オーバー・フェンス
ホーム > 作品情報 > 映画「オーバー・フェンス」
メニュー

オーバー・フェンス

劇場公開日

解説

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」の原作者・佐藤泰志の芥川賞候補作を、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら豪華キャスト競演で映画化。「苦役列車」の山下敦弘監督がメガホンをとり、原作者が職業訓練校に通った自身の体験を交えてつづった小説をもとに、それぞれ苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出す。妻に見限られて故郷・函館に戻った白岩は、職業訓練校に通いながら失業保険で生計を立て、訓練校とアパートを往復するだけの淡々とした毎日を送っていた。そんなある日、同じ訓練校に通う代島にキャバクラへ連れて行かれた白岩は、鳥の動きを真似する風変わりなホステス・聡と出会い、どこか危うさを抱える彼女に強く惹かれていく。

スタッフ

監督
原作
佐藤泰志
脚本
高田亮
撮影
近藤龍人
製作
永田守
製作統括
小玉滋彦
余田光隆
エグゼクティブプロデューサー
麻生英輔
企画
菅原和博
プロデューサー
星野秀樹
アソシエイトプロデューサー
吉岡宏城
佐治幸宏
米窪信弥
キャスティングディレクター
元川益暢
ラインプロデューサー
野村邦彦
撮影
近藤龍人
照明
藤井勇
録音
吉田憲義
美術
井上心平
編集
今井大介
音楽
田中拓人

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 112分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

絶望と倦怠がのしかかる、しかし不思議なほどすがすがしさを感じる三部作最終章
オーバー・フェンスの映画評論・批評

佐藤泰志といえば地方に暮らす庶民のどんづまりを描き続け、名声を手にする前に自死を選んだ悲劇の作家だ。先だって映画化された「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」が、神がかった傑作に仕上がっていたことで再注目を浴びた存在でもある。「オーバー...オーバー・フェンスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全59件)
  • ●やるせなさの向こう側。 佐藤泰志の作品は、なんだかやるせなくなる。けど、引き込まれるのだ。その独特な世界に。静かに、ひとり葛藤しているというか、いつまでも小さな傷が治らないというか。そんな小さな傷を持った者たちが出会い... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年12月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • なんかやるせない気持ちになります ネタバレ! 自由になりたい、思い描く自分になりたい、でもなれない。でもそこからもがこうとはせずになんだかんだ言いながらもフェンスの中に閉じこもってしまうというタイトルの意味はリンクしてて伝わりました。特にさ... ...続きを読む

    パセリ パセリさん  2016年11月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 壊れてるか壊すか 1つ1つ大げさに見えるけど合わせるとすんごいリアルだった。どこかで見たことある光景が散りばめられていた ...続きを読む

    ∢∾∾ℍ⊛₤℮₥∢п ∢∾∾ℍ⊛₤℮₥∢пさん  2016年11月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「オーバー・フェンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi