ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーのレビュー・感想・評価

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

劇場公開日 2016年12月16日
559件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

一本の映画として卓越した強度と志しを持った傑作SF ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スピンオフという位置付けでは勿体ない。一本の映画として、本流にも負けない強度と志しを持った作品だ。ここには我々がよく知る“スター・ウォーズ史”に名を刻んだ輝かしい偉人や英雄など誰もいないが、代わりに名もなき者たちの命がけの戦いがある。一般の観客から見れば知名度も抜群とは言い難い国際的俳優らを散りばめ、彼らが一つの使命を“たすき”で繋ぐ。まるで『七人の侍』たちが一人、また一人と散っていくような、映画史的には王道とも言えるプロットではあるものの、だからこそ我々は、たとえ膨大なSWの知識を持ち合わせていなくても、今この瞬間、彼らの表情、演技、戦いにグッと心を重ねることができるのだろう。クリス・ワイツとトニー・ギルロイという過去に大作シリーズで躓いた経験を持つ者たちが手がけた脚本にも負けられない意地と「この物語を伝えたい」という熱い思いが透けて見える。特に主人公らが見上げる空、「誰か受け取ってくれたかな?」というセリフが秀逸。その答えは歴史が、世界中が如実に証明している。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 11 件)

気になるひとはみんな観たらいい。

気になるひとはみんな観たらいいと思う。そうやってみんなでやいのやいの言うのが「スター・ウォーズ」のようなお祭りムービーのあり方ではないか。

個人的には、反乱軍は反乱軍なりに(任務のための殺人とか)えげつない工作活動をしてるのが見て取れる前半が、そりゃのっぴきならない事態なのだからそれもあるよなあ、「善のフォース対ダークサイド」みたいな単純な構造だけじゃないよなあと新鮮だった。

が、シリーズのファンと言えるほど強い思い入れがないせいで、ここはグッとくるんだろう、これはファンならたまらないんじゃないかと頭で考えても、全身がうち震えるような体験にはならなかったのが残念。

むしろツッコミを入れたくなる要素は多々あって、でもそれも含めて楽しんだし、ギャレス・エドワーズのSW愛は溢れんばかりに伝わってきた。熱狂するほどには自分にはフォースが宿っていなかったが、みなさんにはフォースが共にありますように。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

芳醇なハリウッド映画の新たなるレガシー。

かつて見た、遙か宇宙の彼方で繰り広げられる独裁軍VS反乱軍の戦争へと回帰させる新たなストーリーは、「エピソード4」に繫がる父と娘の固い絆と、自由で平等な宇宙、すなわちこの大地を目指す青年兵士たちのイノセントな情熱を土台に、全世代を取り込んで「スター・ウォーズ」の原点へタイムワープするかのよう。「S.W」の原点とは、つまり、登場するキャラクターが生身の人間として息づき、漆黒の宇宙をバックに展開するスペースウォーズのダイナミズムが画面を埋め尽くすことを意味する。そんな実は決して簡単ではない難業を、本シリーズ開始直前に生まれたギャレス・エドワーズが成し遂げたことに感心する。今からでも遅くない。シリーズ屈指の名編と称えられる「帝国の逆襲」に痺れた旧世代、連打される昨今のイベントムービーに早くも食傷気味の新世代共に、ハリウッド映画のレガシーがいかに芳醇であるかを、その目で再確認して欲しい。

MP
MPさん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

繋がった

最後何か色々湧き出てきて涙が出ちゃいました

平ー
平ーさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

繋がった! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

後半がどんどんエピソード4に寄ってきて、生まれて初めてスターウォーズを見た時の衝撃と感動を再体験する感覚だった。そして大好きなスターウォーズの初作の更にベースを知れた満足感がすごい。まさに、ローグワン!

反乱軍がまだ荒削りで粗野で決断力に欠く集団だが、だからこそ、今後ジェダイ騎士の要となる「フォース」を可視化したような画があったり、「大義」のためにそれぞれが活躍しつつ犠牲になって散りゆく殉職が本当に切ない。現実社会の平和への想いがより一層強くなる。今までのスターウォーズでは組織、家族の繋がりに重きを置いていて、今回初めて、「集団の中の個」にも焦点が当たり、戦闘の設定だからこそ、個々が感じる葛藤や恐怖を乗り越えて命を懸ける強さが浮き彫りになって、「平和」のテーマもあるのかなと思った。

エピソード4-6では、組織に親子の血の繋がりが負けてきたが、エピソード3.5にあたる今回は勝てたのも良かった。勇敢な父娘の遺志と、沢山の命を使ってスカリフで手に入ったデススターの設計図(ファイル名、スターダストの複数の意味もまたツボ)=希望が、ラストシーンのレイアを経由してR2D2に保存されていたんだと思うと、エピソード4を見た時に受ける重さが増す!

エピソード2で足をぐるぐる巻きにして倒すイグアナみたいな戦車がまた出てきて、倒し方が少し進歩していたり、オマージュ満載でとても楽しかった。
ライトセーバーの元が鉱石であることも初めて知った、欲しい!

hamacco
hamaccoさん / 2017年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピンオフ作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アナキン・スカイウォーカーがオビワン・ケノービに倒された後、死にかけのアナキンに生命維持服を着せた皇帝。そのまま、帝国の幹部「ダース・ベイダー卿」として中途採用。

そんな帝国が、デス・スターを建設しようとしていて、科学者を中途採用している。本作は、帝国によるデス・スター建設、デス・スターの設計図を盗み出す反乱軍、科学者の娘が帝国から父親を奪還しようとする話。

序盤でいきなり、ジェダイの神聖な寺院があるジェダの街が、完成度の確認のためのデス・スター試し撃ちで消失。そこの僧侶?が仲間になるんだけど、どう見ても座頭市。レーザー銃の雨の中を、避ける避ける。そこだけちょっと違う世界観。

最後には、みんなが知ってるように、レイア姫に設計図が渡り、帝国領から逃げるんだけど、話に矛盾がないように、レイア姫以外のキャラは皆死にます。だから、観なくても良いかも。

カッコよかったのは、、、
反乱軍の艦隊が、突然ワープして帝国領に出現してくるところ。帝国軍がビックリして慌てふためくところも。その後、ダース・ベイダー卿が反乱軍のワープ航行の軌道上にワープしてきて、脱出阻止するところも。そこぐらいかな。

@Fxxk4ever
@Fxxk4everさん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめた。

いわゆるヒーローはいないけど、実に楽しめた。
しかし、宇宙を行き来やシールド展開するテクノロジーあるのに、やたらとレバーが多いのが謎(笑)

bucobuco707
bucobuco707さん / 2017年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろい!

昔からスターウォーズ好きですが、初見の感想はシリーズ最高でした。
ただし、長年スターウォーズファンをやってる人でないと逆に1番つまらないかも。
ファン歴で評価が全く変わる作品な気がする。
新規のファン向けというよりは、昔からの既存のファン向け作品かな。

abc def
abc defさん / 2017年8月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぶっちゃけ、面白くない。

これ、スターウォーズだから評価高いけど、映画としてはどうなの?

設計図を取りに行く作戦行動がよく分からないし、
戦闘シーンも何が起きてるかよく分からないし、
カッコよくないし、
忍び込む時の敵の防衛はザルだし、
なんか無駄に湿っぽいし、

ぶっちゃけ、面白くなかった。

あ、ジーン(フェリシティ・ジョーンズ)って、インフェルノのヒロイン役してた娘なんだね。

サケビオース
サケビオースさん / 2017年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん…

たまにグッとくるシーンもあったけど、なんだかなぁ、やっぱり物語ありきな作品てなかなか面白くしづらいんだな、と。
個人的にはマッツとドニー、ウィテカーに期待して観たけどあの扱いじゃ役者が可哀想だと思う。
登場人物達の輝きと魅力が不足してる。
もっと魅せる脚本と惹きつける演出出来るんじゃないの?
過去の作品へオマージュを捧げているであろう箇所がちらほらあったけど、いやそれ愛じゃないし、届かなかったし…

ダイ
ダイさん / 2017年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

S.W.の世界観を借りた別物

エピソード1で心を掴まれ、
それなりのファンとして全作品を観てきました。
率直な感想は「すんげーつまんない」。
いろいろ言いたいことはあるけど、少なくともこの作品を観て
「スターウォーズってこんなに面白いんだ!」
ってなる人はあんまいないんじゃないかな…。

mar
marさん / 2017年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3.8

すごくワクワクした。
戦闘シーンも迫力あるし、かっこいい。
やっぱりぼくはスターウォーズ好きだなと改めて思った。

終わり方が切なくってすごくよかった。
散り際の美学というか、すごく感動した。

よかった!

onaka
onakaさん / 2017年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小さなフォースを感じ劇場へ

年末劇場で心が折れて、劇場へ行かなくなり上映打ち切り直前行って後悔した作品です。私があんな映画を観てしまい ローグワンに申し訳ない。私の責任ですけど。そして打ち切り寸前にも関わらずグッズがまだ沢山あったのです。何故買わなかったのか…ただただ悔しいです。劇場で1回しか観ていませんので、初回限定のBlu-rayを購入し字幕と吹き替えを合わせて20回は鑑賞しています。

ファントムメナス以降次作2回観ていましたが、歳いったのかな?眼が悪いのか?ドロイドに複数手があったかと思います。ビームの量も多すぎてサーベルブンブン高速で一体何をしているのか分かりませんでした。ストーリーにもついて行けずリタイヤ致しました。

フォースの覚醒は観ていません。 オレンジ色のサッカーボール2個が回っている観てくれ「俺の最高傑作ドロイドR2-D2」主張が激しすぎて下品なデザインです。色彩でオレンジを使い形状も誇張するものです。予告の時点で観る意欲は無くなりました。C-3POは色彩は金色で派手ですが、形状は地味です。

さて本題ですが、予告だけで観てみようかな?何か秘めているぞ!この作品。不思議な縁というかフォースを感じました。
驚いたのは、冒頭からです。スターウォーズという作品誰もが一度は耳にした事があるメインテーマでは無いでしょうか。しかし冒頭に無いのです。

マンネリと言ってる人冒頭の時点で映画ちゃんと観ていないのが分かりますね。惰性で鑑賞か観てるのかも怪しい。そんな人も多いですよ。

そしてもうお亡くなりになられた故人を最新のCG技術でバトンを渡すために使用し何回も気が狂う程の努力と作業で再現しているのです。

まず俳優陣の演技力が一流ですし、ヒロインはもちろん誰を誉めて良いのか分かりません。各自の能力や個性は素晴らしいです。これはキャスティングが本当に良いからですよ。

ドロイドや異星人も全く嫌味がなく頭にすんなりと入ります。K2-SOは色はとても地味なのですが、しかし大胆なフォルムで大きく目立ちます。本当にデザイナーさん達の努力が生んだ結晶でしょう!性格もユニークで個性的で素晴らしいと私は思いますよ。

反乱軍は大きなフォースを持っていません。どちらかというと各自の願いです。各自の小さな希望が集合し巨大な帝国軍と戦う力となるのです。見事なまでに初代スターウォーズにバトンが渡るのです。

初期に出てきたキャラの色違いも出ますし涙ものです。思い出深いので。まぁこれ以上は言えません。

ギャレス・エドワーズ監督はスターウォーズマニアです。好きで好きで仕方ないのです。だからこそ初代スターウォーズ作品の尊敬の念・ジョージルーカス監督に対して尊敬の念が強いです。
だからこそ素晴らしい映画が出来るのです。ありがとうございます!と言いたいですね。

サバゲ
サバゲさん / 2017年7月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スターウォーズファンには新鮮

ただ、こだわりのない鑑賞者には終わった物語の前日譚であり、正直なところ「また作ったのか?」と言うイメージであった。
メインストリートから洩れた物語を拾い出してお金をかけた物語としか思えない。
今作のヒロインは経緯から少々野性味溢れる強烈な個性を剥き出しにしており、インパクトはある。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年6月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズで一番好きかも

ベイズとチアルートの関係が本当に好き。
多くの犠牲あっての設計図入手。エピソード4をもう一度見たくなりました。

ぁぃか
ぁぃかさん / 2017年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

確かに最高。

「スターウォーズ史上最高傑作」と宣伝されていました。
確かにそうかもしれません。個人的にはエピソード6の方がいいですが、
スターウォーズの中では一番人間ドラマの濃い作品でした。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピンオフと知らずに観た

歴代シリーズのストーリーは全て観ていたが、内容をよく覚えてなかったが、鑑賞には影響はさほどなかった。細部までわかっていると、もっと楽しめたと思う。

スミちゃん
スミちゃんさん / 2017年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクティブに動くベイダー卿に感動

アクティブに動くベイダー卿に感動

yusuke
yusukeさん / 2017年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダースベイダーかっこいい〜 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エピソード4と綺麗に繋がってもう、素晴らしいしかない!ローグワンのメンバーが命を懸けてレイアに届いた設計図だったと思うと、泣けてきた…
本当にSTAR WARSは最高だね〜
やはり、ダースベイダーがかっこいいな〜〜 ライトセーバーをブンブンと振りまわす姿がなんといってもかっこいい〜!存在感も素晴らしいね!

あとR2と3POも一瞬だけどサプライズ登場したのは興奮しちゃった❤️

CO-MYV
CO-MYVさん / 2017年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかのドニー・イェン

正直言って、スター・ウォーズに感激したのは1作目のみ。
回を重ねるごとに感動は薄れ、白けてきた。
今回のこれも序盤はマンネリで、状況もよく分からなかった。
ウトウトしかけたときに現れたのが、まさかのドニー・イェン!
一気に目が覚めた。
ひときわ異彩を放ち、程良くスパイスを利かせてくれた。
その後もどこかで見たようなシーンの連続だったが、
最後にストンと一応落ちた。
最近の本筋よりは、ずっと楽しめた。

みみず
みみずさん / 2017年5月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

559件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi