カフェ・ソサエティのレビュー・感想・評価

カフェ・ソサエティ

劇場公開日 2017年5月5日
82件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ロマンチックでノスタルジックな人生の諦念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夢見た通りにいかない人生を、決して否定することなく、取返しのつかない後悔さえも肯定するようなラストに震えた。ウディ・アレンは、わりとハッピーエンドでも皮肉なラストでもどっちでも構わないと言いたげな境地にいる作家だと思うが、時たま、本作のようにラストが一番ものを言うような映画を作る。『カイロの紫のバラ』しかり『ギター弾きの恋』しかり『ブルー・ジャスミン』しかり。どっちのアレンも好きだが、ラストにすべてが集約される凄味があるこっちのタイプはほぼ間違いなく傑作に仕上がっていて、当然ながら近年のアレン映画でも指折りの傑作だと思っている。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華で楽しく、アク少なめ。アレン入門にいいかも

日本の観客のほとんどが映像でしか知らない、1930年代のハリウッドとニューヨークを華やかに再現。古色の画面がノスタルジアを誘う。若手演技派を配し、甘く切なくやるせない恋愛模様を中心に描く。不倫やギャングの話もはさみつつ、軽やかに流して暗くしすぎない。屈折したインテリの登場人物による皮肉満載の長台詞もない。ウディ・アレン監督のテイストは確かにあるが、全体的にあっさりテイストの味付けを思わせる。

ウディ・アレン監督の作品を全然またはほとんど知らないという若い観客層にとって、アレン監督の入門作によさそう。逆に、往年のアレン好きにとっては物足りないか。

秘書役のクリステン・スチュワートは、1週後に公開の「パーソナル・ショッパー」でもセレブの裏方として働く役。フェミニン全開のヒロインよりも、派手な世界を裏で支える中性的ないしマニッシュなキャラクターに向いているのかもしれない。

AuVis
AuVisさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウディ・アレンの最高傑作、というか集大成の作品だと思う。 人生は運...

ウディ・アレンの最高傑作、というか集大成の作品だと思う。

人生は運、人生は嫌でも進んでいく、でも、過去は忘れられない、虚しさと達観、夢は夢という現実。

ウディ・アレンのいつもの哲学がいっぱい盛り込まれている。

あの時の決断、出来事は良かったのか?でも、過去は戻らない、でも、想いは消え去らない、でも、今も十分幸せなはず、でも、振り返ってしまう、そうやって、人生はまた進んでいく。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょーあれん

ウディ・アレンの映画作品は今まで6作品を見たのですがどれも結末が最後まで読めなくて。そして、たくさんの教訓にあふれていて。これもそうでした。

一種ラ・ラ・ランドに近い雰囲気の中で繰り広げられる恋愛の数々が大人な世界すぎて。カフェ・ソサエティという題名がじわじわとしっくりきています。

ウディ・アレン作品群の俳優は毎回人が変わるのに毎回ベストな演技なの本当にすごいなぁと。

KMA765
KMA765さん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても上質な大人の映画。どの場面を切り取っても絵になる、画面の隅々...

とても上質な大人の映画。どの場面を切り取っても絵になる、画面の隅々まで行き届いたプロの技を感じる。私の日常生活とはかけ離れた内容なのに魅入ってしまった。ウディ・アレンらしく、ウィットの効いた早い展開がテンポ良く進む。そして何気なく虚と実の世界を表現しつつ、楽しませる。基本は諸行無常? それにしてもウディはNYが好きなんだなぁ、と感じました。

Jeffy Rider
Jeffy Riderさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キラキラ感

キラキラ感満載な作品だったので、この作品は「陽」のウディ・アレンですね。

個人的には「ブルー・ジャスミン」や「マッチ・ポイント」みたいな「陰」の作品の方が哲学的で好きですが、多分1年置きに「陰」と「陽」で撮っている気がします。昨年公開された「教授のおかしな妄想殺人」は、思いっきり重くて暗かったですし。

ミカ
ミカさん / 2017年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべてがプロローグのような映画でした。愛とか恋とかはあまりどうでも...

すべてがプロローグのような映画でした。愛とか恋とかはあまりどうでもよくて(笑) ブレイクライブリーがかわいいのと映像がかわいいのとくるくるめまぐるしく楽しい映像でした。

SS&D
SS&Dさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれ

この映画のテーマってなんだろう。ハリウッドの話かと思えばそうでもないし、ラブストーリーでもないし。1930年代?もあまり感じられないし。会話劇はとても面白かった。ヒロインの女優さんがすごくキレイです。

みみみ
みみみさん / 2017年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

せつなさは

せつなさはララランドかな♪
お互いにのお互いに対する心残りが、明らかに過去形になっていたからね。
ララランドでは最後のフラッシュバックの演出で心残りとせつなさを現在形で感じさせてくれたから♪

別作品だし比べても仕方ないけど、全編を通しておしゃれな空気感は良かった♪

usachu
usachuさん / 2017年6月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽が素晴らしい!

冒頭の"I Didn't Know What Time It Was"でいきなり引き込まれました。
全編に流れるPianoが素晴らしく、映画が音楽の添え物になってしまいました。
早速サントラ盤を購入し、Mark Shaneというピアニストと判明。
他の方のレビューから主演女優二人は有名な方のようですね。
中学生の時、アニーホールやインテリアを見て、何だかわからん状態から三十数年、今になってウディ・アレンて、こういうお洒落な映画を作る人だとわかりました。

自称映画好きおっさん
自称映画好きおっさんさん / 2017年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれで良かった

ラ・ラ・ランドよりも良かった!
そんなに感動するような映画ではないけど、品があっておしゃれだった。
ブレイク・ライブリーが綺麗だったけど、あまり出番がなかったので残念だった。
ギャングのお兄ちゃん、人殺しすぎww

Raye
Rayeさん / 2017年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ララランド節。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やはりこの人はニューヨークが好きなのねぇと納得する仕上がり。
ハリウッド黄金期を実名をバンバン出して描いているのに驚くが、
あ~やっぱり主人公はニューヨークに帰って成功するのねと安堵
してしまった。その後のドラマはありがちで普通。ララランド節
ともいえる選ばなかった方の人生に触れる一幕。成功しても幸せ
でも、なぜか心の奥底に過去の恋愛は残ってるものだと納得する。
御年80歳を超えても恋愛観が変わらないところはお若いなぁ監督。

ハチコ
ハチコさん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽い

love comedy を深くしたつもりなのだろうが、それでも軽い。
1930 年代くらいか、その時代を再現できているなら、そこは見るべきものがあったかも。

灰山羊
灰山羊さん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハリウッド!

1930年代のキラキラのハリウッド。素敵なSHOWBIZ会にウディ・アレンの心地よい味付けで大満足でした。
衣装も音楽も素敵でした。
人生って全てが上手く行くとは限らない、でもそれがすごく味があって素晴らしいものなんだと思わされました。

Mi-chan
Mi-chanさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あっさり味のアレン家系

30年代のハリウッド。
美女と冴えない男とオシャレな音楽。
ペーソスにブラックユーモア。
スイート&ビターで安定のアレン家系ラーメン。いつもより皮肉や毒がおさえめで食べやすいけど、最後にはやっぱりほんのりほろ苦さが残ります。

何が起きるわけじゃありませんけど、
美女とオシャレな世界が楽しめて私は好き。

個人的には先日見たラブアゲインの
スティーブ・カレルの冴えなさと重なる部分があって味わい深かった。
あと些細なことですが、日本語訳がところどころアレ?っていうところがあったような。

カット
初デートでの運転席でのスチュアート。
静かな波打ち際でのラブシーン&その後の荒れる波。
ラストのカットバック。

yao77
yao77さん / 2017年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キラキラ女子・ヴォニーの魅力 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ニューヨークでのヴォニーとボビーの再会までは、あらすじだけを見せられている感じがして退屈でした。
しかし、この再会シーン以後、ヒロインのヴォニーに興味が出て、最終的にはそこそこ面白く観れました。

ヴォニーは力に魅了されるキラキラ女子だ。ハリウッド時代も、一時的にボビーと付き合っていたけど、どっか心ここに在らずな雰囲気だった。ネブラスカ出身というのも引っかかり、フィルを選んだことはとてもしっくり来た。ボビーにとっては忘れられない相手だろうが、ヴォニーにとっては箸休め程度の相手だろうな、と思っていた。

しかし、再会時ボビーはカフェ・ソサエティの支配人となり、権力を持った存在になりつつあった。実は、ヴォニーにとってはセンチメンタルな再会ではなく、新しい恋愛対象としての再会だったのでは?
今すぐどうこうすることはないが、無意識下ではフィルが沈んだ場合のキープとして直観しているかもしれない。何せ相手は自分に対して強烈に固執している。ヴォニーがその気になればチョロいだろう。

ヴォニーの凄味は、勝利の方程式をナチュラルにやってのけるところだ。フィルの離婚も、外堀を埋めて離婚させたわけではなく、結果的に自身の魅力だけでフィルを奪っている。
計算高さはさほど感じられず、最終的には気持ちを重視する。しかし、優しいだけの男などノーサンキューと言ったところか。ミーハーじゃないけどギラギラ男の嫁の立場をゲットするなど、懐が深く複雑な側面もある。大物だ。

つまり、ヴォニーは単に自分と釣り合った相手を望んでいるだけなのだと思う。不倫の恋に葛藤する様子もあまりみられないため、自分の欲求を満たすためには道徳観など屁の河童なんだろうね。
ボビーも成長し、自分と釣り合いが取れてきたな、と感じ取り、僅かにときめいたのかもしれない。

物語後半は、ボビーもヴォニーもお互いパートナーがいつつも気持ちが揺れる展開になりますが、ボビーはガチで揺れているけどヴォニーはほんの一時の気の迷いくらいに見えてしまった。
ヴォニーは心の奥底で「ボビーでは満足できない」と思っているように見えてならなかったです。

kkmx
kkmxさん / 2017年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

NYとハリウッド

タイミングって大切ですね。
ブレイク・ライブリーがあまり映ってなくて残念でした。

マリエル
マリエルさん / 2017年6月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017-30

キラキラ✨

クリスティン・スチュワートとブレイク・ライブリーの美の競演と、シャネルが手掛けたファッションを見たくて仕事終わりに劇場へ。
ウッディ・アレン監督については無知で、作品の名前は聞いたことあっても見てなかったり、毎年一本リリースというのもここのレビューで知った。

ずーっとキラキラ✨してた。
衣装やセットだけでももう満足。
わたしがお子ちゃまで、ストーリーがオトナで何を伝えたいのかは正直考えることもなく、二人がキレイでキラキラしてるだけでよくない?と思ってしまった。

ブレイク・ライブリー、あまり知らなかったのですが声が本当に魅力的ですね。
可愛いと上品とセクシーを全部持ってるというか。
往年の女優の雰囲気があるし、すごく似合ってた。
クリスティンも綺麗なんだけど、顔立ちが現代っぽい。
一気にファンになってしまいました。

恋愛模様だけではなくて、こんなことがありました、こうなりましたって淡々とナレーションで語られていくのは、テンポいいです。
ただ何が残るかというと…恋愛の淡さかな?
なんか最近この淡い感じ、映画館であったと思ったら、『ララランド』を観たときと同じ。
きらびやかな古きよきアメリカに浸かるだけで幸せな気分になれる不思議な映画でした。
不倫しててもオシャレやわ。

かいり
かいりさん / 2017年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャンパン・ジャズ・恋 ☆

ハリウッド黄金時代。
人々が希望に向かう事が出来た夢の時代…
今こんな時代だからこそ、そんな希望に満ちた世界が眩しく、殺人も恋愛も懐かしい夢の様に描かれている所が素敵でした。早朝のセントラルパークでワインってのがイイね!
人によって見方が違うと思いますが、純愛映画だと思います。

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2017年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい〜♡

女優陣も背景も、ファッションもレストランの内装も…ため息が出るほどの美しさ。内容も切なくて軽快で、ちょっと笑えて…、身内が残念で、あんまり感情移入できない世界観。

これぞ、映画!

ゆ~きち
ゆ~きちさん / 2017年5月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

82件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi