女は二度決断するのレビュー・感想・評価

女は二度決断する

劇場公開日 2018年4月14日
33件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ドイツの名匠とダイアン・クルーガーが生み出した究極のヒロイン像に圧倒される

今やドイツを代表する映画監督にまで昇りつめた存在、ファティ・アキン。トルコ系の彼の作品は、いつも単一の国家や人種にとどまらず、その境界線を果敢に突き崩すパンクな精神を覗かせる。かつてと同様、「愛する者の死」といったテーマに真っ向から挑み、それをこれまでのようなミニマリズムではなく、大きな川の流れのように骨太に描き出したのが本作だ。題材は数十年も前にドイツ国内で多発したという爆破テロ事件。異なるものを暴力的な手段で排斥しようとする風潮は現代世界と似ている。まさかこれほどつながってくるとはアキン監督自身が驚いたのではないか。そこに生まれた残骸と亡骸の間を、涙も枯れたヒロインがいく。彼女には絶望から這い上がり、法廷に挑み、悪を見極め、さらにその先にある決着へと自らを向かわせる孤独な戦いがある。その魂はパンキッシュで、ハードボイルド。この役を逞しく生き抜いたダイアン・クルーガーに心底圧倒された。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そうでもない。

感情移入できなかった。
主人公側にも、ネオナチ側にも、そういうコンセプトかもしれない。
トルコ人の旦那は移民を受け入れてくれたドイツで過去に犯罪行為を行なっていて、もし自分がドイツ人なら気に食わない存在。たとえ更生したとしても。
ストーリー展開も予想が出来ました。
退屈でした。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2018年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全く感情移入できない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ご遺体がご主人と息子らしい、と、いうことを警察に言われた瞬間ヒステリックに泣きわめく主人公の演技、あるいは演出の浅薄さが気になり、以後、全く感情移入できませんでした。ご遺族となる立場の方は、そんなはずはない、自分の家族ではないはず、と、いちるの望みを託すはずで、現実に家族の死を受け入れ泣き叫ぶほどの感情を噴出するにはもっと時間がかかるはずです。安易に覚醒剤に手を出したり、手首を切ってみたり、なんというか演出が少女趣味で、実話を基にしているといえども監督の表現力不足をかなり感じる作品でした。

桂子
桂子さん / 2018年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サスペンスでは無い

移民を狙った爆弾テロによって、夫と息子を失ったドイツ人女性が、逮捕された犯人に報復していく...という内容かと思っていたら、明らかに異なっていた。裁判で正当に裁けたとしても、自身が復讐を果たせたとしても、喪失感と悲しみは自分の中に残ってしまう。映画ではあるまいし(映画ですが)、それと対峙出来る程、人間は強くはない。そういった部分を、あまりにもリアルに描いた喪失の物語に胸が痛む。ラストの選択を肯定したくはないが、全てを癒すためにはそれしか...と納得してしまう。主人公の女性の悲しみや後悔や苦悩を見事に演じきったダイアン・クルーガーは、カンヌ映画祭女優賞受賞も納得の見事な演技でした。原題と全く異なる邦題「女は二度決断する」は、言い得て妙な秀逸なタイトルだと思います。

foxheads
foxheadsさん / 2018年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

帰ってきたヒトラー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

近年、移民に寛容な政策を取ってきたドイツで作られた映画ということで、この問題は根が深い。
ただ第二部までは良かったのだが、第三部に至って、またそういう方向に話を持っていくのかと、正直がっかりさせられた。「スリー・ビルボード」でも感じたことだが、(映画の見せ方として)非常に安易な気がする。報復の連鎖を肯定しているようにも見える。個人的には、法廷シーンの最後の方で主人公側の弁護士が放つ啖呵がピークだった。
この邦題は原題とは全然違うし、ピントはずれだ。映画界は“二度”何かするのが好きなのか、二度生まれたり、二度死んだり、二度微笑んだりしているが、元は二度ベルを鳴らしたのから始まっているんだろう。

梨剥く侍
梨剥く侍さん / 2018年4月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「決断」の意味。

テロで愛する家族を失った母親の壮絶な記録、実話ベース。

鑑賞後のやりきれない気持ち、感じる重苦しい気持ちは随一で、深く記憶に刻まれる。

ある意味、いつ誰にふりかかってもおかしくない話なだけに、その結末の衝撃が重い。

上映館もとにかく少ない中で、これを観に行くのはなかなかマニアックな選択に見えがちかもしれないが、色んな方に是非観て欲しい本作、絶対期待値を上回ります。

とにかく主演ダニエルクルーガーのパンチの効いた演技はもはや演技を通り越して、今そこにある現実にしか見えず、素晴らしい。

鑑賞後一週間以上経つ今も反芻が止まりません。

ヒロシ
ヒロシさん / 2018年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

法廷もの

最愛の家族を失った女性の哀しみを巧みな演出と演技で魅了された。と、同時に容疑者2人の不気味さが、とても印象に残った…。ラストシーンの海と思い出の海、同じ海でも…

しげはりゅ
しげはりゅさん / 2018年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二度目の決断は明確だが、一度目の決断は「どこ?」

第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞、第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞(ダイアン・クルーガー)、第90回アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表、第23回クリティクス・チョイス・アワード外国語映画賞作品。

ドイツで発生した、ネオナチ・グループ「国家社会主義地下組織」(NSU)による実際の連続テロ事件に着想を得ている。実際の事件では、初動捜査の誤りから犯人逮捕が遅れ、10年以上にわたってテロが繰り返されてしまい、ドイツ警察戦後最大の失態とまで言われている。

いやぁ、それにしてもダイアン・クルーガー凄い。カンヌ国際映画祭で、主演女優賞を受賞しただけの事はありますね。テロで、大人と子供の犠牲者があると知らされた時の慟哭は、鬼気迫るものがありました。本当にすごい。

作品中の天候が、雨の事が多いと思いませんでしたか?ドイツでの突き抜ける青空と言うのは、あんまりイメージには無いですが、来る日も来る日も雨と言うのもねぇ。あれは、カティヤの心を描写した表現なんでしょうかね?その意味では、犯人が逮捕され、裁判に移ってからは、雨のシーンは無かったような気もします。

ところで、邦題が『女は二度決断する』なんですが、“最後の決断”が二度目だとして、一度目の決断はなんでしょうかね?一度目の決断が、はっきりとわからないことがちょっと気になりました。二度目はね、明確ですけどね。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2018年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題が。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

邦題のせいで結末が見えてしまうのは如何なものか?
かなり残念です。

Masami
Masamiさん / 2018年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二度決断した。

悲しいですね

sambalsoton
sambalsotonさん / 2018年4月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

腑に落ちる

法律がどうとか、

人道がどうとか、

そういうんじゃなくて、

感情の部分で腑に落ちた。

腑に落ちるように、

しっかりとエピソードが、

組み立てられていたと思う。

主演のダイアン・クルーガーが、

ほぼずっと出ずっぱり。

画が保つ。

すごい。

ふるやるふ
ふるやるふさん / 2018年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

似たような作品はよくあるが!

事実を元にしたのでしょうか?劇場で公開する作品としてはもの足りなくラストはあれで良かったのか爆弾は素人でも簡単に作れるものなのでしょうか?!?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2018年4月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少ないセリフだけど通じる気持ち

カティアの悲しみ、絶望感、苛立ち、怒り、夫と子がセリフを通しではなく、表情や行動、態度で十分に伝わってくる。
人は絶望の縁に立たされたとき言葉は出ないから。

二度目の選択のラスト、カティアの表情だけで決意が語られる。

ダイアン・クルーガーの演技に称賛!

みしぇる
みしぇるさん / 2018年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファティ・アキンのこの選択は重い

 幸せを掴んだ女性が、テロによって夫と一人息子を喪う。
 そこからの法廷劇、次に復讐サスペンスと、映画はその表情を変化させながらも、この女性の決断に焦点を定め続ける。
 もはや、法律や社会による犯人への制裁は期待できない。となればどうするか。私刑の問題も孕みつつ、物語はラストの主人公の選択へと進んでいく。
 主人公の決断が迫りつつあるとき、スクリーンにはギリシャの静かな海が映し出される。ファティ・アキンの「そして、私たちは愛に帰る」を観たものならば、この海を観て必ず思い出すだろう。あの作品の静かな、そして不穏な海のラストのカットを。
 海を前にして主人公が静かに決断を下す。しかし、広く静かな海は不穏な雰囲気を湛えている。「愛に帰る」では、その不穏さの正体が画面に現れることなく映画の幕が閉じられた。しかし、この作品では不穏な空気は主人公の激烈な決断へと具象化されるのだ。
 この物語の終末も、観客それぞれに委ねることが可能であっただろう。しかし、今作ではファティ・アキンは主人公に決断をさせている。その主人公の行為が大きな意味を持つことは確かだが、アキンが物語の最期を具体的な行為で締めくくっていることにもっと強い意味を感じた。
 ファティ・アキンはヨーロッパ社会の、いや現在の人間社会の不寛容そのものをこのラストによって強烈に訴えたかったのだ。憎悪の炎を消すことのできない弱さが社会の隅々に滲みだしている状況を。
 メタファーではなく、完全に直接的な表現によって物語を締めくくる。ファティ・アキンがこのような映画の結末を選んだことの重みを観客は噛みしめなければならない。

よしただ
よしたださん / 2018年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

どのような決着もあり得ると思わせられる

まずはダイアン・クルーガーの熱演が素晴らしい。
家族を失った女性の戸惑い、孤独、憎悪、復讐、ありとあらゆる感情を的確に表現している。
ストーリーもスゴい。犯人の動機を明確に描かないためにどのような決着もあり得、その中での結論…
彼女の熱演で、どのような決着もあり得ると思わされただろう…

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2018年4月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

エンドロールに涙が押し寄せる

愛する家族の突然の死、悲しみ・後悔・怒り… 様々な感情が交錯し途中からまるで追体験してるかのような感覚になる。

彼女が選択した決断の意味と行動が分かるとき、涙が止まらなかった。

日にちが経とうが周囲の人の環境が変わろうが彼女の時間は止まったまま。
でも止まったままの時間が動いてしまったあのシーン、彼女はそんな自分さえも許せなかったのではと…
時間が動くということは未来に進むということ。彼女にとって未来とは無で何もないのと同じだから…

エンドロールの揺れる波の映像に心を鷲掴みされ胸が潰されそうになりました。

豆
さん / 2018年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

衝撃的な結末で。

テロリストの非道さとその被害者の無念さ、法制度の矛盾さがたんたんと描かれてのこの結末。他に取る道はなかったのか、ちょっと考えてしまった。生きてても無意味と言う事か…。衝撃的な結末でした。

peanuts
peanutsさん / 2018年4月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

イメージ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私達が思う爆弾テロのイメージ。犯人はイスラム教徒で、原因は宗教対立や報復。しかし、そんな思い込みはこの作品でいとも簡単に吹き飛んでしまうだろう。

カティヤの夫ヌーリはトルコ人であるが、宗教的にも政治的にもノンポリであるように見える。しかし、ヌーリを殺したのは極右のドイツ人であり、また犯人に爆弾で報復したのも同じドイツ人のカティヤである。ファティ・アキン監督は、ドイツ人のテロリストとトルコ人のテロ犠牲者という世間の持つ一般的なイメージを裏切る作品を意図的に作ったのだろうか。

報復だって、決してイスラム教徒だからしているわけではない。どんな人種でも、どんな国籍でも、私も、もしかすると報復をする可能性がある。つまり、この作品は実に普遍的な話なのだ。世間では、テロリストはイスラム教徒というレッテル貼りを未だに続けている。

私もカティヤは報復をするわけがないと勝手にレッテルをはっていた。だけどカティヤが、爆弾を入れたリュックを握りしめているラストシーンで、爆弾を身体に巻いた中東の女性達が初めて重なった。その時、差別や偏見がある社会では、この瞬間は皆に等しく訪れるかも知れないことなのだということに気がついて、ハッと息をのんだ。

ミカ
ミカさん / 2018年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

外国人を標的にしたネオナチのテロ サスペンス

三部構成で分かりやすく纏まっていて、グイグイと心が引き込まれていく。
ネオナチの連続テロ事件の実話から生まれた、心にささるサスペンス。
カティアの決断、衝撃的なラストで、最後まで目が離せ無い。
「女は二度決断する」の意味は最後に解る。
ただ、題名は別な方がよかったように思う。

クララ
クララさん / 2018年4月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

心をえぐられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夫と子どもを一瞬にして奪われ それも
テロによって殺されたら

これは家族を持つものにとって本当に
苦しい映画だった
私も夫や子どもがいるので
完全の主人公の彼女の中に入り込み
苦しんでもがいた

今 あちらこちらでテロや戦争が起きていて
映画の主人公のようなひとびとが
世界に多くいることか

私も考える
もし私が彼女だったら?
私も彼女のような行為をするかもしれない
身内 とくに子どもを失う悲しみは
母親にとって どんなにつらいことか

しかし
この時代 いつ誰がこのような悲劇に遭遇しないなど
誰が想像できるだろうか?

彼女の悲しみ 怒り 苦悩を主演のダイアン・クルーガーが
見事に演じている

裁判のシーンも圧巻で
犯人の弁護士が彼女たちをやりこめるシーンは
本当にイライラし腹がたったが
これが裁判なのだ
真実を暴くのではなく
いかに自分の弁護する人物を無罪にするか
それだけだ

母親である彼女の心の叫びが
痛いほど伝わって来た作品だ

ともちん
ともちんさん / 2018年4月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

33件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi