昔々、アナトリアで
ホーム > 作品情報 > 映画「昔々、アナトリアで」
メニュー

昔々、アナトリアで

解説

「冬の街」(2003)でカンヌ国際映画祭グランプリ、「スリー・モンキーズ」(08)で監督賞を受賞しているトルコの名匠ヌリ・ビルゲ・ジェイランが、広大な草原地帯で殺人事件の遺体を捜索する男たちが織り成す人間模様を重厚なタッチで描き、第64回カンヌ国際映画祭で自身2度目となるグランプリを受賞したドラマ。殺害されて草原に遺棄された遺体を探し出すため、容疑者を連れて草原にやって来た警察官、検察官、検死医、発掘作業員ら一行。男たちは日常の話題や自殺や死について様々な会話を交わしながら捜索を続けるが、容疑者の供述が曖昧なため、遺体はなかなか見つからない。広大な草原をさまよう男たちは、次第に苛立ちを募らせていく。

キャスト

作品データ

原題 Bir Zamanlar Anadolu'da
製作年 2011年
製作国 トルコ・ボスニア・ヘルツェゴビナ合作
上映時間 157分

受賞歴

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール テレンス・マリック ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出品
コンペティション部門
出品作品 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi