ヒトラーへの285枚の葉書
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒトラーへの285枚の葉書」
メニュー

ヒトラーへの285枚の葉書

劇場公開日

解説

ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映画化し、ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗したドイツ人夫婦の運命を描いたドラマ。1940年6月、ベルリンで暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに、最愛の息子ハンスが戦死したとの報せが届く。夫婦で悲しみに暮れていたある日、オットーはヒトラーに対する批判を綴ったポストカードを、密かに街中に置く。ささやかな活動を続けることで魂が解放されていく2人だったが、やがてゲシュタポの捜査の手が迫る。主演は「いつか晴れた日に」のエマ・トンプソンと「未来を花束にして」のブレンダン・グリーソン。共演に「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール。「王妃マルゴ」「インドシナ」などの人気俳優バンサン・ペレーズが監督を務めた。

作品データ

原題 Jeder stirbt fur sich allein
製作年 2016年
製作国 ドイツ・フランス・イギリス合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 103分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
ヒトラーへの285枚の葉書の映画評論・批評

“手”は口ほどに物を言う。フランスへの勝利に沸く1940年のドイツ・ベルリンで、愛する息子の戦死を知らされた職工とその妻。ブレンダン・グリーソンとエマ・トンプソンによる抑制の効いた演技は、セピア調の色合いで時代の雰囲気を伝える映像と相...ヒトラーへの285枚の葉書の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全14件)
  • イギリス人俳優がドイツ人夫婦を演じる意味とは。 第二次大戦下のベルリンに住むドイツ人夫婦が、戦死した息子の霊を弔うために、同じく最愛の家族を戦争で失った同胞たちのために、アンチヒトラーのメッセージを認めた葉書を町のあちこちにばらまいていく。数... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年7月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 原題『ALONE IN BERLIN』も充分よかった。 えっ?これ、本当にあった話だったの。 そういう史実が、敗戦国にちゃんと残っていることに価値あり。 なぜか足を運んでしまう、ナチス政権時代のストーリーを描いた映画。 そろそろ食傷気味かなと、選ぶ映... ...続きを読む

    ハクタカ ハクタカさん  2017年7月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 上中層と下層の断絶を描く映画 ネタバレ! 序盤、映画の主題とは別に主人公と同アパートメントに住むユダヤ人老婆を巡るエピソードが展開され、紳士的な上中層インテリとひたすらに老婆を食い物にしようとする下層とが描かれ、戦間戦中期のドイツの荒廃... ...続きを読む

    ShunActU ShunActUさん  2017年7月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヒトラーへの285枚の葉書」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi