君の名前で僕を呼んで
ホーム > 作品情報 > 映画「君の名前で僕を呼んで」
メニュー

君の名前で僕を呼んで

劇場公開日

解説

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に「日の名残り」「眺めのいい部屋」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメットと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。83年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。

作品データ

原題 Call Me by Your Name
製作年 2017年
製作国 イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作
配給 ファントム・フィルム
上映時間 132分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
作品賞  
主演男優賞 ティモシー・シャラメ
主題歌賞 “Mystery of Love”

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ティモシー・シャラメ
最優秀助演男優賞 アーミー・ハマー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
君の名前で僕を呼んでの映画評論・批評

「君の名前で僕を呼んで」を観て、この映画の脚本を手がけたジェームズ・アイヴォリーの監督作品「眺めのいい部屋」(1986)を思い出した。あの映画の舞台は20世紀初頭。イギリスの上流階級の少女がフィレンツェの陽光のもと、頑なだった自分を捨...君の名前で僕を呼んでの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全7件)
  • 狂おしく美しい恋 ティモシー・シャラメが容姿も演技も完璧。完璧すぎて凄みがあった。美しいイタリアの田舎町で芽生える美少年と美青年の恋。これでもかというくらい美しさに満ちた作品でした ...続きを読む

    A.TAKE A.TAKEさん  2018年4月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • この手のストーリーはあまり好きではないけれど、話題になっていたので... この手のストーリーはあまり好きではないけれど、話題になっていたので英語字幕で鑑賞。 アーミーハマーがものすごく美しすぎる件。 音楽が素晴らしい。 主演の男の子の演技がよかった。 あんなのんびりし... ...続きを読む

    aco acoさん  2018年3月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 若い人も、かつて若かった人も 観終わった後に作品の世界から抜け出すことが出来ず、数日ぼーっとしてしまう、、 そんな映画に時々出会うことがありますが、これはまさにそういう作品でした。 この話は恋愛物であると同時に家族の話でもあ... ...続きを読む

    けちゃっぷ けちゃっぷさん  2018年3月7日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi