ちはやふる 下の句のレビュー・感想・評価

ちはやふる 下の句

劇場公開日 2016年4月29日
201件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

one for all all for one

~one for all all for one~

偏見かもしれないけれど映画って前編・後編に分けると後編が失速するパターンが多いと思ってます。
これは持続してる。それもこれも新たな敵?クイーンの登場があるから!
これがなかなかのクイーンっぷりw
前回気になってたドSくんも泣かせるではないですかっw

吹奏楽部の応援なども青春真っ只中感にも心が清められます。

~1人はみんなのために、みんなは1人のために~

塩豆福
塩豆福さん / 2017年1月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女王可愛い

一人で戦うかるたに、団体競技ならではの助け合いを上手く絡ませた感じが良かった。松岡茉優が演じるライバルもメッチャ可愛くて良かった〜!

トタ助
トタ助さん / 2017年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人と繋がるかるた

仲間とライバルと友と繋がるかるた。繋がるから強くなれるし、楽しい。

上みちる
上みちるさん / 2017年1月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おい

上の句が面白すぎて良すぎたので、勢いでそのまま下の句を購入(^o^)/

しかし……
上の句との出来の差が激しい!!さすが前後編、戦略練ってきてるな。(笑)
下の句は評価できるポイントがちょっと見当たらないですね。

の
さん / 2016年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カルタの世界

競技カルタの世界を覗くことができました。こんなにも奥が深く、テクニックを要するものなんですね。千葉すずの迫真の演技がいいです。引き込まれます。

yadokari-family
yadokari-familyさん / 2016年12月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すず

松岡茉優ちゃん、口数少ない中で、いい表情しててすごく良かった。こういう役もいいと思う。たまに見せるコミカルなシーンがまた冴える。ライバルとしては好演技。

内容的には、まだまだこれからって感じがする段階だから、物足りなさは感じた。

としまえん、1人で。

たかみなこ
たかみなこさん / 2016年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しかった時を思い出す!

表題を、自分の仕事に当てはめて、明日からを前向きに取り組む元気を貰えました。
まだまだこの続きを見てみたい。そう思えるいい作品でした!

Tak
Takさん / 2016年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一人はみんなのために、みんなは一人のために!

やっと、ちはやふる下の句を観ました。
上の句は劇場で観たのですが…
原作にのめり込みすぎていた私は、予告から拒否反応が出てしまいました。
勝手なイメージもっていたので、キャスティングのダメージが大きく…_| ̄|〇

私の尊敬する千早や、愛する真島くんが…ええっ?って。
諦められすに、下の句は観られなかった。

昨夜、思い切ってDVD鑑賞。
…で結果、あらあら?上の句とは違うぞぉ。
松岡クィーンが、いい!
孤高の女王の迫力ある。

まっけん新も、いい!
上の句は、ほとんど出番なかたし。
自分を攻める、その姿。

真島の、そして千早の、仲間と闘う姿に涙が出る。
がんばる姿は、見ている人にも勇気を与える。

高1の全国大会。5人が起こす奇跡!
ああ、青春だー。

一人がみんなのために、みんなが一人のために…
個人戦は団体戦。
120パーセントの力を振り絞る。
頑張る姿、泣く姿も眩しい。

感動して、目頭熱くなりました。
下の句は、原作を超えちゃったかも。

今、原作単行本は33巻。
高3の全国大会が終わったところです。
次は、いよいよクィーン戦。

早く、すず千早vs.松岡クィーン
が見た〜い!
やっと、そんな気持ちになりました。

あらりん
あらりんさん / 2016年11月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あのノートは役に立ったか?

上の句と同じようにチームワークをテーマに団体戦で行くのかと思いきや、今度は個人戦。しかし、テーマは変わらずチームワークへと落ち着く流れは面白い。前半は何処に話が向かっていくか掴めず、脈絡なく断片的で少し退屈。上の句での真剣佑の存在感に期待したが、少し肩すかし。この展開ならば、次の句もあっても良さそうだが。不敵な笑みで楽しく戦ってほしい。

Kj
Kjさん / 2016年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

下の句も良かった‼ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作未読。上の句を観た後、続きが気になり連続で下の句を鑑賞。舞台は、全国大会。千早達は、憧れの大会に出場でき大喜びしますが、そこには「クイーン」と呼ばれる最強の選手が立ち塞がります。クイーンに勝つため、必死に練習していきます。部員同士の意見の食い違いのシーンもありますが、一致団結していく部員達に胸が熱くなりました。主演の広瀬すずちゃんを始め、共演の野村周平さん、真剣佑さん、松岡茉優さん、國村準さんなど若手実力派から経験豊富なベテランまで、競技カルタに懸ける思いや、大会の試合での緊迫感がリアルに表現されていて、一気に引き込まれました。エンディングは、少しモヤモヤ感が残り、展開が気になりますが続編があると言うことで、公開まで首を長くして待とうと思います。キャスト・スタッフの皆さん、続編決定おめでとうございます!楽しみにしてます。

グリーンメン
グリーンメンさん / 2016年11月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちはや

話は置いておいて、白んだフレアの世界観について行けなくなってくる。話も当然スランプの話に進むので、かったるい。ダラダラしたピンポンみたい。

pigeyes
pigeyesさん / 2016年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろかった

下の句の方が好きかな。仲間が支えてくれてる感じがすごくする。団体戦じゃなくても、つながってる!あの、ちはらふるをとったときのハイタッチがいいね。

ムクムク
ムクムクさん / 2016年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当にやめてほしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

広瀬すず使いたいだけで
原作が食われた感がすごかった

これは、ちはやふるとはまた別物です

原作での熱いものが見事に消失されてました
またアニメ漫画の方を見たいと思います

もー悲しい
本当に悲しい

広瀬すずは海街diaryがよかったよ
みたいならそっちみなよ

嫌いな訳じゃない

ただ本当に好きなものに「簡単に触らないで」欲しいだけ。

tsuyama
tsuyamaさん / 2016年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かるたの神様に愛されし映画

待ってました、「下の句」!
待ちわびてこの間にアニメ版も見ちゃったぞい!

なるほど、確かにはしょられてる部分や脚色されてる点も多かった「上の句」。
千早のかるたへの情熱の源である小学生時代のエピソードはほとんどカット、新の「俺はもうかるたをやらん」のタイミングも違う。
千早役には三吉彩花とか新川優愛とかモデル体型のスラリとした美人の方が良かったかなぁ、とか。(勿論、広瀬すずの演技力に関しては文句無いけど)

さて、「下の句」も前半部分はかなり大胆脚色。
不満点から一気に述べてしまおう。
まず、団体戦でも優勝!個人戦でも優勝!…の強欲さが千早なのに、ブレまくってらしくない。
その理由に新の存在があるのだが…、千早と太一と新の三角関係がもっと巧みに展開するのかと思ったら、前半部分だけに留まってしまっている。
太一がA級になるのが早過ぎっ! なかなかA級になれないのが太一なのに~!
特に残念だったのは、全国大会での団体戦がちゃんと描かれていない事。せっかく「上の句」で育まれたチームワークが…。

…などなど、挙げたらキリないが、幾つか例外として、映画的脚色としては悪くない。
「上の句」が青春映画の王道ならば、「下の句」のテーマは、自分はどうかるたと繋がっているか。
たった一人で何もかも背負い込んでいた千早だったが、自分がどうかるたと繋がっているか模索すると同時に、チームとの繋がりも再発見する。
劇中で言う所の、個人戦でありながらの団体戦の繋がり。
チームとしての繋がりは深い意味でしっかり描かれているのだ。
その繋がりやかるたへの向き合う姿が、新を再びかるたへ向かわせる。
それと対となる存在として…

いよいよクイーン登場!
圧倒的に強く、美しく、競技かるた現最強クイーンとして恐れられているこの若宮詩暢役に、可愛らしいイメージの松岡茉優じゃ荷が重いんじゃ?…とアニメ版を見ちゃうと思っていたら、
これがドハマり! 期待以上!
ツンツンとしたクールさ、チクチク突っ付く毒舌&気の強さ、ヒヤリとすらさせる“クイーンスマイル”も披露。
その一方、Tシャツインのダサい私服姿、実は可愛いマスコットキャラ好き(スノー丸Tシャツも完璧再現!)なギャップある不思議ちゃんな面もしっかり演じ分け、萌えてまうやろーーーッ!!
京言葉も見事。
たった一人でかるたと向き合うクイーン。
チームと繋がる千早と対となる強敵として、その存在が際立つ。
欲を言えば…
初登場シーンは近江神宮の階段で千早とすれ違うあのシーンにして欲しかった。
最強であるが故の孤高さにも触れて欲しかった…かな。

前半はちともたもた。
しかし、クライマックスの千早vsクイーンの頃には、すっかり興奮!白熱!
何だかんだ言って、やっぱり今作も楽しんでしまったのだ。
何だかんだ言って、やっぱり実写版も面白いのだ。

嬉しい事に、続編の製作が決定!
よっしゃあああ!…と思っていたら、来年撮影開始。
何ですと!? 来年公開じゃないの!?
気長に待つか…。

新入生入って来るのかなぁ~。
周防名人登場するのかなぁ~。

アニメのサードシーズンはやらないのかしら??

近大
近大さん / 2016年10月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よかった(`・ω・´)

キャスティングがとても好きです。松岡さんもぴったりだなと思いました。

かなこ
かなこさん / 2016年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心意気や良し

原作をきっちり描き切ろうという心意気や良し。身近な仲間に焦点を当てた1作目から、ライバルや離れた仲間の心情を描いた2作目へ。青春ストーリーとしては良いテーマだと思うんだけど、いかんせん映画として流れが悪すぎる。原作リスペクトが強すぎ欲張り過ぎ。映画は尺が決まってるのだからエピソードを切る勇気を持たなくては。
それに2作目に入り瑞沢高校かるた部の扱いが薄くなってしまったのが残念。矢本悠馬も上白石萌音も完全に役不足だよこれじゃ。
まさかの続編決定!って全然まさかじゃないでしょ。あれで完結だったらそっちの方が驚き。話題性という点では理解できるけど、完結前の漫画を原作にした限界だと思う。
広げ過ぎた世界観をどう収束させるのか、至難の業と思われる3作目の出来を期待し過ぎずに待とう。

あいわた
あいわたさん / 2016年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

からくれなゐに みづくくるとは  競技カルタの青春映画後編 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

上の句、下の句一気観!

「ちはやぶる~」の句を読んだ在原業平はとてもプレイボーイで一説によると3,733人の女性と夜を共にしたらしいです(誰が数えた!?)。業平には「オイ、お前」っと言いたくなりますが、千早はそんな事はなく今作も純水で真っ直ぐです。

というわけで、漫画「ちはやふる」の実写映画後編。原作は未読ですが、今回もきっと原作を上手くアレンジしてあるのでしょう。映画は2作に分けてありますが、後編はタイトルもなく始まったので作り手側は2作品で1つな気持ちだったのではないでしょうか?

内容はライバルが出て、千早が自分を見失って、また復活して、最後に強敵との闘いに挑むっと王道中の王道。そんなストーリーを個性豊かなキャラクターで支えています。

今回印象に残ったのは松岡茉優演じるクィーンの若宮詩暢。微妙なファッションセンスでツンデレですが、新にツッコむ時などセリフのテンポが最高です。クィーンの名に恥じないキャラでした。

最後の方がちょっとバタバタで「団体戦2試合勝った後どうなったんだろう?」とか「太一の最後の試合の結果は?」とか気になる点が残っているのは残念!でも続編も決まっているようですし次にも期待です。青春っていいなーっと思いつつも、自分も何か頑張ろうっと思わせてくれる作品でした。

アキ爺
アキ爺さん / 2016年8月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

活き活きとした人物たち

美点はいくらでもあるのですが、総合的なコメントはやめて、一点だけ述べます。

映画では、人物たちが活き活きとしていて良かった。特に綾瀬千早。喜んだり泣いたり怒ったり落ち込んだり焦ったり、めまぐるしく変わる「テンション高い系」、それが非常に魅力的です。原作の千早に忠実かどうかは、僕にとっては、映画の良し悪しには関係ありません。原作も大好きですが、漫画の限界か、人物が活き活きしているという点では、映画には敵わないと思いました。もっとも、どちらが良いか、なんて決める必要はなくて、どっちも楽しめばいいんですよね。

Ryo
Ryoさん / 2016年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ああ青春!!

原作が好きで見ましたが、原作未読でも楽しめる構成になっていました。

配役もとてもよくて(よくこんなにぴったりな人材をみつけたなぁ~と驚きです)楽しめました。

カメラワークや衣装もきれいで、下の句が待ち遠しかったです。

エイガスキー
エイガスキーさん / 2016年8月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画のとおりの雰囲気を再現してあり、楽しめました。まさかの続編には...

漫画のとおりの雰囲気を再現してあり、楽しめました。まさかの続編には驚きましたが…。若宮さんには笑いました。そしてかわいい。スポーティで青春な映画ですね。かるたが懐かしく思いました。

abc
abcさん / 2016年8月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

201件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi