ハイ・ライズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ハイ・ライズ」
メニュー

ハイ・ライズ

劇場公開日

解説

トム・ヒドルストン主演で、「太陽の帝国」「クラッシュ」で知られるSF作家J・G・バラードによる長編小説を映画化。フロアごとに階級が分けられ、上層階へ行くにしたがい、富裕層となるという新築タワーマンション。このコンセプトを考案した建築家アンソニーの誘いで、マンションに住み始めた医師のロバートは、住民のワイルダーと知り合い、マンションの中で起こっている異常事態を知ることとなる。「マイティ・ソー」シリーズのロキ役で知られるヒドルストンがロバート役を演じるほか、「ドラキュラZERO」のルーク・エバンス、「運命の逆転」のジェレミー・アイアンズ、「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラーらが出演。監督は「ABC・オブ・デス」「サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド」のベン・ウィートリー。

作品データ

原題 High-Rise
製作年 2015年
製作国 イギリス
配給 トランスフォーマー
上映時間 119分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全32件)
  • 好き嫌いは分かれるが、唯一無二の個性を持った映画ではある J.G.バラードのSF小説を映像化するにあたり、ベン・ウィートリーを監督に起用するという選択肢を誰が想像しただろう。しかしこの異色作と異色監督の相性は相当良かったらしく、斬新なビジュアルの中に危... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年4月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 上昇志向の無意味さ バベルの塔の逸話は人間の思い上がりへの罰とされるが、その元である上昇志向を問題としているのではないか。神の前での平等により認め難いという事情もあるだろうが。資本主義は、市場での自由競争により上昇... ...続きを読む

    ひろち ひろちさん  2017年10月29日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 難解だが、かなり意味深い 富裕層と貧困層の対立軸を元に描いている。経済格差で停電し、暴動が発生し、また、秩序が形成される。まさに資本主義経済の縮図である映画だ。 ...続きを読む

    素子 素子さん  2017年10月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ハイ・ライズ ハイ・ライズ ハイ・ライズ ハイ・ライズ
ハイ・ライズ ハイ・ライズ ハイ・ライズ ハイ・ライズ
2017年2月28日 2017年2月9日 2017年11月15日 2017年2月8日
¥400 ¥400 ¥432 ¥400
iTunes Google Play DMM.com dTV

他のユーザーは「ハイ・ライズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi