愛を綴る女
ホーム > 作品情報 > 映画「愛を綴る女」
メニュー

愛を綴る女

劇場公開日

解説

ミレーナ・アグスのベストセラー恋愛小説「祖母の手帖」を「エディット・ピアフ 愛の讃歌」「サンドラの週末」のマリオン・コティヤール主演で映画化。フランス南部の小さな村に暮らす若くて美しいガブリエル。彼女は最愛の人との理想の結婚を思い描きながら、両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者のジョゼと不本意な結婚生活を送っていた。ジョゼはガブリエルに献身的に接するが、ガブリエルは「あなたを絶対に愛さない」と強く誓うのだった。ある日、持病である腎臓結石の治療のためアルプスの山麓にある療養所で治療に送られたガブリエルは、そこでインドシナ戦争で負傷した帰還兵アンドレと運命的な出会いを果たす。コティヤールが情熱的なヒロインのガブリエルを演じ、アンドレ役をルイ・ガレル、夫ジョゼ役をアレックス・ブレンデミュールがそれぞれ演じる。監督は女優としても活躍するニコール・ガルシア。

作品データ

原題 Mal de pierres
製作年 2016年
製作国 フランス・ベルギー・カナダ合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 120分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ニコール・ガルシア

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「愛を綴る女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi