ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
ホーム > 作品情報 > 映画「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」
メニュー

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

劇場公開日

解説

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第3の男ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を、史実をもとに描いたサスペンス。第2次世界大戦直下、占拠地域をヨーロッパのほぼ全土に広げていたナチスで、ヒトラーの後継者と呼ばれたナチス高官ラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。ハイドリヒ暗殺計画を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、ヨゼフ、ヤンら7人の暗殺部隊をパラシュートによってチェコ領内に送り込む。プラハの反ナチス組織や家族との接触など計画は進み、不可能に思われた暗殺のミッションは成功。しかし、ハイドリヒへの襲撃に憤慨したナチスは、常軌を逸した報復を展開する。ヨゼフ役を「ダークナイト」3部作、「インセプション」のキリアン・マーフィ、ヤン役を「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のジェイミー・ドーナンがそれぞれ演じる。

作品データ

原題 Anthropoid
製作年 2016年
製作国 チェコ・イギリス・フランス合作
配給 アンプラグド
上映時間 120分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ただの英雄譚ではない、歴史の理不尽に翻弄された人々の慟哭の物語
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の映画評論・批評

欧州にとってナチスは、決して忘れてはならない歴史であり、映画産業にとっても重要なテーマのひとつでもある。これまで数多くのナチス関連の映画が、様々な視点、テーマで製作されてきた。非道を内省するもの、悲劇を悲しむもの、英雄を称えるもの等々...ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全5件)
  • 命を何に使うか ネタバレ! ミュンヘン協定による宥和政策のため、大国の表立った協力を得られなかったチェコスロバキア。 ハイドリヒ暗殺任務を遂行するレジスタンス達の最期の日々。任務に忠実な者、恋をして現実逃避する者、生にしが... ...続きを読む

    everglaze everglazeさん  2017年8月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 類人猿 第二次世界大戦中のチェコスロバキアで実際にあったラインハルト・ハイドリヒの暗殺作戦、エンスラポイド作戦の話。 事細かな内容までは知らないけれど、この出来事と結末ぐらいは知っている状況で鑑賞。 作... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2017年8月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 歴史認識を新たにしました。 事実に基づいた作品。ユダヤ人問題の最終的解決計画の実質的な推進者であったラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画『エンスラポイド作戦』を描いている。原題の『Anthropoid』とは、その暗殺作戦名の... ...続きを読む

    勝手な評論家 勝手な評論家さん  2017年8月13日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi