花筐 HANAGATAMI : 映画評論・批評

メニュー

花筐 HANAGATAMI

劇場公開日 2017年12月16日
2017年12月12日更新 2017年12月16日より有楽町スバル座ほかにてロードショー

反戦映画という枠をはるかに超えた、初々しい奇想に満ちた畢生の大作

作家は処女作に向かって成熟するというが、癌に侵され、余命宣告を受けた大林宣彦監督が撮り上げた畢生の大作「花筐 HANAGATAMI」は、まるで彼の商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」を思わせるオモチャ箱をひっくり返したような初々しい奇想に満ちた映像実験で全篇が染め上げられている。

原作は檀一雄が日中戦争が勃発した昭和12年に発表した同名の短篇で、架空の海辺の町の大学予備校に通う四人の少年たちの青春群像を描いている。大林監督の分身とおぼしき軍人の子供俊彦(窪塚俊介)を語り手にすえ、ニヒリスト吉良(長塚圭史)、アポロのように精悍な鵜飼(満島真之介)、剽軽な阿蘇(柄本時生)、そして美しき叔母(常盤貴子)、肺病を患う従妹美那(矢作穂香)、女友だちのあきね(山崎紘菜)、千歳(門脇麦)がそこにからむ。

映画は佐賀県・唐津で撮影されたが、祝祭的な「唐津くんち」の場面をのぞけば、自然の風光美はほとんど封印され、人工的な書割めいた舞台装置のなかで、戦争の足音が刻々と迫る中、儚くあやうい一夜の戯れのような恋と憧憬の輪舞が繰り広げられる。

画像1

冒頭近く、喀血した美那に口づけする叔母の鮮血にまみれたクローズアップには意表を突かれる。大林の個人映画時代の傑作「伝説の午後 いつか見たドラキュラ」、さらにそのオマージュの源泉であるロジェ・ヴァディムの「血とバラ」の耽美的世界がいきなり現出するからだ。素っ裸の俊介と鵜飼が馬に相乗りして夜の海岸を疾走するシーンに至ってはジャン・コクトーを彷彿させるホモセクシュアルの匂いが濃密にたちこめる。

かつて、そのコクトーは「映画とは〈現在進行形の死〉をとらえる芸術だ」と喝破した。劇中、俊彦が、大林の渾身のメッセージを代弁するかのように「青春が戦争の消耗品だなんてまっぴらだ」という台詞を呟くが、この巨大なプライベート・フィルムは、ありきたりな反戦映画という枠をはるかに超えて、生者と死者が絶えざる往還を繰り返す、映画そのものが孕む童話的な残酷さに到達しているように思う。

高崎俊夫

関連コンテンツ

インタビュー

「花筐」鬼気迫る美しい叔母役・常盤貴子「大林監督の一番の薬は映画だった」
インタビュー

映像の魔術師、大林宣彦監督ががんによる余命半年の宣告を受けながら、メガホンをとった「花筐 HANAGATAMI」が12月16日、東京・有楽町スバル座で封切られた。「野のなななのか」(2014)に続き、今作が2度目の出演となる常盤貴子が...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アメイジング グレイス~儚き男たちへの詩~[DVD] スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズエディション【20,000セット限...[DVD] ガチバン[DVD] メイキング・オブ「最終兵器彼女」[DVD]
アメイジング グレイス~儚き男たちへの詩~[DVD] スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズエディション【20,000セット限...[DVD] ガチバン[DVD] メイキング・オブ「最終兵器彼女」[DVD]
発売日:2011年11月18日 最安価格: ¥2,349 発売日:2007年4月21日 最安価格: ¥10,044 発売日:2008年8月22日 最安価格: ¥3,292 発売日:2006年1月20日 最安価格: ¥4,298
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全25件)
  • 劇画チック 大林監督の映画を始めて鑑賞した。 私は明治〜昭和時代の映画がひどく好きで、この映画が日中戦争の頃の物語ということもあってすごく楽しみだった。 前半は 映像と映像の切り替えが斬新だったり、無理や... ...続きを読む

    オードリー オードリーさん  2018年4月7日 12:10  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 吐血の真赤。 全編が大林ワールドに彩られた映像美と幻想狂想を交えた 生への叫びに満ちている作品。特撮も戯画もあらゆる技術 を使って監督の脳内を映像化したように見える。ドラマ性 云々をある意味超越しているので... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2018年4月2日 18:18  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 偉大なるオルタナティヴへのご奉公 ネタバレ! ...続きを読む

    いぱねま いぱねまさん  2018年3月4日 21:23  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi