君はひとりじゃない
ホーム > 作品情報 > 映画「君はひとりじゃない」
メニュー

君はひとりじゃない

劇場公開日

解説

2015年・第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞したポーランド映画で、ポーランドのアカデミー賞であるイーグル賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞した、父と娘の再生を描いた人間ドラマ。病気で母を亡くした娘と検察官の父。心身を病んだ娘は摂食障害となり、日に日にやせていく。喪失感を拭えない父は、検察官として立つ事故現場で人の死に何も感じなくなっていた。埋められない溝ができてしまった父と娘は、お互いを傷つけあった。そんな娘の体を見かねた父は娘をセラピストのもとへと通わせてリハビリをさせるが、そのセラピストによる療法は普通では考えられないものだった。監督はポーランド人女性監督マウゴシュカ・シュモフスカ。ポーランド映画祭2016や15年・第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映されている。

作品データ

原題 Body/Cialo
製作年 2015年
製作国 ポーランド
配給 シンカ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

感動? コメディ? それとも……!? “意味深”なこの物語をどう受け止める? あなたのラスト5分の解釈は? ベルリン銀熊賞受賞の父娘の《愛と再生の物語》
見る者によってシリアスにもコメディにも受け取れる、「意味深」な描写に満ちた注目作

第65回ベルリン国際映画祭で、監督賞に当たる銀熊賞を受賞したポーランド発のヒューマン・ドラマ「君はひとりじゃない」が、7月22日より全国順次公開される。愛する母を亡くした娘とその父、そして彼らに関わるセラピストという、心に傷を抱えた3...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

断絶した父と娘、そして死者との“つながり”を描く超自然的ヒューマン・ドラマ
君はひとりじゃないの映画評論・批評

ポーランドのマウゴジャタ・シュモフスカ監督が手がけたこの映画は、断絶した父と娘の物語だ。数ある親子関係の中でも何かと本音で向き合いづらい父と娘の接し方がややこしいことは、近作「ありがとう、トニ・エルドマン」でも面白おかしく描かれていた...君はひとりじゃないの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全2件)
  • 壮大なる前フリ ネタバレ! 説明過剰でない各シーン しかし、全体通して雄弁なストーリー 感心しながら観ました タイトルに付けました前フリ それは、 ご覧になった方だけはわかるでしょう。 ラストシーン。 今までのストーリーな... ...続きを読む

    ふるやるふ ふるやるふさん  2017年7月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 家族との対話が深い悲しみから救う 母を亡くした娘が心を病み、父は娘にセラピーを受けさせるが、父もまた妻を亡くした喪失感に包まれていた 彼らが悲しみから立ち直っていくまでの物語 深い悲しみからの立ち直り方というテーマは「マンチェス... ...続きを読む

    とえ とえさん  2017年6月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「君はひとりじゃない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi