ける母の姿が見る者を打ちのめす 周囲からの反発に屈することなく、娘のために戦い続ける母の姿が見る者を打ちのめす

例年、オスカー関連作の日本公開は授賞式後が常だった。だが、本作の配給会社20世紀FOXは、異例の早期公開に踏み切った。同社が映画.comに語ったところによれば、「楽しみにしている日本のファンに、一刻も早く届けたいから」とのこと。配給と観客、双方の熱意が“通例”を覆したのだ。

ゴールデングローブ賞をはじめ、世界の映画賞を席巻! オスカーももはや射程圏内だ ゴールデングローブ賞をはじめ、世界の映画賞を席巻! オスカーももはや射程圏内だ

トロント国際映画祭では観客賞、“世界3大映画祭”の1つ・ベネチア国際映画祭では脚本賞、ハリウッド外国人記者クラブが選ぶゴールデングローブ賞では最多4冠を獲得。映画人だけでなく、記者、観客からも厚く支持されているのは、本作に誰しもの心に刺さる“普遍性”があるからだ。

被害者の母親、事件を担当した警察署長と部下……3者の人間模様が、物語を引っ張る 被害者の母親、事件を担当した警察署長と部下……3者の人間模様が、物語を引っ張る
マクドーマンド、ハレルソン、ロックウェルというメインの3人が全員オスカー候補に! マクドーマンド、ハレルソン、ロックウェルというメインの3人が全員オスカー候補に!

1月23日に発表された第90回アカデミー賞のノミネートでは、作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、作曲賞、編集賞の6部門で7ノミネートを達成! 助演男優賞はハレルソンとロックウェルが異例のWノミネートとなった。第24回全米俳優組合賞では最多3冠をもぎ取り、勢いが止まらない。

ミルドレッド(マクドーマンド)とディクソン(ロックウェル)のドラマも重要なキー ミルドレッド(マクドーマンド)とディクソン(ロックウェル)のドラマも重要なキー

本作の公開日にもご注目。2月1日、つまり、映画を通常料金よりも安く楽しめる“ファーストデー”だ。これも、「ハードルを下げることで、より多くの人々に劇場に足を運んでほしい」という配給会社の粋な計らいによるものだ。かくして、本作を見るための“最高の環境”がそろった。


見た者はこぞって嫉妬し、例外なく心の奥底をつかまれる
一度ならず、二度までもその衝撃を求めた映画のプロたちが“極み”を語る

娘を殺害した犯人は、7カ月間も野放し……母の無念が晴らされる日は訪れるのだろうか 娘を殺害した犯人は、7カ月間も野放し……母の無念が晴らされる日は訪れるのだろうか

本作をいち早く鑑賞した映画関係者の中でも絶賛が相次ぎ、試写会は連日大盛況。通常であれば、マスコミ向けの試写会はおおよそ上映の30分前から受付を開始するが、本作は30分前“時点”で満席となるほどの支持率だ。そんな状況ながら作品の魅力に取り付かれ、長蛇の列に並んでまで2度も本作を鑑賞した映画評論家・ライターが集結。リピーターになるほど、彼らが入れあげる理由は何なのか? 同じく本作に魅了された映画.com編集部と共に、彼らの生の声をお届けする。

画像9

主人公に扮したオスカー女優マクドーマンドの演技は、まさに別次元。娘を亡くした喪失感や悔恨、他者への攻撃性に隠された果てしない孤独……一言では言い表せない感情を、見事に演じきった。警察署長役のハレルソンは抑制のきいた演技で根幹を支え、部下を演じたロックウェルは暴力性をたぎらせて緊迫感を付加。3者が織り成す“黄金三角形”に、あなたも心をわしづかみにされるはずだ。

画像10

本作のメガホンをとったマーティン・マクドナーは、脚本家として演劇界で幾多の賞に輝いた才人。映画監督としても、デビュー作となる短編「Six Shooter(原題)」でいきなりオスカーを受賞した。本作では、“業(ごう)”や“赦(ゆる)し”といった深遠なテーマを、他を寄せ付けないパワフルな筆致で描いている。本作に強くひきつけられているライターは、脚本のどの部分を評価しているのか?

画像11

娘を殺された母親が選んだのは、道路沿いの看板に怒りのメッセージを掲載することだった。一見すれば突飛な設定だが、本作で描かれているのは、私たちの誰しもに起こりうる“可能性”、そして前に進もうと懸命にもがくありのままの“人間”の姿だ。誰も思いつかなかった設定ながら、誰もが共感し、突き動かされる……私たちに眠る“生の感情”を照らし出す本作を、映画のプロも絶賛!

画像12

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
映画評論

一年のうちに一度か二度、ああ、この映画のことはこれからも繰り返し頭の中を駆け巡るだろうと思える作品に出会う。2018年はまだ1月だというのに「スリー・ビルボード」に出会ってしまった。年末にベスト10を選ぶ時に、早くもひと枠が埋まったよ...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す