ヒロシマ、そしてフクシマ
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒロシマ、そしてフクシマ」
メニュー

ヒロシマ、そしてフクシマ

劇場公開日

解説

広島に原爆が投下された1945年8月6日以来、被爆者の治療や反核活動を続けてきた96歳の肥田舜太郎医師の闘いを追ったドキュメンタリー。戦後65年にわたって広島や長崎の被爆者を診療するうちに内部被曝の恐ろしさを知り、その危険性を世界に向けて訴え続けてきた肥田医師。「核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝」のフランス人監督マーク・プティジャンが再び肥田医師に密着し、福島原発事故の被災者たちが暮らす町での活動や、沖縄での講演会の模様を取材。平和で核のない日本の未来を願う肥田医師が、歴史から何も学ぼうとしない体制に向けて警鐘を鳴らす姿を映し出す。

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本・フランス合作
配給 太秦
上映時間 80分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全1件)
  • 興味深い内容 あくまで個人的な視点で捉えた社会ドキュメンタリー。それゆえにテレビでは見ることができない事柄が多く含まれており、映画として発信する意義を強く感じる。ただ流されるもの全て盲信すべきではないとも感じ... ...続きを読む

    SH SHさん  2016年3月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヒロシマ、そしてフクシマ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi