海辺の生と死 : 関連ニュース

メニュー

海辺の生と死

劇場公開日 2017年7月29日

関連ニュース:海辺の生と死

井浦新との濡れ場も話題「二十六夜待ち」 黒川芽以「20代最後の大きな作品になる」(2017年10月28日)

第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で、井浦新、黒川芽以がダブル主演した「二十六夜待ち」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、井浦と黒川、越川道夫監督が舞台挨拶を行った。同作は佐伯一麦氏の同名小説を、「海炭市叙景」「かぞくのくに」などのプロデューサーで、「海辺... 続きを読む

満島ひかり、自由な表現のルーツは「音楽グループでデビュー」と明かす(2017年10月27日)

第30回東京国際映画祭Japan Now部門の特集企画「銀幕のミューズたち」で満島ひかり主演「海辺の生と死」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、満島と越川道夫監督がティーチインを行った。映画は、作家・島尾敏雄氏の「島の果て」や、妻で作家の島尾ミホ氏の第15回田村俊子賞... 続きを読む

安藤サクラ×蒼井優×満島ひかり×宮崎あおいを蜷川実花が撮影!東京国際映画祭ビジュアル披露(2017年10月8日)

第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のスペシャルビジュアルが、このほど披露された。「Japan Now」部門の特集企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」に登場する安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいを、写真家・映画監督の蜷川実花氏が撮影。公式サイト(www.tiff... 続きを読む

第9回TAMA映画賞作品賞は「散歩する侵略者」&「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年10月5日)

国内映画賞の先陣を切る第9回TAMA映画賞の受賞作品および、受賞者が発表された。作品賞は、黒沢清監督作「散歩する侵略者」と、石井裕也監督作「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に決定した。TAMA映画フォーラム実行委員会は、「散歩する侵略者」を「侵略者の地球襲来を通して不穏さを帯びる現代社会... 続きを読む

河瀬直美、東京国際映画祭に意欲 Japan Now部門ゲスト登壇者も発表(2017年10月4日)

第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のJapan Now部門で河瀬直美監督作「光」が上映されることが決まり10月3日、河瀬監督が都内で会見した。同部門にラインナップされているのは、本作を含む15作品。会見では、各作品の上映時に登壇する豪華ゲストも発表された。今年アニバーサリーイヤ... 続きを読む

三浦透子&井之脇海“一秒一秒”向き合った「月子」公開に感慨深げ(2017年8月26日)

越川道夫監督の長編映画第3作「月子」が8月26日、東京・新宿K's cinemaで封切られ、越川監督のほか、ダブル主演の三浦透子と井之脇海が初日舞台挨拶に出席。「約1年前に撮ったんですが、その時はまだ公開できるかもわからない状態」と明かした三浦が「公開を迎えられることが、こんなにも幸せなことな... 続きを読む

満島ひかり×永山絢斗、戦時下の奄美で生まれた究極の恋の物語(2017年7月30日)

女優・満島ひかりが、鹿児島・奄美群島加計呂麻島(かけろまじま)を舞台にした「海辺の生と死」(公開中)で4年ぶりに映画単独主演を果たした。鹿児島市で生まれ、もうひとつの故郷を奄美大島に持つ満島。自らのルーツに立ち返るような今作で、相手役の永山絢斗とともに死の予感のなかで生まれたはかない恋を演じた... 続きを読む

満島ひかりは“女優になるために生まれた” 永山絢斗と共演「海辺の生と死」封切り(2017年7月29日)

満島ひかりの約4年ぶり単独主演映画「海辺の生と死」が7月29日、東京・テアトル新宿で封切られ、満島をはじめ共演の永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種、メガホンをとった越川道夫監督が舞台挨拶に出席した。島尾敏雄氏の私小説「死の棘」に、同氏の妻である島尾ミホ氏の小説「海辺の生と死」や敏雄氏の短... 続きを読む

三浦透子×井之脇海で描く“魂の旅” 越川道夫監督作「月子」8月26日公開(2017年7月7日)

満島ひかり主演作「海辺の生と死」のメガホンをとった越川道夫監督の長編映画第3作「月子」が8月26日から公開されることが決定。あわせて、ダブル主演を務める三浦透子と井之脇海、越川監督のコメントと劇中カットを、映画.comが入手した。本作は、越川監督が「永い言い訳」「誰も知らない」「海よりもまだ深... 続きを読む

満島ひかり、永山絢斗と初2ショット披露で終始笑顔(2017年6月27日)

満島ひかりが約4年ぶりに単独主演を果たした、映画「海辺の生と死」の完成披露上映会が6月27日、東京・テアトル新宿で行われ、満島と共演の永山絢斗らが舞台挨拶に出席した。第2次世界大戦末期に海軍大尉として鹿児島・奄美群島加計呂麻島(かけろまじま)に赴任し、戦後は作家として活躍した島尾敏雄氏の「島の... 続きを読む

14件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi