劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディのレビュー・感想・評価

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ

劇場公開日 2017年9月30日
24件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ただの総集編じゃない

ただの総集編じゃない。視点を主人公から物語のキーパーソン、田中あすかに移したストーリーの再構成だった。

TVシリーズではなかった新シーンも以外と多いし、なにより全国大会の演奏シーンをフルで見せて(聴かせて)くれる。やはり演奏シーンあってこそ、あの結果の苦々しさが意味を持つ。

TVシリーズは群像劇のような趣だが、この映画版は、久美子とあすかの物語に絞っているので、2人の姉妹に似た親愛がとても細やかに描かれていて、より深い感動を味わえた。

作中、一番つかみどころのないキャラだった田中あすかの幼少時代のエピソードが主に追加され、彼女がより共感しやすいキャラとなっているし、久美子があすかに対して姉にも近い感情を抱いていることが、構成の妙でTVシリーズよりも伝わりやすい。

何より演奏シーンはやはり劇場で体感するべき。

ローチ
ローチさん / 2017年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

登場人物の成長していく姿がとても良い

届けたいメロディー
見終わって、なるほど!とサブタイトルに納得できました
生きていく上で家族や人と関わっていく内に其々が成長していく姿はとても共感できます
本作を観終わった後にテレビ版を見直しましたが声優さんの演技が変わってます 細かな所でより感情がこもっているのがしっかり分かります
何回かリピートしてますが3回目までは泣きました。
演奏パートにおいては映画館でなければ得られない感動は変わりません
ただ一作目の方がよりコンクールに焦点を絞っていた分、感動は大きかったので次回作は演奏部分の見せ方に期待したいと思います。

ぜひ劇場へ
ぜひ劇場へさん / 2017年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごく良かった!

超泣けた~!
前作もクオリティ高くて期待したけど、今回も総集編とは思えない完成度!

TV版でカットされた全国大会の演奏シーンが本当に良かった。
劇場で観たから音響効果も高くて、感動した。
京アニすごい。

Raye
Rayeさん / 2017年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思いきや ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総集編かと思いきや総集編の域を超えてるまさかのあすか先輩が主に出てくるとはw
TV放送ではなかった感動がこれに描かれてる素晴らしい作品だった

相川 零
相川 零さん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

劇場版で観れて良かった

昨年の劇場版はがっかりしたけど、今回の作品はとても良かった。音響設備の良いスクリーンでの鑑賞をお勧めしたい。
奏でられた演奏全て良かったし、ストーリーもあり、、、。
欲を言えば、もう30分伸ばしてオーボエの子の話とか、姉との最後のシーンとか、、は無理かな〜。
でも、十分。私にとっては星5個の本当に良作でした。
京都アニメ、さすがだな〜、、。拍手

あ!
あ!さん / 2017年10月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ありがとう

テレビシリーズのことも全く知らず、普段はこういう絵柄のアニメは観ないけど、なんとなく映画館行きたいなくらいの軽い気持ちで観たら、やられた。心の奥に溜まっていた感情を的確なセリフで代弁してもらって、なにかが溢れ出るのを抑えられなかった。浄化された。若い人は共感できる人、多いんじゃないかなあ。

doon
doonさん / 2017年10月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一見さんの感想です ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自分は先行知識ゼロ、予習ゼロで観た一見さんでしたが、めちゃくちゃ楽しめました。
皆さんのレビューやWikiを見る限りTVシリーズは群像劇のようですが、本作品は久美子とあすかの物語なので、映画の尺にピタリとはまり、物語が拡散せずに深まっております。総集編なので多少はスタスタした感じはありますが、気になるほどではなく、一本の独立した映画としての完成度が非常に高いな、という印象です。
従って、ファンに向けただけの映画ではなく、新規顧客の獲得をちゃんと考慮した作品と言えます。
(実際、本シリーズのファンになった)
外向きの姿勢に誠実さを感じました。

親のいいなりになって後悔していた久美子の姉の姿をあすかに重ねる描写も秀逸。なにしろ、久美子の姉のストーリーを丁寧に描いているため、姉とあすかが同じテーマで苦しんでいることが伝わります。
そのため、あすかに部を辞めないように伝えたときの久美子の感情の爆発も説得力があり、思わずウルっときましたね。
久美子の姉もあすかも、足枷感はありながらも親を振り切り、自分の意思を貫けたのも素晴らかった。ただ、あすかはスーパーウーマンすぎるなぁとは思いましたが。

顧問の滝先生もイケてますねー。あすかの母親の退部届を「本人の意志を尊重したい」と突っぱねたシーンで、この男信用できる、と感じました。こういう先生の元で部活を頑張れると、生徒たちは人間的にも成長するよなぁとしみじみ思いました。
他のキャラでは、チェロのミドリちゃんが面白かわいくて印象に残りました。駅ビルライブの時のベース弾く姿がなぜかとてもユニークで可愛らしく思え、ファンになりました。久美子の親友っぽい同期の黒髪クールな子はオーラがあったので、きっとTV版とか前作とかで準主役級だったのかなと予想。TV番組も観たくなりますね!

演奏シーンもばっちり最高です。クライマックスの全国大会も良かったけど、中盤、駅ビル(?)で演奏されたサンバっぽい曲がグッときました。サックスソロもカッコ良かったし。ラストの響け!ユーフォニアムもグレートでした。音楽映画としての魅力も大きいです。

次回作は映画オリジナルとのことで、早くも期待しています。

kkmx
kkmxさん / 2017年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

とっても面白い。

完成度が高くて総集編とは思わない。

黒草樹乃
黒草樹乃さん / 2017年10月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

只の総集編じゃない

TVシリーズのPART2を、久美子と明日香先輩との話を軸に再編集した作品と聞いていたので、それ程期待していませんでしたが、期待以上の出来でした。
そういえば、前回の劇場版の時も、同じように総集編だから・・と思っていたら感動した記憶が・・(^_^;)。
普通、総集編には感動しないんですけどね。
それだけTVシリーズの出来が良かったということです。
さて次回は、劇場版を2作制作するようなので、今から期待してます。
あ、今回も地元で上映の予定が無いので、博多まで観に行きました。
次回から上映館を増やしてくれると嬉しいです。

はるっち
はるっちさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高の映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大それた夢を持とう。
TRUEの最後の歌、響いた。
正に、響けユーフォニアム。
京アニ最高。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

タイトル回収 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

劇場版1期の感覚で観に行きましたが、全くの別物といった内容でした。

今回の劇場版ではあすか先輩に特化した内容です。みぞれ先輩や麗奈のストーリーは外しての構成でした。

個人的には死んだ魚のような目をした麗奈を期待していましたが。

あすか先輩のストーリーにはどうしても久美子のお姉さんの部分も必要となりますが、そこはしっかり入れてくれてとても良かったです。

「タイトル回収」がこんなにも似合うアニメは他にないでしょう!

これはDVD出たら必ず買います!

あと、エンドロール最後にあった「リズと青い鳥」は「みぞれと希美の物語」らしいですし、原作本の第二期、2年生になった久美子達の自由曲のタイトルだし…

いろいろと気になりますが、みなさんも是非、原作本お読みください!

g
gさん / 2017年10月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

総集編とは思えない完成度!!これは面白い

ユーフォニアム劇場版観てきました!!
テレビシリーズの2期は観ていることもあり、
総集編なのであまり期待していませんでした。

しかし何故か既視感は少なく、えっ別のストーリーだっけ?
と思うほど手を加えられており、とても楽しめました。
また、映画館の大音響と京アニの作画クオリティが相まって
感情移入してしまい、終始魅入ってしまった。
この作品は完成度が高いですね。是非お勧めさせて頂きます。
舞台挨拶があったので、声優さんも見れてとっても可愛かったく、大満足でした。ありがとうございます

ほんわか
ほんわかさん / 2017年10月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

総集編だと言ったな。あれは嘘だ

またTVアニメのダイジェスト映像を映画だと言い張るのか?
まあ、演奏シーンだけは気になるから1回は観に行くけど、
途中で寝てしまうかもな・・・なんてことを思ってたら
宇治に向かって土下座、いや、五体投地する羽目になった

大ナタを振るいまくって、あんなシーンやこんな展開をバッサバッサと切って捨てて、
そこに新規映像を充填することで、ちゃんと1本の映画に仕上げている
だから総集編にありがちな端折り感や駆け足感がほとんど無い
TV版2期を見てない人なら新作だと思うんじゃないだろうか?

なお、鑑賞前に唯一の期待ポイントだった演奏シーンも大増強されてて
あんな曲もこんな曲もフル演奏だった点も大満足だった
音響のいいシアターでもう一度観たい

lak510
lak510さん / 2017年10月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

感動!!!

めっちゃよかった

mううう
mうううさん / 2017年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何度でも見直したい

TV版総集編ですが、これは新作映画です。
TV放送時の内容の3/4位をバッサリカットして、新たな視点の新作部分を付け足して、でも破綻なく綺麗に副題を表現した、そんな感じ。
TV版や映画の前作を全く知らなくても、置いてきぼりになることなく鑑賞出来るでしょう。
吹奏楽をテーマにしていますので演奏シーンもありますが、これはやはりDVDやブルーレイでは無く、劇場でこそ生きる部分。
この演奏シーンの為だけに劇場へ足を運ぶのも良いのでは。

georghia
georghiaさん / 2017年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

総集編というよりリメイクですね。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

テレビシリーズではみぞれ、あすか、れいなの3人が描かれていましたが、今作ではあすか1人に絞られた作りになってます。
(なのでみぞれ、れいなファンにとっては不評かもしれません)
新カットの多くは演奏シーンプラス、テレビシリーズの内容にプロローグ、エピローグが追加された形になっていて、単なる総集編とは言えない満足感がありました。
その分、他キャラの成長過程が省かれたまま、他キャラの名シーンが唐突に現れるので、群像劇としてのカタルシスは低く、(特に全国行きが決まったときの感動や、部長のソロ演奏や演説)テレビ未視聴の方には、何故このキャラがここでこんな台詞を?という疑問が湧きそうな部分はありました。
とはいえ、テレビシリーズを補完するようなカットが多いので、視聴済みの方にとっては、描かれていなかったシーンが満載で、確実に楽しめる内容になっているのではと思います。
円盤を揃えた後の総集編映画には手を出さないのですが、
今回の映画はテレビシリーズ、映画の両方を揃える価値がある作品だと思います。

momoto
momotoさん / 2017年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

家族の物語として再構成された傑作

前回の映画も総集編にもかかわらず、非常に自然な流れで一本の映画に再構成されていましたが、
今回も非常に丁寧に、いや寧ろTV版から受けるいんしとはまた違った作風の「映画」にちゃんとなっていました。

前回が思春期の友人関係を、今回は家族関係にフォーカスがあたり、テーマに筋が通っているのも素晴らしい。
白眉は全国大会の演奏シーン。これは、劇場で観ないと感動は半減するレベルで、作画、音響、演出が完璧でした。

たき
たきさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もはや新作映画

TVシリーズの印象的な場面を継ぎ接ぎしたダイジェストと思って観に行きましたがいい意味で裏切られました。TVシリーズを構成していた要素の内、久美子・あすかの関係性に絞って再構成しただけに、総集編特有の詰め込み感が全くなく、全てのシーンが滑らかに繋がっていました。TVシリーズは多くの人物が登場する群像劇ですが、久美子・あすかに焦点を絞った本作はまるで新作映画のように思えます。新規カットも多数収められた本作。音響の良い映画館で観なければ絶対に損ですよ!

ダリル
ダリルさん / 2017年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

音自慢の劇場で鑑賞すると尚可(追記)

 内容に関する感想は他の方に概ね同意です。部活という形とはいえ音楽や楽器演奏に情熱をかける様子が実によく伝わってくる、その筋の経験のある方々には、かなり同期できる部分の多い作品かと思われます。それは1期同様変わらず表現が行き届いています。
 個人的には、内容をあすか先輩に絞った事で2年生組の話や合宿編、麗奈ネタは匂いすらなく削除されて、辻褄が合うように補完カットと新規の冒頭部分を綺麗に連結され、初見さんにも「?」が極力無い様に気を使ってソレは非常に良いのですが、本編であるTV版を知る方にとってはその辺がいささか薄い印象を与えてしまうかも知れません。ソレ以外はほぼほぼ完璧に近い仕上がりです。その2年生ネタはOVAの制作発表が既に出ているので、来年のお楽しみと言ったところですが…
 そこで、この作品は1期同様、楽曲・楽器の素晴らしさもキチン抑え訴えてくる良作なので、音響に拘った劇場でも公開されるべきかと考えていまして。現状では〝川崎チネチッタ〟のみですが、音響を売りにしている立川シネマシティやイオンシネマ幕張新都心などで、今後再上映される事を期待しています。現実のコンサートホールなどで行われる生演奏に近い音響と迫力があれば、この作品がもっと素敵なものに仕上がる事でしょう。
※イオンシネマ幕張新都心では、過去に1期を再上映した実績あり。今回の2期も期待できそう…チラッ

■追記分/2017年11月18日
 上記予想通り、イオンシネマ幕張新都心が再上映をやってくれました。音が肝のこの作品、もう素晴らしいの一言。コレで作品として完成形となりました。
 短期間だけの上映ですので、鑑賞に行けそうな方はぜひともオススメ致します。

Geso_de_Nyoro
Geso_de_Nyoroさん / 2017年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

一見さん、限定? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ミゾレと希美の物語(TV版2期前半、原作2巻に該当)を完全新作で作りたいからと後回しにし、今回の劇場版第2作はTV版2期後半(原作3巻に該当)の久美子とアスカのに絞って制作されたが、順番通りに作るべきだっただと思う。劇場版第1作(TV版1期)で原作(1巻)には無かった”悪行”で嫌われキャラとなった優子がミゾレ達へのフォローで汚名返上する下りや、アスカがとある家庭の事情でミゾレ達をある意味見捨てるという悪行を行ってしまう下り(劇場版第2作でアスカ自身が追い込まれた窮地を天罰覿面と自虐しあきらめてしまう原因)が、ミゾレと希美の物語にはあり、物語に深みを与えていたのに、無くなってしまったからだ。

OTAKUYA07
OTAKUYA07さん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

24件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi