台湾萬歳
ホーム > 作品情報 > 映画「台湾萬歳」
メニュー

台湾萬歳

劇場公開日

解説

「台湾人生」「台湾アイデンティティー」で、歴史のうねりの中で変わりゆく台湾の姿を描いた酒井充子監督が、時代が変わっても海や大地に向き合いって生きてきた人々を描き、前2作とあわせた台湾3部作の最終章として撮り上げたドキュメンタリー。人口約1万5000人の人びとが暮らす台東縣成功鎮。台湾の南東部に位置し、太平洋と山脈に囲まれたこの地域は、1932年の漁港竣工以降、日本人や漢民族系の人たちが多く移住し、漁業と農業の街が作られていった。カジキの突きん棒漁は、日本人移民が持ち込み、この漁法がいまも続けられている。「祈り」「命への感謝」「家族」を生活の中心に据え、まっすぐに生きる人びとの姿を描いていく。

スタッフ

監督
エグゼクティブプロデューサー
菊池笛人
統括プロデューサー
小林三四郎
プロデューサー
小関智和
陳韋辰
撮影
松根広隆
録音
川上拓也
整音
川上拓也
編集
川上拓也
音楽
廣木光一
制作
今村花
タイトル
帳月馨

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 93分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.1 2.1 (全3件)
  • 監督の舞台挨拶を聞いて腑に落ちる。 監督の舞台挨拶があり、この日しか上映してないので行ってみた。 台湾の南東部の田舎で、先住民族と漢民族が半分ずつの割合でくらす成功鎮という町が主な舞台。 昔ながらの文化、そして日本統治時代のこと、... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年10月12日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 三部作の中で一番生活感に満ちています これまでの2作品とは趣向を変え、成功鎮という小さな町(あと少し山に近い集落)登場する人たちの日常や伝統の継承を、台湾の自然とのかかわりを交えていたのが大変印象的。 親日台湾に躍らされ慣れきった人... ...続きを読む

    おぎゃん おぎゃんさん  2017年10月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 蹂躙され続けた歴史の後で 日本、国民党、共産党。日本人、漢族。台湾に元から住む民族の人達のアイデンティティは、外部からの強制と共生することから始まる。台湾の人達には、日本(人)に親近感を感じる人が多いと言われるが、明治の... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2017年9月5日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「台湾萬歳」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi