DESTINY 鎌倉ものがたりのレビュー・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり

劇場公開日 2017年12月9日
6件を表示 映画レビューを書く

『西遊記』のような黄泉の国にビックリ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いつの時代かよくわからない鎌倉。
そこは、幽霊やもののけなどが普通に暮らす町。
若い新妻・亜紀子(高畑充希)と結婚した初老の小説家・一色正和(堺雅人)は、しばしば鎌倉警察の不可思議事件の調査協力をしている。
そんなある日、亜紀子がもののけによって、身体を奪われ、魂だけの存在になってしまう。
しばらくは正和の生命力を得て生きながらえていたものの、本格的に死神によって黄泉の国に連れ去られてしまう。
正和は亜紀子を取り戻そうと黄泉の国に赴く・・・

というハナシなのだが、とにかく本筋に入るまでが長い長い長い長い。

正和が黄泉の国へ行くのは終盤30分ぐらい。
それまでは、状況説明を兼ねたちょっとエピソードが綴られていくが、正和付の編集者がこの世の名残り惜しさにもののけに変身しちゃうエピソードなどは不要じゃありますまいか。

また、現世がいつの時代かよくわからず、昭和の雰囲気だけはあるのだけれど、そここことなく、現代的なものも登場して興を殺がれてしまう。
特に、冒頭の江の島を背景にオールドスタイルの自動車が走っていくシーンで、道路がえんじ色のツートンカラーに塗られていているのでガックリきてしまった。
CGは、もっと雰囲気をつくってほしいよなぁ、と。

黄泉の国の造形もなんだか、むかしテレビで放映していた『西遊記』みたいで、ちょっと困惑しちゃいました。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2017年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お正月映画にピッタリ

原作をチラっとだけ読んだ事がありますが、あの独特の絵柄と雰囲気をうまく解釈し、再現できていたように思います。これがアニメだったらジブリ映画かと思えるようなベタな展開と演出ですが、それが良い意味で老若男女で安心して見られる楽しい映画になっていました。「寅さん」や「釣りバカ」のようにシリーズ化してもいい暖かい雰囲気の映画でした。

はむ
はむさん / 2017年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦愛って素敵!運命って信じられるよね(笑)

ほのぼのとした素敵な作品でした。

堺雅人さんと高畑充希さんの夫婦姿にとても癒されました(笑)

中でも妻役の高畑充希さんの笑顔はとても魅力的です!

彼女の微笑みに胸キュンしてばかりでした。

そして何より、作家でありながら破天荒な生活を送る夫の堺さん姿に夢中になりました。

名役者の共演は、全く飽きることなく物語の世界へ気持ちを引き込んでくれます。

古都鎌倉は、不思議で不気味で興味深い町です。

何せ、町中至る所に妖怪が潜んでいるのですから…。

突然妖怪が飛び出してきても、驚いたり騒いだりしてはいけません。

彼らと共存することが、この鎌倉の平穏を保つ秘訣なのです。

そんな鎌倉に夫婦二人が妖怪たちと仲良く暮らす姿はとても素敵でした。

ですが、良い妖怪もたくさんいるぶん、悪い妖怪もたくさんいる世の中。

町の人たちは、悪い妖怪に捕まらないように、用心しなくてはいけません。

でもある日、愛する妻の命が『赤い手の魔物』によって奪われてしまうです…。

夫の堺さんが妻の高畑さんの為に、命をかけて救い出そうとする姿は、最後までハラハラドキドキしました。

物静かなイメージの堺さんでしたが、やはりここぞという時に男を発揮する姿がカッコよかったです!

また、個性豊かな役者の方ばかりで、とても見応えがありました!

個人的にお気に入りなのが、中村玉緒さんと安藤サクラさん。

中村さんの、130歳という化け物のような年齢の使用人役は実に見事でした(笑)

また、安藤サクラさんの、死神役は板についていて、本当に面白かったです!

死んだ後こんな面白い死神に出会えるのなら、死ぬこともそんなに苦痛に感じなくてすみそうです(笑)

ホラー要素の全くない、優しく可愛いらしい妖怪ばかりが登場する鎌倉。

そんな心がほっこりするような素敵な世界を是非堪能してみてください(笑)

ガーコ
ガーコさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2人の夫婦関係が心地よい

ハラハラドキドキ、そして笑って‼️泣けて‼️ファンタジックな作品でした。堺さんの演技がとっても漫画の一色さんに染まってなくて面白い。高畑さんの幅広い演技力にも関心。他の出演者も豪華‼️音楽がすっごくマッチしていて♬あなたの〰︎の入りがすっごくいい‼️

あーこ
あーこさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

尻込みせずファンタジーに浸ろう

なんとなくタイトルや
イメージだけで好き嫌いありそうな
雰囲気の映画?!と勝手に推測。
私は楽しめるかなぁ??
楽しめるかなと少し不安でした。
独特な内容だし
めちゃファンタジーですが
自然と入り込み
ゆるゆるとハマり
クスクス笑い
ホロりと涙しました。

冬に見る映画!って感じで
ほっこり温まりました。

るートメ
るートメさん / 2017年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正月映画だね~

漫画家西岸良平作「鎌倉ものがたり」は、「三丁目の夕日」と並ぶ氏の代表作。ほのぼのとした作風と人情味あふれるストーリーは庶民の暮らしを独特のタッチで描いた昭和の名作です。そんな漫画の世界が映画になると知り、一足先に試写会で鑑賞してきました。氏の大ファンである私はまずキャストに違和感を覚え、CGだらけの作風は腹立たしく思え、鎌倉に縁もゆかりもない宇多田ヒカルさんの主題歌には唖然とする。これは原作とは別モノとして映画を楽しまないと駄目である。頭を切り替えて観れば正月映画としては満足できるレベルでした。ストーリー良し!CG良し!役者良し!主題歌良し!の優等生だが、映画「三丁目の夕日」みたいな続編が制作される可能性はゼロでしょう。それに耐えうるテーマがありません。

映写技師
映写技師さん / 2017年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi