青、そして少しだけピンク
ホーム > 作品情報 > 映画「青、そして少しだけピンク」
メニュー

青、そして少しだけピンク

劇場公開日

解説

ゲイの父親と久々に再会した息子が織り成す不器用な交流と親子の絆を描いた人間ドラマ。カメラマンの男性ディエゴは、同性の恋人ファブリツィオと一緒に暮らしている。ところがある日、別れた妻の元にいた10代の息子アルマンドを引き取ることに。自分が父親に捨てられたと思っていたアルマンドは、ゲイに対する偏見もありディエゴに反抗的な態度ばかり取ってしまう。ディエゴはそんな彼に父親として認められるべく奮闘するが……。ベネズエラ出身の俳優ミゲル・フェラーリが長編初メガホンをとった。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で上映され、観客投票第1位を獲得。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2015/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」(15年5月16日~6月26日)上映作品。

作品データ

原題 Azul y no tan rosa
製作年 2013年
製作国 ベネズエラ・スペイン合作
配給 SKIPシティ国際シネマ映画祭
上映時間 110分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「青、そして少しだけピンク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi