ロボとミリ
ホーム > 作品情報 > 映画「ロボとミリ」
メニュー

ロボとミリ

劇場公開日

解説

「かぞくのくに」「夏の終り」などの作品でプロデューサーを務め、「アレノ」で自ら監督デビューを果たした越川道夫が、映画仲間とともに2011年に撮り上げたSFラブストーリー。東日本大震災直後の11年4月、節電のために暗くなった夜の渋谷の街で撮影された自主制作作品で、俳優たちの即興芝居を撮影し、各シーンの演技や撮り方を全員で話し合いながら決めていったことから、監督名義は個人ではなく「muttnik」というバンド名になっている。大地震の後で暗い街になった渋谷を舞台に、帰る場所をもたないデリヘル嬢のミリと産業廃棄物として捨てられたロボットが出会い、共に過ごす一夜を描いた。15年、「アレノ」公開にあわせたレイトショー企画で劇場初上映。

スタッフ

監督

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
上映時間 77分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • 映画? こんなもん映画として、上映して、カネをとろうとする越川道夫が詐欺師や。アホらし。 ...続きを読む

    アドラーレ アドラーレさん  2016年2月19日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ロボとミリ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi