ナオトひとりっきり Alone in Fukushima
ホーム > 作品情報 > 映画「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」
メニュー

ナオトひとりっきり Alone in Fukushima

劇場公開日

解説

福島第一原発の事故による全町避難で無人地帯となった福島県富岡町で、取り残された生き物たちと一緒に暮らす男性をとらえたドキュメンタリー。事故発生時、原発から12キロに位置する富岡町で年老いた両親と暮らしていた55歳の松村直登さんは、原発に翻弄される暮らしに疑問を感じ、たったひとりで町に残ることを決意する。電気も水道もない町で孤独な毎日を送りはじめた彼は、やがて町に置き去りにされた犬や猫、牛、ダチョウといった動物たちの中に自分の居場所を見出していく。放射能汚染された町の中でのびのびと生きる松村さんと動物たちの姿を通し、本当の幸せとは何かを問いかける。監督は、「ハリヨの夏」「孤独なツバメたち デカセギの子どもに生まれて」の中村真夕。

スタッフ

監督
撮影
中村真夕
編集
中村真夕
音楽
寺尾紗穂
整音
古谷正志

キャスト

  • 松村直登

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi