HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話
ホーム > 作品情報 > 映画「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」
メニュー

HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話

劇場公開日

解説

殺人事件の加害者と対話することで和解を試みる被害者遺族の姿を通し、理解できないものへの接し方や、死刑制度などについて描き出す人間ドラマ。43歳のビジネスウーマン、晴美は、ひとり娘のみちよが結婚し、現在は夫と2人で平凡な暮らしを送っていた。そんなある日、みちよが、夫であり晴美にとっては娘婿の孝司に殺されるという事件が発生する。逮捕され、裁判で死刑を言い渡された孝司に対し、娘を殺された晴美も当初は死刑が当然と思っていた。しかし、ある時を境に晴美は考えを変え、孝司の死刑を止めようとするのだが……。監督は、これが長編2作目の佐藤慶紀で、今作が韓国の釜山映画祭や大阪アジアン映画祭など国内外の映画祭に出品された。

スタッフ

監督
佐藤慶紀
脚本
佐藤慶紀
製作
佐藤慶紀
塩月隆史
小林良二
撮影
喜多村朋充
衣装
市岡昌顕
メイク
桐山雄輔
編集
佐藤慶紀
音楽
ベンジャミン・ベドゥサック

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 渋谷プロダクション
上映時間 95分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi