カフェ・ソサエティ
ホーム > 作品情報 > 映画「カフェ・ソサエティ」
メニュー

カフェ・ソサエティ

劇場公開日

解説

ウッディ・アレン監督が1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティックコメディ。映画業界で働くことを夢見るニューヨーク生まれの青年ボビーは、業界の有力者である叔父フィルを頼ってハリウッドにやってくる。フィルの秘書を務める美女ヴォニーに心を奪われたボビーは、映画スターやセレブリティを相手に、フィルの下で働きながらヴォニーと親密になっていくが、彼女には思いがけない恋人の存在があった。「ローマでアモーレ」でもアレン監督と組んだジェシー・アイゼンバーグが主演を務め、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、テレビドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリー、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスティーブ・カレルらが共演。アレン監督が自らナレーションを務める。女優陣が着こなすシャネルなどの華やかな衣装にも注目。

作品データ

原題 Cafe Society
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 96分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

“もしもあのときこうしていたら”誰しもが持つ切ない《大人のタラレバ》「ミッドナイト・イン・パリ」の甘くほろ苦い陶酔と、「マジック・イン・ムーンライト」の恋模様が香るロマンティック・コメディ
特集

ウッディ・アレン監督が、ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリーをメインキャストに据えて、ハリウッド黄金期の甘く切ない人生模様を描く「カフェ・ソサエティ」が、5月5日より全国公開される。華やかな世界を舞...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「アニー・ホール」から40年たってもブレないアレンの人生観・ニューヨーク愛
カフェ・ソサエティの映画評論・批評

ニューヨーク出身のユダヤ人青年がハリウッドで失恋を体験したのち、里帰りしたニューヨークで仕事の成功と新しい愛をつかむ。ところが……というドラマの中で、ウッディ・アレン監督の分身ともいうべき主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がたど...カフェ・ソサエティの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全56件)
  • 豪華で楽しく、アク少なめ。アレン入門にいいかも 日本の観客のほとんどが映像でしか知らない、1930年代のハリウッドとニューヨークを華やかに再現。古色の画面がノスタルジアを誘う。若手演技派を配し、甘く切なくやるせない恋愛模様を中心に描く。不倫や... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年5月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 若い恋、大人の結婚 ネタバレ! 最初は若い二人が結ばれるのかな?と思ってましたが… ハリウッドでは、ドライブしたり、海に行ったりしていたのに、ニューヨークではクラブのシーン。セントラル・パークの朝焼けのシーンは心に残りました。 ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2017年5月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • やっぱりウディアレン! ネタバレ! 相変わらず、おしゃれでブラックユーモアのある素敵なストーリーだった。 彼の話は、いつも単純にうまくいくラブストーリーではない。今回も、同じ女を既婚者の叔父と取り合うというなかなかなシチュエーショ... ...続きを読む

    yamapple yamappleさん  2017年5月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「カフェ・ソサエティ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi