女は二度決断する 特集: 彼女の二度の決断を見逃すな──衝撃的結末に誰もが心を揺さぶられる!“ドイツ警察の戦後最大の失態”と言われる連続殺人事件──実話から生まれた緊張感極まる超良質サスペンス

ホーム > 作品情報 > 映画「女は二度決断する」 > 特集 > 彼女の二度の決断を見逃すな──衝撃的結末に誰もが心を揺さぶられる!“ドイツ警察の戦後最大の失態”と言われる連続殺人事件──実話から生まれた緊張感極まる超良質サスペンス
メニュー

女は二度決断する

劇場公開日 2018年4月14日
2018年4月9日更新

彼女の二度の決断を見逃すな──衝撃的結末に誰もが心を揺さぶられる!
“ドイツ警察の戦後最大の失態”と言われる連続殺人事件──
実話から生まれた緊張感極まる超良質サスペンス

カンヌ国際映画祭主演女優賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞に輝いた衝撃のドラマ カンヌ国際映画祭主演女優賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞に輝いた衝撃のドラマ

「ドイツ警察の戦後最大の失態」と言われるネオナチによる連続テロを題材に、突然の不幸に見舞われたひとりの女性の壮絶な「決断」を描くサスペンス「女は二度決断する」が、4月14日より全国公開。カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭で高く評価される名匠ファティ・アキン(「ソウル・キッチン」「50年後のボクたちは」)が、「イングロリアス・バスターズ」のダイアン・クルーガーを主演に起用して突きつける衝撃作が、見る者の魂を揺さぶる!


【独警察の“戦後最大の失態”を暴く《実話力》】カンヌほか各映画賞が絶賛
予測・先読みは不可能──ハードボイルドな女が下す決断が心を揺さぶる

ネオナチのテロによって、愛する夫と息子を失ったひとりの女性が下す「決断」とは? ネオナチのテロによって、愛する夫と息子を失ったひとりの女性が下す「決断」とは?

その衝撃的な結末に、カンヌ国際映画祭(主演女優賞受賞)、ゴールデングローブ賞(外国語映画賞)、アカデミー賞(外国語映画賞ドイツ代表)は息を飲んだ。ドイツ、ハンブルクを舞台に、トルコ移民の男性と結婚し一男をもうけた女性・カティヤ(ダイアン・クルーガー)が、幸せの絶頂からいきなり絶望の底に落とされる。白昼起こった爆発事件に巻き込まれ、夫と息子を失ってしまうのだ。物語は、憎しみと絶望を抱えるカティヤが下す「決断」に迫っていく……。圧倒的なリアリティとあふれかえる緊張感に包まれ、「この先どうなるのか?」が読めない、“超良質”なサスペンスの誕生だ。

実際にドイツで起こったテロ事件を基に、「もし愛する者を失ったら?」を突きつける 実際にドイツで起こったテロ事件を基に、「もし愛する者を失ったら?」を突きつける

本作が基にしたのは、2000年から7年間の間にドイツの8都市で極右グループNSU(国家社会主義地下組織)、いわゆるネオナチが行った連続テロ事件。当初トルコ人同士の抗争を疑い、11年間もネオナチを捜査対象としなかったドイツ警察の対応は「戦後最大の失態」とまで言われたが、その様子は劇中でも描かれている。また、ネオナチの冷酷さがありのままに暴かれる裁判シーンにも注目。恐るべきテロの実態が、いま明らかになる。

絶望のどん底で彼女が決意したこととは? 表情から並々ならぬ覚悟が読み取れる 絶望のどん底で彼女が決意したこととは? 表情から並々ならぬ覚悟が読み取れる

緊迫感に満ちたサスペンスを描き、「もし自分だったら……」と自問せざるを得ない本作の登場に、カンヌ国際映画祭、ゴールデングローブ賞ほか各映画賞で大きな議論が巻き起こった。主人公の「決断」、それも「二度目の決断」の是非は見た人によって大きく分かれるが、この結末だからこそ、人々の心に残り続けるのは確か。「決断」が何なのかは、ぜひ劇場で鑑賞し、自分なりの判断を下してみてほしい。

世界にはびこる排外主義、差別感情は、ドイツだけの問題ではない 世界にはびこる排外主義、差別感情は、ドイツだけの問題ではない

17年の米トランプ政権の発足を筆頭に、EUからのイギリス脱退、フランス大統領選の争点が移民・難民問題だったことなど、世界では「自国の利益優先主義」が台頭し、欧州各国で右派政党が躍進する状況となっている。外国人や他民族に対する排外意識が広がりを見せるなか、私たちはどう振る舞うべきなのか。日本ですらテロがいつ起こってもおかしくない、という問題も本作は強く訴えてくる。


【全身全霊&渾身の《女優力》】クルーガーの魂の演技!
「エル」「女神の見えざる手」の“次なる女性の戦い”は孤高の心理戦

ヒットアクションからシリアスドラマまで、幅広い活躍を続けるクルーガーが熱演! ヒットアクションからシリアスドラマまで、幅広い活躍を続けるクルーガーが熱演!

主人公カティヤを演じたのは、ハリウッド、ヨーロッパと幅広く活躍する実力派ダイアン・クルーガー(「ナショナル・トレジャー」シリーズ、「イングロリアス・バスターズ」)。自身初となる母国語・ドイツ語での演技に挑戦し、見事第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得した。「サスペンス映画の女性主人公」と聞くと、アクション・ヒロインを連想しがちだが、近年はジェシカ・チャステインイザベル・ユペールなどが、高い知力と強い心を持つ女性を演じる佳作が続いている。孤独を抱えながらも思いを貫く本作のヒロイン=信念のクルーガーを、映画ファンなら見過ごすことはできない。

肉体ではなく、知性と頭脳で戦う新たなヒロイン像を示した代表作 肉体ではなく、知性と頭脳で戦う新たなヒロイン像を示した代表作

女神の見えざる手」で政治を影で動かすロビイストを演じたジェシカ・チャステイン、「エル ELLE」で酸いも甘いもかみ分けてきたゲーム会社CEOを演じたイザベル・ユペール。近年台頭する「心理戦を見せつけるヒロイン」像に、クルーガー扮する本作の主人公も当てはまる。絶望と悲しみに包まれながらも、憎しみの心は決して絶やさない。毅然とした態度で裁判、そして大きな「決断」へと臨むのだ。

弁護士に支えられながら、ネオナチたちの冷酷な実態に向かい合う裁判シーンにも注目 弁護士に支えられながら、ネオナチたちの冷酷な実態に向かい合う裁判シーンにも注目

クルーガーが体現した悲しみと怒りを世界の映画賞が共有し、大きな賛辞が送られた。ゴールデングローブ賞では外国語映画賞を受賞し、アキン監督に「彼女なしにこの賞はなかった」と言わしめた。撮影に入る前、テロや殺人事件の多くの犠牲者と対話し、役作りしたという彼女。「とてつもない苦しみや悲しみや重みを引き受けなければならない」と挑んだ本作は、「とても大切な映画になった」という。

セリフ自体は少ないながらも、そのたたずまいや表情によって深い悲しみと怒りを表現 セリフ自体は少ないながらも、そのたたずまいや表情によって深い悲しみと怒りを表現

テロ事件を扱った作品ではあるが、本作は、大きな謎を解明するわけでも、なぜテロを止めることはできないのかという、大きな社会的テーマに迫っていくわけでもない。家族を失ったひとりの女性に寄り添い、彼女が感じる痛みとその果てに行き着く「決断」を見せる作品だ。しかし観客は最後まで目を離せず、グッと心を引き込まれる。それはクルーガー渾身の演技のたまもの。まさに圧巻=必見だ。



【見る者を物語の深みに引き込む《監督力》】なぜ名匠は超良作を生むのか
ゲームクリエイター小島秀夫&評論家・森直人が述べる、アキン監督の手腕

(左から)デニス・モシットー、ファティ・アキン監督、ダイアン・クルーガー、小島秀夫氏 (左から)デニス・モシットー、ファティ・アキン監督、ダイアン・クルーガー、小島秀夫氏

衝撃的な作品を手掛けた名匠ファティ・アキン監督は、なぜこれほど世界的評価を受けるのか。目の肥えた映画ファンを引きつけてきたアキン監督の作風・手腕=監督力と本作の注目すべき点を、ゲームクリエイターの小島秀夫氏のコメント、そして映画評論家の森直人氏のレビューから読み解く。緊張感極まる超良質サスペンスが描き出すものとは……。

画像12

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ひとりの女の復讐劇。そのラストシーンは観客の心に物議の種を植え付ける
映画評論

突然の爆弾テロによって、トルコ系の夫と愛する息子を失ったドイツ人女性のカティヤ。移民を狙ったネオナチのカップルが容疑者として逮捕されて裁判が始まるが、正義が通用するわけではない現実を目の当たりにした彼女は、誰に告げることもなく孤独な復...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す