天使にショパンの歌声をのレビュー・感想・評価

天使にショパンの歌声を

劇場公開日 2017年1月14日
18件を表示 映画レビューを書く

良かった

良かった

さえ
さえさん / 2017年7月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ショパンの調べ

ショパンの別れの曲がテンションをあげてくれます。
うやむやで終わってしまった箇所が何個かあって、納得いかないところもあったけど、全体的にはうまくまとまっていました。

ふわり
ふわりさん / 2017年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端

学校の再建が成ったのか、音楽学院を設立したのか良くわからず尻切れ蜻蛉になっている

かまちゃん
かまちゃんさん / 2017年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興味深い映画でした

音楽とケベックの歴史・自然がとても印象的で、
個人的には『●の名は』よりは現実的で
好感の持てる作品でした。

まず、ピアノや合唱の音楽が最高にきれい。
(クラシック)音楽ファンにはたまりません!
モーツアルト、バッハ、リスト、いいですよね♪
音響技術も高いのか、
ドーム型の石造りの教会独特の響きがリアルに集音されていて、
その響きを日本の映画館で堪能できます。

次に、カナダのケベックならではの情景がすばらしい。
冬の寒さが厳しいのは、カナダ東部らしい。
革命期のケベックでどのように近代化が進んでいったかも、
映像で見ることができて理解しやすいと思います。

日本からは遠い存在のケベックですが、
音楽を通してその社会の歴史や自然を知る
きっかけになればと感じました。

はっしー
はっしーさん / 2017年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈

ただただつまらない映画でした。
今年度一かも。

お話が薄っぺらで、ありきたり。
予告編では期待したけど、寝ないで最後まで観るのに苦労しました。

他の観客の人は爆睡していたらしく、連れの人に『昨日睡眠不足で…』って謝っていたけど、無理ないよって思いました。

ちこどん
ちこどんさん / 2017年2月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

派手さはないけど。

財政難で閉校寸前の修道女の音楽スクールを舞台に学校を救うべく奔走すり女学長やここで寄宿舎生活を始める姪たちとのやりとりが淡々と描かれる。
これがハリウッド的作品になると天使にラブソングを、流れになるんだろうけどこちらはそんなあまくはなく寂しい展開に。
が、この流れにピアノの音色と天使の美しい歌声が心に響く。ショパンの別れの曲はやっぱり美しい。

peanuts
peanutsさん / 2017年2月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作品への興味が尽きない

 クラシック音楽に造詣が深い方には幾多の楽曲が演奏されるだけでも魅力的なのでは。
 私のようにタイトルと予告編的なものでストーリーに期待していると、良い意味で裏切られる。
 本作の真のメッセージが何なのか。鑑賞後にじっくり語り合えるような作品に久々に出会うことが出来た。

しげ
しげさん / 2017年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌声は見事。盛り込み過ぎのドラマに難あり。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

邦題があまりにも狙っているので憂鬱になるが、見終わったら「この程度の邦題でちょうどいいか」と思えてしまう感じ。さすがに「天使にラブソングを・・・」の路線でないことは明らかだが、かと言って上質なドラマか?というと首を傾げてしまう。

学校の存続問題、ピアノコンクール、修道女たちの新しい価値観とその在り方、問題児の姪の存在、吃音を持つ地味な女生徒、姪の母親(主人公の姉妹)の病・・・という具合に、盛り込むだけ盛り込んで、いずれも描き込み不足という中途半端さが否めない。いずれも、同じ学校内で、同じ敷地内で、同じ建物の中で起きている、同じ人物を中心に発生しているエピソードであるはずなのに、いずれのエピソードもほぼ呼応し合うということがなく、溶け合っていかない。全てが四方八方バラバラのベクトルを向いて、ごちゃ混ぜに投入されるばかりでまとまっていないという印象が強く残った。

この映画、修道女たちの悪いイメージを助長するようなところがあってあまり心地がよくない。吃音の生徒に対して授業中に早口言葉を言わせようとしたり、感情的な演奏をするなと感情的に喚いたり、隔離された環境の中で世間を見ずにひたすら独善的になった女たちの姿が次々に映し出され、これではクリスチャンのイメージを損ねてしまうのでは?と戸惑うほど。
もちろん、そういった閉鎖性や独善性に一石を投じる姪の存在や、修道院が現代社会と折り合いをつけていく様というのが描かれてはいるのだけれど、そこから生まれるドラマは大分物足りないものがあり、結果、クラシックを聴いて癒されるためだけの映画に収まってしまった(だからこの邦題でも別に構わない気がした)のは惜しいような気がした。

確かに、作中で披露されるクラシックはお見事の一言で、美しい声の層の厚さと深みと嫋やかさは一聴の価値ありと思わせるものがあった。だからこそ、「綺麗な歌声だったね」「素晴らしいピアノの演奏だったね」と言うためだけの映画で終わらせてはもったいなかったのではないか?と思ってしまった。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

終盤が…

話が中盤から終盤にかけてだらだら進んでるな…と思ったら、最後に感動させるものをもってきて、一気に泣けてきました。物語をつなぐ曲が使われているので、話を理解しやすいなと思いました。吹き替えなしの演奏らしく驚きです…。

massan
massanさん / 2017年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

評判通りとても美しい映画でした。物語をカットできず無駄に長い映画が多い中まとまっていて、見やすかったです。音楽も情景も違和感なく物語に華を添えていて、良質な映画だったと思いました。少女たちにもシスターたちにも共感できるところがあって、思わず応援したくなって、心が癒されました。見てよかった。

がも
がもさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽による癒やし

音楽教育に力を入れる、修道院の経営する女子の寄宿学校のお話。
クラシックを奏でる女生徒の歌声とピアノの音色が、静謐な修道院の生活と雪景色に合っていてとても美しく、癒やしを感じる。音楽は、演奏者の心を映し出し、聞き手に静かな感動を与えてくれた。

由由
由由さん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半が美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あえてネタバレチェックとしたのは、前半の高揚感を後半で落としきれていないという感を否めないから。
前半すごくよかったのになあ。
後半がなんともさらっと流れてしまったように見える。

映録助
映録助さん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても穏やかで

ステキな作品でした。

かん
かんさん / 2017年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽も役者も自然も美しい、ヒーリング・ムービー。じんわり感動。

音楽教育の名門でもある自然豊かな修道院という変わった舞台だが、そこに流れる音楽の美しさよ。
その設定、話の流れ、この種で必ず登場する反抗的な天才など、既視感は否めないが、前半はやや眠気を誘うものの、徐々に引き込まれた。
衣を捨て、髪をあらわにする修道女の涙と揺らめきも目新しいシチュエーションだが、やはり音楽のシーンはどれも見どころ満載。
何が驚きかと言えば、この歌、演奏シーンが全て出演者の実演だという事実。
邦題の「ショパンの歌」といえば、眼鏡の少女の歌の事で、その歌唱には迫るものがあったが、むしろ主役は「ショパンのピアノ演奏」で、これまた実演。パンフレットによれば役者が演奏を習得したというより、演技が出来るピアニストだったようだが、とにかく感心させられた。

ちょっぴりビターな、しかし明日に希望の灯がともったような結末まで、全ての面で美しさに溢れた作品で、大いに癒されたヒーリング・ムービーだ。

BB-8
BB-8さん / 2017年1月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良質な作品

物語としてはもう少し端折らずに見せて欲しいと思いつつ、103分に収めて余韻を残す感じはかえって「また観たい」と思わされる意味でよく出来ていると思います。そう思わせる最大の理由は、やはり劇中のピアノや合唱にあります。相対評価としては3.5/5.0ですが、結構好きな作品です。

TWDera
TWDeraさん / 2017年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

歌声もピアノの音色も 少女達のコートや帽子も ケベックの雪景色も 全てが 美しい。
静かに 楽しめる作品でした。

syuko1
syuko1さん / 2017年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心が洗われるクラシック音楽を堪能

ストーリーは廃校間近の寄宿学校を救う為に生徒と教師が奮闘するという、カナダ版ラブライブ!な学園ドラマもの。そこで奏でられる有名なクラシック音楽のピアノや合唱がとにかく素晴らしい。吹き替え無しで本物のピアニストが演じているし、ショパンの別れの曲の歌版があり、それを吃音の少女が歌うシーンには心打たれた。

空腹のスイカ
空腹のスイカさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静かな作品

カナダは、ケベック 雪景色が美しい 音楽を中心に教育している修道女学院 しかし時代の流れには、逆らえない。そこでピアノコンクールで一計を考えますが、ピアノの女の子が可愛らしい 地味な女学生の美声など静かに鑑賞できました。

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi