ゴースト・イン・ザ・シェルのレビュー・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル

劇場公開日 2017年4月7日
369件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ものすごく豪華な二次創作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

不満点はいくらでも挙げられる。なぜここまでアニメ版のビジュアルを再現する必要があったのか。ハリウッドならではの新たな挑戦で驚かしてくれなかったのか。スカヨハの手足がもうちょっと長かったならアクションがもっと映えたのに。いや、これだとアニメに寄せろって言ってしまってるのと同じか。いずれにせよオリジナルが描いた世界がより現実に近づいてきた今だからこそアップデートされた新たな「攻殻」が観られるのでは、という期待は叶わなかった。ただ、ストーリーに関しては随分と翻案されていて、少なくとも押井守が撮った映画とは完全に別物と言っていいところに落ち着く。これを是とする気も非とする気もなく、ただ、こういうわかりやすいのも決して悪くはない。しかし、だとしたら記憶が戻ったらマイケル・ピットともども日本語、もしくは日本語訛りの英語を話すべきではないかみたいな気もするが、細かいことはさておきとてもカネのかかった二次創作として楽しんだ。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

過剰な期待は禁物だが、日本コンテンツのハリウッド映画化としては悪くない部類

押井版アニメはもちろん、過去の傑作SF映画へのリスペクトとオマージュに満ちている点は確か。ホワイトウォッシュと批判されたが、日本人女優、またアジア人女性に枠を広げても、スカジョくらい国際的な知名度があってアクションもこなせる人材がいないのも現実。武田梨奈や清野菜名が今後、世界で活躍の場を広げてくれるのを期待したいが。

VFX的には、義体やロボットの細かな描写、未来都市の景観は結構緻密に描かれていて楽しめた。一方で、キャラクターが高速で動くシーンでは、10年ぐらい前の技術かと思うほどCG描画がモロバレの不自然な動きが多く、やはりまだ予算が足りなかったのかと嘆息。

少佐のボディスーツは、相撲取りの着ぐるみっぽくてイマイチ。もともと肉感的な体型だから、よけい膨張して見えてセクシーさに欠ける。「アンダー・ザ・スキン」のように“皮”を脱ぎ、裸身のスカジョが出てきたらなあと夢想してしまった。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

たけし、どーなの?^_^;

あまり期待しないで観れば面白い

ピピ
ピピさん / 2017年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったよりも面白いと思った

映像の質が素晴らしくて、オリジナリティーに欠ける世界観だと思いつつも、完全に物語に惹きこまれてしまった。
オリジナル作品と比べると、非常に分かりやすいつくりになっているためか、あらゆる事柄を素直に受け止めることができた気がする。
なんとなく漫画に近づけたようなKITANOさんには少なからず笑いを催してしまうのだけれど、あくまでシリアスでドラマティックな質の高いハリウッド映画にまんまと騙されてしまった感じがする。
IMAX3Dで観賞すると、本当にお金をかけた作品だと実感できるのだが、果たしてそれを上まわる興収を得られるのかと危惧してしまうのも正直なところ。個人的には非常に楽しめたけれど…

SH
SHさん / 2017年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古い

スタイルが古い

アジア系のアクション女優なんぞいくらでも居るだろう

カンタベリー
カンタベリーさん / 2017年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吹替か字幕か...

アニメ版の声優さんを起用していたので、初回は吹替版で観賞。
映像美など観るべき所はあるが、やはり攻殻機動隊として観ると違和感があるように思えた。
2回目は字幕版で観賞したが、字幕版だと普通のSF映画のような感じで観れた。
BDやDVDで観るならば、字幕版の方がいいかな、と思う。

こてつ
こてつさん / 2017年5月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

綺麗

冒頭映像が綺麗。
桃井かおりのババア感。
この2点しか思い出せないわ・・・・・。

タテスジコ
タテスジコさん / 2017年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

押井作品・・・?

押井作品をふんだんにお金を使って、ふんだんに売れ線にして、ハリウッドでとったらこんな感じになるんだろうな〜と思いました。

ちょっと内容が単純になっていたのが残念ですが・・・。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

にてん

監督は火の鳥復活編から勉強しなおすべき

もりもとしませふ
もりもとしませふさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端

面白くなくなない。

ランナー
ランナーさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吹替で鑑賞

アニメが好きだったのでアニメ同様声優陣が一緒なので吹替での鑑賞。

思ってたよりは酷くなかった。

マーシー
マーシーさん / 2017年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

攻殻機動隊っぽくしようとして…。

攻殻機動隊の声優陣で吹き替えすると言うことで、吹き替え版を見てきましたが結果としては微妙すぎる。

・少佐が弱すぎるという事。
・色褪せない社会問題を取り扱っていない。
・中途半端なオリジナル要素が不快

ざっくりとこんな感じです。
個人的にはすごい昔の作品なのに古く感じないのは、社会問題を取り扱っているからだと思っています。

そこに電脳世界があるから今でも好きでいられると思っているのですが、中途半端に近未来要素があるだけなのでどれも奥歯に物が挟まってる感覚でした。

Yu
Yuさん / 2017年5月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観易い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作を知らない自分には非常に単純で観易い作品だったのだが、
ファンの友人曰く本当はもっと哲学的な話だという。SF好き
には堪らない良さがあるのだろう。アニメ版と同じキャストが
やるということで吹替版でわざわざ観たせいもあるのだろうが
聞き取り辛さもなく映像に集中、スカヨハの頑張りが楽しめた。

ハチコ
ハチコさん / 2017年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いはず

面白いストーリーだし、映像もきれいだったけど
なんでだろ、、心に残らないというか、、

mia
miaさん / 2017年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通に面白かった

アニメの実写化は大抵が残念な結果になるが、これは普通に面白かった。
ストーリーや細かい所で違いがあるので、スピンオフ、リメイク的な感覚でみると、全然問題ない。
日本語吹き替えは、アニメと同じ声優なので、とくに違和感が薄れる。

bucobuco707
bucobuco707さん / 2017年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作や押井版や神山版の攻殻機動隊へのリスペクトが感じられて、特に吹...

原作や押井版や神山版の攻殻機動隊へのリスペクトが感じられて、特に吹き替え版での細部への拘りが、楽しかった向きには楽しめるかわけだが、その表層の記号の拘りさえタチコマが出てこないのは失敗と言えよう。

吹き替え版の声優たちは攻殻機動隊の世界観を維持するために頑張っていたおり、その点は評価できるが、それも脚本があっての事でしかない。結局予算不足と研究不足。
個別の11人の傑作がちっぽけな世界観に収まってしまっている感は否めない。草薙少佐や荒巻か行使する長いセンテンスの曖昧接続の<が> を多様する会話を今のビートたけしが演じるのは辛かろうし、そうあるべきでもないだろう。
原作が持っている複雑系リゾームのネットワーク構造を単純な出自と記憶が織り成すアイデンティティと言う20世紀的な物語へと還元する事でしか、撮れなかったこの作品を断固として認めるべきではない。桃井かおりやビートたけしを召喚したこの映画は、結局、60年代的造反有理の世界に囚われすぎている。それがビートたけし事荒巻が演じる銃撃戦が北野武の映画を思わせてもである。それは別の世界観の別の映画でしかない。国会議事堂の前でプラカードを持って拡声器の前で叫ぶ彼らの言葉は、この映画よりもっと想像力に、溢れていたと言えよう。そうこの映画自体が、現実に追い越されているのだ。

がっちゃん
がっちゃんさん / 2017年5月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

案外面白かった

たけしが成功って言ってた意味が、なんとなくわかった。

スガケン
スガケンさん / 2017年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吹き替えをされた声優陣は素晴らしかった

監督が攻殻機動隊を好きなのだという想いは映画を観ていてよく伝わってきたけれど、あくまでもそれだけでした。映像は綺麗です。ただそれは、あくまで表面的な部分の模倣であって、根底の部分のGhostが描かれていない。良くも悪くもハリウッド映画になってしまっていて、この映画が攻殻機動隊かと言われると、そうだと言えそうにありません。監督にとって原作の印象深いシーンをちぐはぐに繋ぎ合わせて作り上げた感が否めずに、最後まで集中して観ることが出来ませんでした。それでも最後まで観られたのは、吹き替えをされた声優陣が素晴らしかったからの一言に尽きます。

ido
idoさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後まで見ると案外うまくできてる気がする ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

桃井かおりが出てくるあたりまでは、これは失敗なのではないか?と思って見ていました。

劇中の情景描写はアニメと同じ方向性なのですが、実写のためか予算のためかグロテスクで汚い映像になってしまっていて、アニメの方を好きな女性も引いてしまうのではないかと感じました。 アニメを追わずにそこそこ綺麗でスタイリシュな実写映像を目指したほうが良かったように思いました(映画マトリックスみたいに)。

他のコメントでもあるように、北野武さんはずっと日本語でしゃべるわけですが、劇中で電脳化により、子供が数秒でフランス語を学習したといった話が出てくるので(吹き替え版)、電脳通信で他人とコミュニケーションできる人間が、口で何語を話すかは個人のアイデンティティーの1つという設定なのだろうと理解しました。そういうなんでも理解できるし、そうなんだと思い込まされてしまう(脳のハッキング)くらい電脳化が進んだ世界で自分のアイデンティティーを探すというテーマを意識させるための小道具ではないかとも思います。

全体を通して感じたのは、登場人物・設定はGHOST IN THE SHELLなのですが、ストーリーはロボコップの劇場第一作を少しハッピーエンドにしたような感じにまとまっており、個人的にはアニメの劇場版第一作のラストより、こっちの方が好きです。

アニメの劇場版第一作は草薙素子の晩年と思うので(テレビ版より未来)、長い捜査人生を経て人形使いとどっかへ行ってしまっても良いのでしょうが、本作の様にこの時点が彼女の義体での始まりとしたほうが見る人が混乱しないし、パート2が作りやすいと思います。老いないヒロインなので時間経過が難しいですね。

「草薙素子は日本人のはずなので、ヨハンソンは..」という人も桃井かおりとのやり取りで明かされる真相とラストの桃井かおりとヨハンソンが素子の墓を参るシーンで納得できる脚本なのではないかと思います。 その点が引っかかって観ないという方が居たら実に残念に思います。

アニメおじさん
アニメおじさんさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本当の未来を観たような

原作やアニメのファンの方には色々あるかも知れないけど
あの当時より未来はすすんでおりより現実味があり街並みは未来旅行の様でした
4dxでもみたけど観ると本当リアル
ストーリーも展開も面白かった
原作の方が人間味があるんだなぁと
他の実写モノには驚異だと思います
同じ作品と言う印象を与えながら映画の世界観がある
バトーはやっぱりいい奴
日本人には気づかないぐらい日本的なシーンも沢山あるんだと思う
これを超える実写は今の所ないと思う

フサフサフサコ
フサフサフサコさん / 2017年5月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

369件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi