武曲 MUKOKUのレビュー・感想・評価

メニュー

武曲 MUKOKU

劇場公開日 2017年6月3日
37件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

綾野剛

綾野剛の良さを最大限に生かした作品だと思う。重いテーマで辛いけど、俳優の良さが身に染みる作品。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

110本目‼︎ 結果 2人とも 救われたのかな? 小僧... 和尚...

110本目‼︎

結果
2人とも
救われたのかな?

小僧...
和尚に気に入られる程
剣道のセンスが
あったとしても
上達早くね?

snowball
snowballさん / 2017年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とてもよかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 高校の時に剣道部で2段を持っている。試合では勝ったことがないくらいの低レベルであったのだが、剣道にはあまりいい印象がない。今でも柔道をやっていればよかったと思っている。「当てっこ剣道」という言葉があるように、現代のスポーツ化した剣道には本来の「斬る」要素がないと言われており、オレもそう思っている。後に抜刀術を習って真剣で巻藁を斬ってみて、これだと思った。剣道では、勝っても負けてもどうでもいいというような気持ちにしかならなかった。自分より圧倒的に強い人と当たっても、「剣道が上手だな」としか思わなかった。自分の視野が狭いだけかもしれない。しかし、後に空手を習って強い人と向き合った時は「殺される」と思った。このように剣道に対して冷ややかな気持ちを抱いているオレが剣道をテーマにした映画を見てどう感じるのかに興味があった。

 大会で何度も優勝するようなハイレベルな世界が描かれていた。そんなハイレベルな選手が、アル中になって高校生の剣道部で無双で狼藉を働くところがとても面白く、ワクワクした。素人を高校生の剣道部の強い人がいたぶるのも面白かった。リアルに描かれていてとてもよかった。

 ただ、お父さんが自分が命をかけるのはいいのだが、トラウマを息子に残すのは親としてどうかと思う。アル中から抜けるお寺の場面は『フレンチコネクション2』のヘロインを抜く場面みたいだった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2017年7月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武道と殺人との境目

こんなに全身全霊で没頭した作品は初めてで、いい経験させていただきました。
汗は沢山かくし、見終わった時には全身痺れちゃう位力んで魅入る作品でした!

私自身弓道は経験がありまして、武道や禅の心得は剣道にも通ずるところがありました。

言い方は悪いですが、武道って元々は殺人の道具だった物を使うんですよね。
でも武道と殺人との境目はきっちり見極めなくてはいけなくて。
その境目を鮮やかに描いた作品だと私は思いました!

文句無しの五つ星!!

もも
ももさん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

近年まれに見る「クズ大人気なかっこいい」作品

へべれけになり、人間の底辺となった綾野剛が、男子高校生相手に、ガチの殺陣を繰り広げるという。

もう防具と関係ないところを竹刀でぶっ叩くは、素手でぶん殴るは、竹刀はへし折るはというクズっぷりが清々しすぎて笑ってしまいました(ほめ言葉)

このシーンのためだけでも、見る価値あります笑

kttm05
kttm05さん / 2017年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ポスターが酷すぎてスルーしていたよ、熊切監督作だったのね…。

熊切監督は鬼畜大宴会から劇場で観ていて好きなのですが微妙にガッカリする作品もあるし、今回は特にメインポスター(人気俳優と若い俳優の顔アップが縦に並んでる)がダサかったためテンション低めで行きました。
しかし、始まってすぐキュン死にしました。【注】ここでいうキュンとは変態としてのキュンです笑
出だしで心つかまれ、引きずりこまれたのち観客を不快、不安にさせる要素が散りばめられているのになぜかクセなる熊切世界に浸ります。
たゆたう不穏と鮮烈なる美しさ。
綾野剛のこれでもかっていうぐでぐでシーン多発は、いつまでダラけとるんじゃゴルァというイライラ感と共に、苦しみもがく有り様を永遠に見続けたいような恍惚感を私に起こさせます。
原作、脚本に監督の変態さから来る事象がプラスされ普通のスポ根モノ剣豪モノとして考えると多少異質な映画になってる気がしますが抗わずに浴びてほしいです(笑)

クレナイナラ
クレナイナラさん / 2017年6月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館まで足を運ぶ価値あり

キャストの演技に魅了された
ラストシーンからエンディングロールまでのリズム感も素晴らしかった

前田敦子の出演が浮いていました。他のキャストでもよかったのでは、ともおもいました

紀文のちーかま
紀文のちーかまさん / 2017年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議なアクション映画

原作は読んでいないが、映画の印象は70年代によくあったアメリカの良質なアクション映画を思わせる。戦うこと自体がモチベーションになるという点でロバート・アルドリッチの「北国の帝王」のようだ。あっちはリー・マービンとアーネスト・ボーグナインのむさいオッさん同士の殺し合いだから、綾野剛と村上虹郎の美しき男たちの戦いと比べられないように思えるが、戦いのモチベーションが同根なのだ。こういう映画が今の日本で作られるとは。
綾野剛は良い役者だ。映画の選び方がいい。ただし脇にまわると「64」のときのようにつまらないことになる。今後も今のスタンスで主演作を選べば得難いスターになる。
凄まじい戦いのあとのラスト、もう一度殺し合いではなく立ち会うふたりの姿が美しい。ふたりの剣道での立ち会いを、何のケレンもなく正面から捉えた演出が清々しい。暗い物語だがラストで光が射すのだ。

Toshi
Toshiさん / 2017年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少し、彼に期待していた

綾野剛は頑張っている感じはある。
しかし、いつも彼は脱ぐのか・・・・
尻をみせてばかりだなー
前田敦子の存在意義が今ひとつ(なぜ名前が前の方に・・・)
柄本明と吹雪ジュンが良かった。
若き剣士はそれほど?と思えないまま終わったのは残念。

シネパラ
シネパラさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

決闘の後が急ぎすぎの気も。

嵐の中の決闘の後の流れが、ちょっと詰め込みすぎな感じがしてえっ、もう?って思うところがあったので3.5。

原作読んでないですが原作の方が描写は丁寧なんだろうな、と思いながらみておりました。

役者さんの演技は全体的にとても良かったです。

虹郎さんには是非大きくなってもらいたいものです。
綾野さんは、やっぱり素敵な男優さんだなーと。
私の周りにはなかなか魅力が伝わらないのが残念です(^^;

みき
みきさん / 2017年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スクリーンからほとばしる気迫。クライマックスを目に焼き付ける

圧倒的な画力。綾野剛と村上虹郎の10分間にわたる豪雨の中での決闘。スクリーンからほとばしる"気迫"。このクライマックスを目に焼き付けるために構成された映画だ。

"殺人剣"と呼ばれる剣道の達人を父に持ち、その父に育てられた"研吾"(綾野剛)。対して、剣道初心者でありながら、本人も気づかない天性の才能を持つ高生・"羽田融"(村上虹郎)。2人の心のつばぜり合いが、スパークする。

本作は、鎌倉を舞台にして剣道の心を描く映画である。主演の綾野剛は、体脂肪率を7%まで絞り込み、剣道世界チャンピオンとの2カ月にわたる特訓をしたという。近年、肉体美はライザップで買える時代だが、それを実用的に使う"美"がここにはある。

原作では、"研吾"(綾野剛)自身が、高校生・"羽田融"の天才性を見出すが、本作では"僧侶・光邑雪峯"に変更されている。光邑役の柄本明のポジションを活かすためと考えられる。それによって、"剣"(武士)、"鎌倉"、"禅道"というエレメントが有機的につながるのだが、"羽田融"が剣道を始める動機をはじめ、設定が部分的に破綻しているのが少し残念。

熊切和嘉監督と綾野剛は、「夏の終わり」(2013)以来のタッグになる。熊切監督は「私の男」(2014)で、モスクワ国際映画祭の最優秀作品賞を受賞しつつ、浅野忠信に主演男優賞をもたらしたが、今回の綾野剛の凄まじい演技も、これから評価されるだろう。

さて一方の村上虹郎は、昨年、柳楽優弥の演技が絶品だった「ディストラクション・ベイビーズ」(2016)に、柳楽の弟役で出演していた。積極的に作家性の高い監督作品に挑戦している村上だが、歌手UAの息子。目元からして母親にチョー似ている!

今をときめく菅田将暉が、綾野剛主演作品である「そこのみにて光輝く」(2014)をきっかけに注目されたように、この作品における村上虹郎の凄みにも、"綾野効果"が波及するかもしれない。

そしてその2人を支えるのが、共演者たちの"本気"である。小林薫、風吹ジュン、柄本明の安定度バツグンの演技がバックグラウンドを強固にしている。元AKBの前田敦子も出ているが出番が少ない。彼女も役を拾っているんだなぁと苦労を察したりして・・・。

セリフのない剣士の対峙を描いているため、映像と同じくらい音が重要なポジションを占めている。本作の音楽は、"あらかじめ決められた恋人たちへ"(←これがバンド名)の池永正二が担当している。熊切監督とは大阪芸術大学卒つながりだったりするだが、若手監督と組むことが多く、同期には山下敦弘監督もいて「味園ユニバース」(2015)の音楽も担当している。

(2017/6/9 /ユナイテッドシネマ豊洲/シネスコ)

Naguy
Naguyさん / 2017年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンプルかつストレート

剣で語り合う、なんて言葉にしたら安っぽいけど、矢田部と羽田の関係がうらやましいと思った。

spring
springさん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綾野剛!!

キャスティングで星4つ。

綾野剛のダメ男っぷり、
村上虹郎の目ヂカラ、
脇を固める柄本明や小林薫の演技も
流石でした。

主人公矢田部についてはよく描写されていたと思うけど、
羽田の感情がよく読めないところがあった。
あとは、蛍の演出が好きじゃなかった。

でも、

2人の決闘のシーンなどは
迫力があって、
邦画では久しぶりに映画館で観て良かったと思った。

123
123さん / 2017年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説は、超えないなあ

脳に入るイメージと視覚の違いかな?
綾野剛の鍛えられた身体は、素晴らしい
村上虹郎もいい目だ。
前田あっちゃん少なかったなあ。
パンツみれて良しとします。^_^

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平凡なストーリー

ストーリーは、もういままで何度となく見て来た内容で今更という感じ。
綾野さんはワンシーンの為にあれだけの肉体を作ったのか? 凄い努力です。
役者さんは皆上手です。

たか
たかさん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酩酊する演技の難しさよ

前回の河瀬直美監督の「光」に続いて
「喪失からの再生」をテーマにした本作。

「怒り」で見事に
ゲイの役を演じていた綾野剛が
どういったカメレオンぶりを発揮するのか。
楽しみにしていたのだが。

うーん。頑張っていたと思うが
新たな綾野剛を発見!とまではいかなかった

「悲しい過去→酒→自暴自棄」の
不幸スパイラルはこの手の映画では
いわば、ありがちな設定。

となるとその挫折っぷりが
どれだけ共感を呼べるかに尽きるのだが。

つくづく「酩酊する演技の難しさ」を感じた。
そこが白々しいと人生の喪失に
説得力がなくなるから。

前田のあっちゃん。
シーンが少ない割に爪痕は残せてたかな。
なかなかの汚れ役。でもやっぱりまだ、
「元AKB」という定冠詞がつく。

柄本明。さすがの柄本明。
年とともにしゃがれてきたあの声がいい。
志村けんとコントをやってたかと思えが
深みのある渋い演技もできる。
貴重な役者さんだなと思った。

小林薫。かっこいいです。
いい俳優さんなのに。
ダメな父親になっていくまでの
見せ方が弱かったかな。
これは演出の塩梅。

今回の映画の一番の「めっけもん」は
村上虹郎。
ほとんど知らなかったが
UAの息子さんやねんね。
みずみずしい演技というか
ほとばしる演技というか。
それが主人公と合致して
妙に説得力があった。

昔見た「GO」で初めて
窪塚洋介を見つけた時と
同じような感覚。

なんか「惜しい」映画だった。

だいきつ
だいきつさん / 2017年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊迫感あふれる再生物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

酒におぼれ自堕落な日々を送る矢田部(綾野剛)。まるでシャブ中のようなナリだ。それは、わが手で父を植物状態にした責めによる後悔の果てかと思っていた。だが、実はそこには、父に対する感情を把握しきれない葛藤があった。「憎しみ」なのか「好き」だったのか。劇中、それを光邑(柄本明)に指摘されて思い悩む矢田部に、心を乱された。それまでただのクズにしか見えなかった矢田部が、自分の運命に悩み苦しむか弱き一人の男に見えだしてきたからだ。
そこに、まっすぐな若者羽田が現れて(と言っても光邑の仕掛けなのだが)矢田部の迷う心を激しく叩く。ふたりの丁々発止に息をのむ。剣道の対決シーンの切れ味がすごい。
ラスト、別人かと思わせる綾野剛の演じ分けに感服。そして、父の思いを知った矢田部の涙に、思わずもらい泣きをした。
結局、すべて先まで読み切っていた光邑のシナリオ通りだったというわけだが、そんな坊さんを柄本明は見事に演じていた。

村上虹郎も見るたびよくなっていく。なぜか目が離せない雰囲気がある。
原作は未読だが、天才的剣道センスを持ち合わせた羽田がラッパーだという設定に、はじめ違和感があった。しかし、運動神経やリズム感、言葉を感じる感性など、なるほど、心技体を体現する剣道という競技にもってこいだわ、と唸った。

栗太郎
栗太郎さん / 2017年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勝敗や生死を超えた境地へ

綾野剛の酒浸りのダメ人間の演技が良かった。村上虹郎もほとばしる若さとエネルギーを見事に画面に焼き付けている。両者とも剣道経験者だからだろうか、二人の果し合いは緊張感あるカットの連続。勝敗や生死を超え、鑑賞後は爽やかな気持ちになった。良作。

つなやん
つなやんさん / 2017年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔、白黒映像の時代、市川雷三の剣を思い出します。剣道世界選手権の日本と韓国の団体戦決勝、栄花選手の突きがベースにあるとの事、鎌倉の歴史感と剣の教えが融合し見事に表現されていた。柄本さんの立ち振舞いと防具の着装は素晴らしい。

双子
双子さん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかの予想通りの最後

綾野剛の演技を凄いと捉えるか過剰と捉えるか、かなり難しいところ。
設定や筋などには大いに興味を覚えるけれど、絵とか演技が好きになれない。
前半は手持ちのカメラで過剰に駄目人間を捉えて、後半はそれを全く真逆にしているという意図は分かるけれど、それが果たして絵づくりに反映されているのか懐疑的。前後半の差を演技では明示できても、絵そのものでは表現できていなかったと感じた。
照明においても、工夫しているという意志は感じるけれど、表現としてはどうなのだろうという場面が散見された。
音の表現においても工夫というか気配りを感じた。題名に関連した語が含まれているだけあって、こだわり抜いたであろう音の表現には共感した。
全体的にレトロな印象。個人的な好みでいうと、嫌いな古臭さであったわけで、なかなか感情を投影させて見ることができなかった。後半に向かうほどに展開が読めて、終わりのカットはほぼ想像できた。想像できても、重要で最も拘らなければならないところ。しかし…
正直、あまりいい映画には感じなかったけれど、綾野剛には心からお疲れさまと言いたい。

SH
SHさん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

37件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi