花筐 HANAGATAMI
ホーム > 作品情報 > 映画「花筐 HANAGATAMI」
メニュー

花筐 HANAGATAMI

劇場公開日

解説

名匠・大林宣彦監督が、1977年のデビュー作「HOUSE ハウス」より以前に書き上げていた幻の脚本を映画化し、「この空の花」「野のなななのか」に続く戦争3部作の最終章として撮り上げた青春群像劇。檀一雄の純文学「花筐」を原作に、戦争の足音が迫る時代を懸命に生きる若者たちの友情や恋を赤裸々に描き出す。1941年、春。佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら個性豊かな学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていた。肺病を患う従妹・美那に思いを寄せる俊彦だったが、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの日常は、いつしか恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていき……。大林監督作の常連俳優・窪塚俊介が俊彦役で主演を務め、俊彦が憧れを抱く美少年・鵜飼役を「無限の住人」の満島真之介、ヒロイン・美那役を「江ノ島プリズム」の矢作穂香がそれぞれ演じる。

スタッフ

監督
原作
檀一雄
脚本
大林宣彦
桂千穂
エグゼクティブプロデューサー
大林恭子
プロデューサー
大林恭子
山崎輝道
撮影監督
三本木久城
美術監督
竹内公一
照明
西表燈光
録音
内田誠
整音
山本逸美
編集
大林宣彦
三本木久城
音楽
山下康介
監督補佐
松本動

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 新日本映画社
上映時間 169分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

反戦映画という枠をはるかに超えた、初々しい奇想に満ちた畢生の大作
花筐 HANAGATAMIの映画評論・批評

作家は処女作に向かって成熟するというが、癌に侵され、余命宣告を受けた大林宣彦監督が撮り上げた畢生の大作「花筐 HANAGATAMI」は、まるで彼の商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」を思わせるオモチャ箱をひっくり返したような初々し...花筐 HANAGATAMIの映画評論・批評

DVD・ブルーレイ

最終兵器彼女[DVD] スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズエディション【20,000セット限...[DVD] ガチバン[DVD] メイキング・オブ「最終兵器彼女」[DVD]
最終兵器彼女[DVD] スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズエディション【20,000セット限...[DVD] ガチバン[DVD] メイキング・オブ「最終兵器彼女」[DVD]
発売日:2006年6月21日 最安価格: ¥108 発売日:2007年4月21日 最安価格: ¥1,004 発売日:2008年8月22日 最安価格: ¥3,292 発売日:2006年1月20日 最安価格: ¥2,160
Powered by 価格.com

他のユーザーは「花筐 HANAGATAMI」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi