カフェ・ソサエティのレビュー・感想・評価

カフェ・ソサエティ

劇場公開日 2017年5月5日
86件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ロマンチックでノスタルジックな人生の諦念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夢見た通りにいかない人生を、決して否定することなく、取返しのつかない後悔さえも肯定するようなラストに震えた。ウディ・アレンは、わりとハッピーエンドでも皮肉なラストでもどっちでも構わないと言いたげな境地にいる作家だと思うが、時たま、本作のようにラストが一番ものを言うような映画を作る。『カイロの紫のバラ』しかり『ギター弾きの恋』しかり『ブルー・ジャスミン』しかり。どっちのアレンも好きだが、ラストにすべてが集約される凄味があるこっちのタイプはほぼ間違いなく傑作に仕上がっていて、当然ながら近年のアレン映画でも指折りの傑作だと思っている。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華で楽しく、アク少なめ。アレン入門にいいかも

日本の観客のほとんどが映像でしか知らない、1930年代のハリウッドとニューヨークを華やかに再現。古色の画面がノスタルジアを誘う。若手演技派を配し、甘く切なくやるせない恋愛模様を中心に描く。不倫やギャングの話もはさみつつ、軽やかに流して暗くしすぎない。屈折したインテリの登場人物による皮肉満載の長台詞もない。ウディ・アレン監督のテイストは確かにあるが、全体的にあっさりテイストの味付けを思わせる。

ウディ・アレン監督の作品を全然またはほとんど知らないという若い観客層にとって、アレン監督の入門作によさそう。逆に、往年のアレン好きにとっては物足りないか。

秘書役のクリステン・スチュワートは、1週後に公開の「パーソナル・ショッパー」でもセレブの裏方として働く役。フェミニン全開のヒロインよりも、派手な世界を裏で支える中性的ないしマニッシュなキャラクターに向いているのかもしれない。

AuVis
AuVisさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あまり高評価ではありませんが、衣装、映像、コメディ要素は好き。 ス...

あまり高評価ではありませんが、衣装、映像、コメディ要素は好き。
ストーリーはちょっと深入りして考えたがる意識高い系の人たちが好みな感じがします。
きっと昔の私は何かを感じとれていただろうな…。
感性が鈍っている…のか…

aco
acoさん / 2018年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリステンスチュワートが綺麗

●2018年13本目(DVD鑑賞10本目)
クリステンにブレイクライブリーの2人の女優がほんとに綺麗ですね。
いま悪い意味で話題のウディアレン監督ですが今後どうなっていくのだろう。

しゅんすけ13
しゅんすけ13さん / 2018年1月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

甘味と苦味がかみ合い溺れるほどの余韻を味わえるこの逸品はまさに名人...

甘味と苦味がかみ合い溺れるほどの余韻を味わえるこの逸品はまさに名人芸。
話運びの上手さに年齢を感じさせない創作力が攻撃となりウッディ アレンをいまだトップへと押し上げている、そしてなによりも女優を美しく撮る現役No. 1監督でもある。

JOHN DO
JOHN DOさん / 2018年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこまでそそる内容じゃない、

そこまでそそる内容じゃない、

さや
さやさん / 2018年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アレン節だけど、アクがないロマンティックコメディ。

ウッディ・アレンの中で最高傑作に違いない。
過去を悔やむ事は確かにあり、忘れられずに引きずる。そして未来になってもいつまでも夢を見る。けれども夢は夢。
一瞬一瞬自分にとって眩い人生を選択していく事が大切なんだという教え。

いつものアクの強さが抜け、軽快な雰囲気とひたすらお洒落なジャズ・ミュージックとレトロファッションが視覚に愉しい。
複雑?な家族関係の中でマフィアを仕切る兄についてさえ、重苦しさのない出来事としてストン、と受け入れられた。

要所の台詞がいちいちロマンティック。
Wヴォニーが、二人とも可愛らしかった。ブレイク・ライブリーってルックスだけじゃなく声も最高に可愛いのね。ピースフルな可愛らしさに溢れてて萌える。お喋りしたい!

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2017年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウディ・アレンの最高傑作、というか集大成の作品だと思う。 人生は運...

ウディ・アレンの最高傑作、というか集大成の作品だと思う。

人生は運、人生は嫌でも進んでいく、でも、過去は忘れられない、虚しさと達観、夢は夢という現実。

ウディ・アレンのいつもの哲学がいっぱい盛り込まれている。

あの時の決断、出来事は良かったのか?でも、過去は戻らない、でも、想いは消え去らない、でも、今も十分幸せなはず、でも、振り返ってしまう、そうやって、人生はまた進んでいく。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょーあれん

ウディ・アレンの映画作品は今まで6作品を見たのですがどれも結末が最後まで読めなくて。そして、たくさんの教訓にあふれていて。これもそうでした。

一種ラ・ラ・ランドに近い雰囲気の中で繰り広げられる恋愛の数々が大人な世界すぎて。カフェ・ソサエティという題名がじわじわとしっくりきています。

ウディ・アレン作品群の俳優は毎回人が変わるのに毎回ベストな演技なの本当にすごいなぁと。

KMA765
KMA765さん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても上質な大人の映画。どの場面を切り取っても絵になる、画面の隅々...

とても上質な大人の映画。どの場面を切り取っても絵になる、画面の隅々まで行き届いたプロの技を感じる。私の日常生活とはかけ離れた内容なのに魅入ってしまった。ウディ・アレンらしく、ウィットの効いた早い展開がテンポ良く進む。そして何気なく虚と実の世界を表現しつつ、楽しませる。基本は諸行無常? それにしてもウディはNYが好きなんだなぁ、と感じました。

Jeffy Rider
Jeffy Riderさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キラキラ感

キラキラ感満載な作品だったので、この作品は「陽」のウディ・アレンですね。

個人的には「ブルー・ジャスミン」や「マッチ・ポイント」みたいな「陰」の作品の方が哲学的で好きですが、多分1年置きに「陰」と「陽」で撮っている気がします。昨年公開された「教授のおかしな妄想殺人」は、思いっきり重くて暗かったですし。

ミカ
ミカさん / 2017年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべてがプロローグのような映画でした。愛とか恋とかはあまりどうでも...

すべてがプロローグのような映画でした。愛とか恋とかはあまりどうでもよくて(笑) ブレイクライブリーがかわいいのと映像がかわいいのとくるくるめまぐるしく楽しい映像でした。

SS&D
SS&Dさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれ

この映画のテーマってなんだろう。ハリウッドの話かと思えばそうでもないし、ラブストーリーでもないし。1930年代?もあまり感じられないし。会話劇はとても面白かった。ヒロインの女優さんがすごくキレイです。

みみみ
みみみさん / 2017年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

せつなさは

せつなさはララランドかな♪
お互いにのお互いに対する心残りが、明らかに過去形になっていたからね。
ララランドでは最後のフラッシュバックの演出で心残りとせつなさを現在形で感じさせてくれたから♪

別作品だし比べても仕方ないけど、全編を通しておしゃれな空気感は良かった♪

usachu
usachuさん / 2017年6月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽が素晴らしい!

冒頭の"I Didn't Know What Time It Was"でいきなり引き込まれました。
全編に流れるPianoが素晴らしく、映画が音楽の添え物になってしまいました。
早速サントラ盤を購入し、Mark Shaneというピアニストと判明。
他の方のレビューから主演女優二人は有名な方のようですね。
中学生の時、アニーホールやインテリアを見て、何だかわからん状態から三十数年、今になってウディ・アレンて、こういうお洒落な映画を作る人だとわかりました。

自称映画好きおっさん
自称映画好きおっさんさん / 2017年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれで良かった

ラ・ラ・ランドよりも良かった!
そんなに感動するような映画ではないけど、品があっておしゃれだった。
ブレイク・ライブリーが綺麗だったけど、あまり出番がなかったので残念だった。
ギャングのお兄ちゃん、人殺しすぎww

Raye
Rayeさん / 2017年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ララランド節。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やはりこの人はニューヨークが好きなのねぇと納得する仕上がり。
ハリウッド黄金期を実名をバンバン出して描いているのに驚くが、
あ~やっぱり主人公はニューヨークに帰って成功するのねと安堵
してしまった。その後のドラマはありがちで普通。ララランド節
ともいえる選ばなかった方の人生に触れる一幕。成功しても幸せ
でも、なぜか心の奥底に過去の恋愛は残ってるものだと納得する。
御年80歳を超えても恋愛観が変わらないところはお若いなぁ監督。

ハチコ
ハチコさん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽い

love comedy を深くしたつもりなのだろうが、それでも軽い。
1930 年代くらいか、その時代を再現できているなら、そこは見るべきものがあったかも。

灰山羊
灰山羊さん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハリウッド!

1930年代のキラキラのハリウッド。素敵なSHOWBIZ会にウディ・アレンの心地よい味付けで大満足でした。
衣装も音楽も素敵でした。
人生って全てが上手く行くとは限らない、でもそれがすごく味があって素晴らしいものなんだと思わされました。

Mi-chan
Mi-chanさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あっさり味のアレン家系

30年代のハリウッド。
美女と冴えない男とオシャレな音楽。
ペーソスにブラックユーモア。
スイート&ビターで安定のアレン家系ラーメン。いつもより皮肉や毒がおさえめで食べやすいけど、最後にはやっぱりほんのりほろ苦さが残ります。

何が起きるわけじゃありませんけど、
美女とオシャレな世界が楽しめて私は好き。

個人的には先日見たラブアゲインの
スティーブ・カレルの冴えなさと重なる部分があって味わい深かった。
あと些細なことですが、日本語訳がところどころアレ?っていうところがあったような。

カット
初デートでの運転席でのスチュアート。
静かな波打ち際でのラブシーン&その後の荒れる波。
ラストのカットバック。

yao77
yao77さん / 2017年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

86件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi