奇蹟がくれた数式
ホーム > 作品情報 > 映画「奇蹟がくれた数式」
メニュー

奇蹟がくれた数式

劇場公開日

解説

「アインシュタインと並ぶ無限の天才」とも称されたインドの数学者ラマヌジャンと、彼を見出したイギリス人数学者ハーディの実話を映画化した伝記ドラマ。国籍も身分も違う2人の天才が起こした奇跡と友情の物語を描く。1914年、イギリス。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授のもとに、インドから1通の手紙が届く。そこには、ハーディ教授を驚愕させる「発見」が記されていた。ハーディ教授は早速、手紙の差出人であるインドの事務員ラマヌジャンを大学に招聘するが、他の教授たちは身分が低く学歴もないラマヌジャンを拒絶する。孤独と過労から病に倒れたラマヌジャンのため、ハーディ教授は奇跡の証明に挑むが……。「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルがラマヌジャン役を、ジェレミー・アイアンズがハーディ役をそれぞれ演じた。

作品データ

原題 The Man Who Knew Infinity
製作年 2015年
製作国 イギリス
配給 KADOKAWA
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“数学の詩人”というちぐはぐな称号が、すとんと心に落ちてくる
奇蹟がくれた数式の映画評論・批評

数学と芸術。この両極端で対峙するジャンルが、実は根底部分で繫がっていることを教えてくれるのが、このトゥルーストーリー。ケンブリッジのトリニティ・カレッジで教鞭を執る数学者、G・H・ハーディと、当時、イギリスの植民地だったインドからケン...奇蹟がくれた数式の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全28件)
  • 常人離れした天才の偉業を常人に伝えるのは難しい インドで数学をほぼ独学でマスターし、独創的な数式を次々に“発見”した天才数学者ラマヌジャンと、彼の手紙からその数式の価値を見抜き、ラマヌジャンを英国ケンブリッジ大に招聘したハーディ教授の心の交流... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2016年10月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 出会いによって人は変わる、普遍的な物語 天才に国境などない。本作でも天才的な数学的頭脳を持つインド人青年がイギリスへ渡り、差別や孤独に耐えながら研究に明け暮れる。 舞台となるケンブリッジは『炎のランナー』や『博士と彼女のセオリー』でお... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2016年10月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 分数 実在した天才を描いた映画って本当ハズレがない。 分数の計算すら怪しい数学アレルギーな僕でも、小難しい数式などは敢えて出てこないので楽しめた。 ひたすら、粛々とラマヌジャンと共同研究者の教授の奮闘... ...続きを読む

    ヨッシー ヨッシーさん  2016年12月7日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「奇蹟がくれた数式」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi