夜明けの祈り : 映画評論・批評

メニュー

夜明けの祈り

劇場公開日 2017年8月5日
2017年8月1日更新 2017年8月5日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにてロードショー

宗教画のような厳粛な美しさが胸を突く、悲劇的実話の映画化

まるで宗教画のような美しさに、はっとさせられる作品だ。修道院が舞台ゆえに、7年前にフランスで大ヒットを記録し日本でも公開された「神々と男たち」を思い出した方もいるのではないか。この静寂、厳かで清純な空気には、観る者が襟を正されるようなところがある。だが、そんな修道女たちの密やかな平穏が、現実という無情なリアリティのもとに破られる。時は1945年終戦直後。ポーランドの田舎街に侵入したソ連兵が修道院に押し入り、彼女たちに暴行を働く。

本作は実話を元にした悲劇であり、街に派遣された赤十字の女医(ルー・ドゥ・ラージュ)が、子供を身ごもったまま誰にも相談できぬ修道女たちの命を救おうとする物語だ。確固として人道を貫く女医の誠意が、命よりも信仰や体面を優先するように教えられた修道女たちに、新たな視野と希望をもたらす。

画像1

アンヌ・フォンテーヌ監督(「ココ・アヴァン・シャネル」「ボヴァリー夫人とパン屋」)はもちろんここで、修道院のあり方を告発しようとしているわけではない。その反対に、この映画のなかで彼女たちこそは、非道徳的で暴力的な外界からかけ離れた純真な存在として描かれている(ちなみに原題は、無垢な人々を意味する「Les Innocents」)。それを助長するのが、なんとも清貧な雰囲気を浮き立たせるカメラだ。陶器のように白い彼女たちの横顔を照らす光。それはまさに夜明けのそれを連想させるような、希望を予感させるものでもある。

鋭い方ならこの撮影監督が「神々と男たち」と同じカロリーヌ・シャンプティエだと気づいたことだろう。現在のフランス映画界を代表するカメラマンのシャンプティエは、レオス・カラックス(「ホーリー・モーターズ」「TOKYO!」)から諏訪敦彦(「不完全なふたり」)までさまざまな作品を手掛け、監督の意図を明確に視覚化する手腕を発揮している。彼女の紡ぎだす映像は、観る者に映画というマジックをあらためて思い起こさせてくれるに違いない。

フォンテーヌの堅実な演出と併せて、直球の魅力に満ちている。

佐藤久理子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全15件)
  • 神はそこまで狭量だろうか ソ連兵の暴行で神の花嫁たる身を汚され、身ごもったことで悩む女性達。でも生まれた赤ちゃんを抱く姿は聖母マリアと同じだと私が思うのは、冒涜だろうか。女性たちが受けた暴力とその結果を神は罰するだろうか... ...続きを読む

    はる はるさん  2017年8月16日 13:03  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 欲望 ネタバレ! ...続きを読む

    しげはりゅ しげはりゅさん  2017年8月15日 21:39  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 医学的見地 お盆には墓参りに行っているであろう、60歳以上の方々が行きつけのミニシアターに沢山来ていてオドロキ。その映画館は番号札の順番で入場するのだが、いつもは30番以内なのだが、今日は67番だった。映画... ...続きを読む

    hanataro2 hanataro2さん  2017年8月15日 21:21  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi