いつも心はジャイアント
ホーム > 作品情報 > 映画「いつも心はジャイアント」
メニュー

いつも心はジャイアント

劇場公開日

解説

難病を患いながらも懸命に生きる青年の姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。頭の骨が変形する難病を患う青年リカルドには父がなく、精神を病んだ母は自分とは別の施設で過ごしている。また、特異な見た目のせいで差別を受け続けてきたことで、いつしか自分が巨人になった不思議な世界を空想するようになっていた。そんなある日、ふとしたきっかけでペタンクという球技を知ったリカルドは、練習仲間との触れ合いを通じて変化していく。ペタンクの大会で優勝すれば、いまは会えない母にも元気を与え、一緒に暮らすことができると考えたリカルドは、ペタンクに打ち込んでいく。スウェーデンのアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞で作品賞を含む3部門を受賞。

作品データ

原題 Jatten
製作年 2016年
製作国 スウェーデン・デンマーク合作
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

シビアな現実と闘う不自由さを抱えた肉体に、限りなく自由な魂が宿る
いつも心はジャイアントの映画評論・批評

頭蓋骨が変形する難病を患って生まれたリカルド(クリスティアン・アンドレン)は、スウェーデンのグループホームで暮らしている。彼の出産後に精神のバランスを崩した母親は、別の施設で引きこもり生活を送っている。リカルドの望みは母と一緒に暮らす...いつも心はジャイアントの映画評論・批評

他のユーザーは「いつも心はジャイアント」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi