オーバー・フェンスのレビュー・感想・評価

オーバー・フェンス

劇場公開日 2016年9月17日
82件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ただ退屈な映画

冒頭から退屈で、ありきたりな会話で、下手な演技ばかりで、映像の工夫もない、邦画がダメな典型みたいな映画だ。現代を捉えてようが、リアルだろうが、面白くなければ映画じゃない。ドキュメンタリーでたくさん。
蒼井優がうまい。それだけの映画でしかない。

cats eyes
cats eyesさん / 2017年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありふれた奇跡

多くの人が今日も過ごしたであろうありふれた日常、誰もが一度は身を置いたであろうささくれた日々、そういった平易なシーンを淡々と描いています。
人によっては物足りないと感じる映画ですが、今日を生きるためにこういったものを必要とする人も間違いなくいるだろうなと思った。

作中に登場する人物には善人も悪人もいない。みんな何%かは正しいし、何%かは間違ってる。特別な希望もなければ、凄惨な絶望もない。それが我々が今いる日常で、おそらく製作者が言いたかったこと。
「特別にならなくていいんだよ」と。

ただ最後に一つだけささやなか奇跡が起こります。それこそが二人の未来を繋ぐであろうオーバー・フェンスでした。

Sinc.
Sinc.さん / 2017年10月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 単純 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

over the fence

暑い函館の夏 閑散とした街中と海岸沿い 函館弁 その一角にある職業訓練校の社会不適合だがまあまあいい奴ら達 最初塀の中かと思ったら職業訓練校だった
ホームランを打てばフェンスを越えていける しかし誰もがホームランを打つことはできない ホームランは特別なことでなくてもいい 自分の内面に起こる小さな変化をホームランと呼ぶことも出来るのだ

Shuhei
Shuheiさん / 2017年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダチョウ

蒼井優の演技お見事。
でもあんな女いやだ。

カイギョーイ
カイギョーイさん / 2017年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鈍感はギフトか

大人はみんな何かしらの荷物を担いでいる。
その荷物が重い人たちが職業訓練校に集まり、少しでもいいから捨てて楽になりたのだが、逆に重くなり壊れてしまう人も現れる。
オダギリジョーと蒼井優が主役だが、二人とも痛々しい。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年6月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪くない

まあまあかな。俳優は魅力的で、面白い雰囲気ある映画なのですが、淡々とした日常の一部分を切り取ったような盛り上がりない映画でした。好みは別れるかなと思います。
蒼井優は、流石!の演技力なのですが、なぜ、裸でごしごし洗っているのか、理解できず、ちょっと消化不良な感じです。

モロッコガール
モロッコガールさん / 2017年6月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

喜びと絶望。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

佐藤泰志の三部作最終章は、前二作と比べてほんわかしている。
冠文句に「絶望」の文字が必ず刻まれている暗い重い切ないを
体現させる内容には違いなくても今回の恋愛は主演二人の得意
な演技が映えてとても観やすい。漫然と暮らす男に情緒不安定
な女が絡んで日々の生活を喜びと絶望の境地へ導く。誰しもが
抱える過去を大仰に見せびらかす訳でもなく、なぜそうなった
のか詳しい説明もなく、だって人間は表面から見せて近づいて、
奥底まで見せないうち相手と通じ合い、ぶつかり合ってやっと
本性を見せ始めるものなんだからと言っているよう。面倒だか
ら関わらない人生を選ぶか、面倒でも喜怒哀楽に満ちた人生を
選ぶか。ラストの清々しさが心地よく単純な場面で彼らを結ぶ。

ハチコ
ハチコさん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

オダギリジョーの横顔

まだ見ていない方への参考としてですが、物語は淡々と進んでいく感じで何かすごい事が起こるわけでもない、内容こそ違いますが「永い言い訳」や「ゆれる」などのようなリアルな日常を描いた映画のように思います。
ジャケットから連想するような恋愛映画ではありません。キュンキュンを求めている方は注意です(笑)

感想ですが、とても良かったし、役者さんがみんな素晴らしかったです。
オダギリジョーさんが若い女の子に言い放つセリフの横顔のシーンとか最高すぎました。

みんなが何かを抱えている、壊れているのはどちらか、他とは違うという孤独感や疎外感。そんな事を感じながら観ました。

K
Kさん / 2017年5月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

女優魂

ここしばらく観てきた映画の中では、難役という点では最右翼のヒロインではないだろうかと思った。蒼井優の女優魂、これに尽きる感じがする。典型的な躁鬱気質のキャバ嬢であるが、本人も言うとおりまさにぶっこわれた、そして極めて激しい恋情、感情を持つ、もはや手のつけようがない女性である。この凄演に感化されたかのようにオダギリ、松田、満島、そして優香までが怪演の連続。久しぶりの、俳優を観る映画だと思った。

シンドラーの手帳
シンドラーの手帳さん / 2017年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジム・ジャームッシュを待っている ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作、佐藤泰志(作家ありきの企画だとおもうので、かなり作家寄りの感想です)。

他に映画化されたものに『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』。「社会の底辺で必死に生きていく若者たち」「地方都市の閉塞感」に光をあてる…みたいな映画とされている。それにずーっと違和感あった。

佐藤泰志の小説全て読んでるが、底辺感ってまるで感じない(あくまで個人的な感想です)。
お金は無いが、ジャズ喫茶とプールと映画館に通う若者たち。登場人物達は、トリフォーを語り、ビクトル・エリセに感動し、パゾリーニをバカにし、ジムジャームッシュの新作を心待ちにしている、けっこうなシネフィル…そんな設定であることが多い。
そういう人を底辺だねと安易に同情したら、逆にバカにされそうでもある。あえて規範外に身を置いているんだという心意気(それこそジャームッシュ的な)すら感じる。

「底辺」とか「地方都市の閉塞」とか、たとえ自身で感じていたとしても、他人からは間違ってもそう思われたくない。可哀想と同情されたくない。共感を寄せても「お前に何がわかるんだ」という頑なさがある。

私が、佐藤泰志に心動かされるのは、その、頑なさ。
人に寄り添っているようで、いつも距離がある。
頑なさと共鳴の間で、チリチリと爆発を待っているような何か(怒りなのか、希望なのか、何なのかはわからないが)。
だからこその青春小説ではないかと思う。

あくまで個人的な感想だが、『オーバーフェンス』は、佐藤泰志らしさが、色濃く感じられた映画だった。


ほぼ逆光で撮られたオダギリジョー(ちゃんと光を当てて撮られた女優達との対比が面白い)。
充分な光量で撮られた彼のカットは、怒って頑なになって反発している時だけ(2シーンだけ)。
その他は曇天にまぎれている。

反発しながらも、何かを待っている。何かを求めている。ホームランなのか、蒼井優なのかは知らないが、何かを待っている。チリチリとしながら何かを待っている。とても佐藤泰志らしい映画だと思った。


追記1:オダギリジョー、松田翔平、松澤匠らの、良い意味でのウソっぽさ、フィクションぽさ、安っぽさ、カッコ良さがとても良い。
かつて、文芸評論家の江藤淳は佐藤泰志を「日活映画のアクションもののような安っぽさ」と評した。私はその安っぽさフィクションぽさが長所であり短所だと思う。
ちなみに丸谷才一は、「若者たちに寄り添ひながら、しかしいつも距離を取つてゐる」のがとても良いと佐藤を評している。
「チリチリした怒り」と評したのは確か遠藤周作(これに関しては読んだのが昔すぎて記憶違いかも)。

追記2:佐藤泰志と親交のあった福間健二氏の書籍「佐藤泰志 そこに彼はいた」、すごく面白くてナルホドと思った。

追記3:佐藤泰志に関するドキュメンタリー映画『書くことの重さ』。知ってる人が出てたので、公開時に観たが。低予算とはいえもう少し何とかならなかったのかと、ちょっと残念だった。

追記4:日本のジムジャームッシュといえば山下敦弘監督(ほんとか?)だが。彼の『リアリズムの宿』『松ヶ根乱射事件』なんかもチリチリしながら何かを待ってる映画だなあと思います。

小二郎
小二郎さん / 2017年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

どん底からのフルスイング

妻に見放され、故郷の函館で失業保険で生計を立てながら職業訓練校に通うだけの日々を送る男。
知人に連れられたキャバクラで出会った風変わりなホステスの女。
共に孤独と苦悩を抱える男と女は惹かれ合うが…。

佐藤泰志の小説を山下敦弘が映画化。作者の「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館3部作”の最終章。
先に映画化された2作も本作も、なかなかに万人受けするものではない。
不遇のまま命を絶った作者の胸の内が痛いほど作品に反映されているからであり、と同時に、どん底の中の希望の光がいつもながら美しく、強く胸を打つ。
自分は職業訓練校に通った事は無いが、就職に苦労し、それまで何をやっても上手くいかない時期があったので、彼らの姿や境遇に少なからず痛感するものがあった。

オダギリジョーの抑えた演技もさることながら、蒼井優の熱演に圧巻。
自由奔放。人前で鳥の求愛ダンスの物真似をする大胆さ。
突然にヒステリックに大声で泣き叫ぶ危うさ。
とてもとても好きになれるような性格ではないが、その感情の激しさは彼女個人だけではなく作品そのものを体現していたと思う。

やがて白鳥は飛び立つ。
ツーストライクツーアウトからのフルスイング。
フェンスを超えて、青白い空の下へ。

近大
近大さん / 2017年4月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

監督が好きで見ました。かなり奇人なサトシがとても可愛かった。全体的...

監督が好きで見ました。かなり奇人なサトシがとても可愛かった。全体的に淡々とした展開ですが最後はほっこり。
ナンパするのにカラオケ行くより競輪が好きて話するシーンがとても好き。

uzumoti
uzumotiさん / 2017年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解できず

ラブストーリーなので、男の自分がヒロインを好きになれるかどうかが、感情移入できるかどうかのポイント。。。このヒロインは、ぶっ飛び過ぎていて、勘弁していただきたい。

bru910s
bru910sさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

繊細で壊れそうな大人たち

函館にて大工を目指し職業訓練校に通う白石と鳥を愛する女性さとしが惹かれ合う様子を描いた作品。

オダジョーに蒼井優に松田翔太と好みの人からしたらいい雰囲気の役者を集めた俳優陣。
原作未読のためよくわからないがあまり登場人物の過去とか内面とかの描写が少ないため、結構な雰囲気映画感も漂っていた。
また職業訓練校が舞台なのにどこか金銭的に余裕がありそうな松田翔太の様子にも少し違和感。これは自分の偏見かもしれないが笑。

また蒼井優がかなりの電波かつヒス女を演じる。オダジョー演じる白石と良い感じになったのちの癇癪ぶりは中々恐ろしい笑。
満島真之介はビックリするくらいの暗い役。帽子を目深に被りすぎて最初誰だかわからなかった笑。

全体的にセンチメンタルな空気漂う壊れてしまいそうな作品。
動物園で鳥の羽が舞い落ちてくるシーンがよくわからないがその後の自転車2人乗りしながら羽を舞い散らすシーンの美しさがとても良かった。

オレ
オレさん / 2017年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんといっても蒼井優の怪演ぶり見事!

職業訓練校は再就職の為、技術支援してくれる所。
色々な理由で来ているメンバー。個性揃い。
こんなに連むかな?くらい仲が良い。
職業訓練の他に野球もやるの?とは思う。(平々凡々と会社へ行ってる私みたいな人間には分からない。)

そんな中で、主人公 白岩(オダギリジョー)が飛び抜けてカッコイイ。
荒んでいる人生を送っている人への格言たっぷり。
詩人になれそう。
そんな彼は前半当初は淡々としていて、表立っても話さない。
しかし聡という女性に興味を持ち始め、淡々としていた白岩に心の変化が生まれる。

白岩に出会う聡(蒼井優)
頭のネジ一本抜けてんだか、普通の人より感受性強過ぎるんだか、自分をコントロール出来ない女性を怪演している。
普通ならばイタイだけの女性。しかし聡は白岩の「普通」を改めて考えさせてくれる女性であり、また新しい自分に気づかせてくれる女性でもある。
彼女の演技が無ければ、つまらない淡々とした映画。

オーバーフェンスという題名、良くつけたと思う。
徐々にフェンスを乗り越えてゆく姿を魅せてくれる、楽しませてくれた映画だった。

残念なのは舞台の函館が古い場所しか映し出してなかったところ。
綺麗に描写出来なかったんかな〜。坂道は青空の下で、とか。
舗装されてない誰も歩かなそうな汚い海岸沿いを自転車で走られても違和感しかない。(普通あんな所自転車で走らない)

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オダギリ

山下敦広。相変わらず素晴らしい。
聡って役名が素晴らしい。
あとで勝間田さんが鈴木常吉だったと知った。元ヤクザの原さんの家の素敵な朝食。
函館行ったことがないけれど、海があって、飲み屋街があって、坂があって、良い感じ。
白デニムにサッカーのユニフォームにセカンドバックの松田翔太も素晴らしい。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

道具の手入れをさぼると、あとで自分が大変になるからな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「オーバー・フェンス」(山下敦弘監督)から。
主人公の田村聡(女性)を演ずる、蒼井優さんの求愛ダンスは、
ダチョウ、ハクチョウ、そしてハクトウワシになりきっていて、
もう一人の主人公、オダギリジョーさんが惹かれるのも頷ける。
鳥を真似して踊る姿は、とても素直で美しいのに、
1人の孤独な女性に戻ると、愛情表現が上手く出来ない。
そんな不器用な生き方しかできない人たちが綴るリアルな生活は、
こんなにも切ない物語になるのか・・と、メモをした。
周りの人間と、うまくコミュニケーションがとれない人たちは、
舞台となった「函館職業技術訓練校」の中でも、同じである。
観終わってからメモを振り返ると、冒頭に大工の教師が
(いろいろな理由があり通っている)老若の生徒たちに向かって、
「道具の手入れをさぼると、あとで自分が大変になるからな」と
ノミの刃の手入れを欠かしてはならないことを伝えるが、
実は、手入れを怠ってはいけないのは、大工道具だけでなく、
将来に渡って良好な人間関係を築くのに必要とされる、
「コミュニケーション能力という道具」や「愛情表現」なども
含めてのことかもな・・と、勝手に解釈してみた。
生きるために必要な「道具」の手入れをさぼると、
あとで自分が大変なことになるんだよなぁ、やっぱり。

shimo
shimoさん / 2017年3月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いまいち。

私には、いまいちでした。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2017年3月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あー良かった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

無残な終わり方なのかな‥と思ってハラハラ見てたけど、ハッピーエンドで良かった。さとしの素性がもう少し描かれれば、見ている方としてもっと彼女を好きになれた気がする。二人が惹かれあって行くのは伝わったけど、あの鳥の羽のシーンは陳腐に見えた。主人公の涙、なんでだろーと思ったけど、それが分かったシーンはぐっときてしまった。

いつこ
いつこさん / 2017年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい間の映画

落ちぶれた人間の集まる技術学校における、人それぞれが周りに持つ壁、フェンスをうまく表現していてとてもリアルだし、心が温まる映画。

内容は重いが、それを受け止めようと奮闘する登場人物達の生活をうまく表現しており、その間が素晴らしいと感じた。

単調にワンシーンで映すのではなく、そこにまるで意味の無いような間を持たせることで印象づけ、映画に入り込ませていた。

最後のソフトボールの試合は、こっちが応援したくなる気持ちになった。

気になったのはBGM。
なんだろう、不協和音的なものでシーンの重さを表現したのかと思ったけど、何だか好きになれませんでした。

蒼井優は本当にこういう演技が上手い。
発狂する演技に挟む無の表情が美しくもあり、引き込まれる。

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2017年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

82件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi