ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
メニュー

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

劇場公開日

解説

ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマ。1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、オープンカーでのパレード中に何者かに射撃され命を落とした。目の前で夫を殺害された妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや代わりに昇格する副大統領の大統領就任式への出席、ホワイトハウスからの退去など様々な対応に追われることに。その一方で事件直後から夫が「過去の人」として扱われることに憤りを感じた彼女は、夫が築き上げたものを単なる過去にはさせないという決意を胸に、ファーストレディとして最後の使命を果たそうとする。共演に「17歳の肖像」のピーター・サースガード、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が製作を手がけ、アカデミー外国語映画賞候補作「NO」のチリ人監督パブロ・ララインがメガホンをとった。

作品データ

原題 Jackie
製作年 2016年
製作国 アメリカ・チリ・フランス合作
配給 キノフィルムズ
上映時間 99分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

死から始まるJFKの偉人への道。ジャッキーが果たしたレガシーの作り手の役割
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の映画評論・批評

いまどきの伝記映画は、特定の時期や出来事に焦点を絞って人物を物語るものが多い。「マリリン 7日間の恋」は「王子と踊り子」を撮影中のマリリン・モンロー、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」は結婚6年目のグレース・ケリーにフォーカス。...ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全7件)
  • さすがのアカデミー主演女優賞ノミネート 試写会にて鑑賞。ジャンルとしては伝記物となるので大まかなストーリーは想像できる範囲だったが、いささか途中に中だるみ感はあった。ただ、それは脚本の問題であり、本作の監督そして主演のナタリーにはさす... ...続きを読む

    jack-0502slinky jack-0502slinkyさん  2017年3月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ナタリーの演技は良かったが。。。 試写会にて鑑賞。 淡々と進む物語に、物足りなさを感じた。 全体を通して、薄っぺらい脚本。 音楽も同じような曲を何度も流し、少ししつこかった。 時系列も行ったり来たりでややこしい。 ナタリーの演技... ...続きを読む

    たくとー@洋画好き たくとー@洋画好きさん  2017年3月19日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 個人的なツボは神父との会話 目の前で夫を殺されたファーストレディ、「知っているようで知らなかったジャクリーン・ケネディ」を描く作品ですから、見所は「知られざる彼女の内面」です。 悲しみとか怒りとか、普通のレベルでは表せない... ...続きを読む

    めいべいびー めいべいびーさん  2017年3月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi