溺れるナイフ
ホーム > 作品情報 > 映画「溺れるナイフ」
メニュー

溺れるナイフ

劇場公開日

解説

映画化された「ピース オブ ケイク」でも知られる漫画家・ジョージ朝倉の同名少女コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。東京で雑誌モデルをしていた少女・夏芽は、父親の故郷である田舎町・浮雲町に引っ越すことに。自分が求めていたものと大きくかけ離れた田舎での生活にがっかりする夏芽だったが、地元一帯を取り仕切る神主一族の跡取り息子コウと出会い、彼の持つ不思議な魅力に心を奪われる。そしてコウもまた、この町では異質な夏芽の美しさに次第に惹かれていく。「あの娘が海辺で踊ってる」「5つ数えれば君の夢」など少女の過剰な自意識を描いた作品で注目を集めてきた新鋭女性監督・山戸結希がメガホンをとり、「MOON CHILD」の井土紀州が共同脚本。キャストには夏芽役に小松菜奈、コウ役に菅田将暉と旬の若手俳優が揃った。

スタッフ

監督
原作
ジョージ朝倉
脚本
井土紀州
山戸結希
製作
依田巽
中西一雄
エグゼクティブプロデューサー
小竹里美
企画
瀬戸麻理子
プロデューサー
朴木浩美
Co.プロデューサー
永田博康
音楽プロデューサー
菊地智敦
撮影
柴主高秀
照明
宮西孝明
美術
三ツ松けいこ
録音
飴田秀彦
整音
山本タカアキ
VFXスーパーバイザー
オダイッセイ
衣装
伊賀大介
編集
平井健一
音響効果
齋藤昌利
音楽
坂本秀一
主題歌
ドレスコーズ
助監督
深野剛義
ラインプロデューサー
芳川透

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

小松菜奈×菅田将暉 鋭さと痛みを抱えた若者を鮮やかに体現
インタビュー

否応なしに「愛し合う」と「傷つけ合う」が同義となってしまう10代の2人。小松菜奈と菅田将暉は文字通り、傷だらけになりながら17日間の撮影を駆け抜け、作り上げた「溺れるナイフ」を特別な作品だと自負する。いや、もちろん俳優にとって1本1本...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全123件)
  • 出演陣は悪くないのだが…… 小松菜奈、菅田将暉はどちらも好きな俳優。重岡大毅の演技は今回初めて見たが、良い意味でジャニーズらしくないルックや佇まいが好ましいと思った。 でも、これはこの作品に限った問題ではないけど、もう二十... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2016年11月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/5
  • うーん… 菅田将暉が好きということで鑑賞したが、個人的にはラストに迫るにつれて意味がわからなくなってしまった。ちょっと凝った演出で魅入らせようという監督の意図かもしれないが、少し省略しすぎな気がした。原作... ...続きを読む

    ジョン・レノソ ジョン・レノソさん  2016年12月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • タイトルに惹かれて観ました。 雰囲気というか世界観は凄く良いんじゃないでしょうか 原作を読んでないのですが、全体を通してよくまとまってると感じました。 気になったのは男性キャラの描写は良いんですが女性キャラの描写がなんとなく... ...続きを読む

    puleco pulecoさん  2016年12月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「溺れるナイフ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi