シン・ゴジラのレビュー・感想・評価

メニュー

シン・ゴジラ

劇場公開日 2016年7月29日
1309件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。

『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

ぼくは「新ゴジラ」「神ゴジラ」を観た ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

庵野秀明の個性が光っている作品。

場面転換する毎に字幕が出るところなんかは、
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が実写化されたらこんな感じになるんだろうなー。
といった構成になっている。

現代の日本の風刺も入っている。
・何も決められない政治体質
・対応が遅れる縦割り行政

定番のゴジラのテーマ、宇宙大戦争マーチがハイライト、要所で使われていたことは高く評価している。
「いまゴジラ映画を観ている」って気にさせるよな。

単純に怪獣映画として見ると物足りない暴れ回り方だったな。
(怪獣VS怪獣の怪獣バトルは無し。)

ぼくが観てきた怪獣映画の中で最高の出来であった。

不死鳥
不死鳥さん / 2017年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ゴジラ」関係無いじゃん(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

別にゴジラじゃ無くても何でもいい。地震、台風、竜巻、津波。
災害が起きた時、国会の対策会議はこうなるであろうと想定、国会議員の右往左往が見られる映画。
会議中のシーンではトイレに行っても何ら問題無く見られたくらい、ダラダラストーリーでした。

Lハミルトン
Lハミルトンさん / 2017年6月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラはおまけ

登場人物はかなりデフォルメされたキャラと感じました。
ギャグに近い。

とは言え、コメディではないのは言うまでもありません。
いたって真面目にゴジラ対策を行っています。

ここがポイントで、
ゴジラを自然災害的に捕らえ、
現在の日本がゴジラと戦う場合という感じで、
話がグングン進んでいきます。
それゆえか、ゴジラが恐怖の対象というよりは、
分析対象のようになっていて、
怪獣映画とは一線を画す出来だと思います。
(※怪獣映画が悪いというわけではないですよ)

三日月キリン
三日月キリンさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

庵野監督にしか出来ないゴジラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

誰でも気付くであろうBGMもそうですが、演出やセリフの1つ1つまで庵野監督らしさが出ています。

初めてゴジラを見る人にとっては比較対象が存在しないので、作品として先入観が一切無い状態で見る事が出来るのと、特撮があまり好きではない私でも楽しめました。
エヴァが好きな人は、些細な演出やセリフでもニヤニヤ出来るかもしれません(私もいくつかありました)

そして、現代版ゴジラと言っても過言ではないと思いました。

初代ゴジラの制作は戦後で、60年ぐらい経過しています。その間に時代が変わり、当時、無かった物……平行して走る多くの在来線、超高層ビル、そしてスパコン等々。
これらは初代ゴジラが制作された頃は絶対に無い物で、ゴジラを倒す上で絡んできます(他にもデジカメやスマホ、動画サイト等々……街並みも当然現代ですからね)
新しい要素を取り入れ、CGを駆使し、初代を超えたかは比較していないので解りませんが、単なるリメイクではない新しいゴジラ、つまり、タイトル通りシン・ゴジラだと感じました。

VODで見終わってから、4DXで見に行けば良かったと後悔しました。

るかこ☆
るかこ☆さん / 2017年6月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラがメインって言うよりは人間ドラマ的な要素が多かったかなぁ。楽...

ゴジラがメインって言うよりは人間ドラマ的な要素が多かったかなぁ。楽しめました!

comeyu
comeyuさん / 2017年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧倒的緊迫感とゴジラの神々しさ

冒頭からすぐ海上にゴジラが出現し、そして上陸、破壊、進化…と息つく間もなくゴジラが東京湾へと一旦引き返す。
ここまでの展開でもかなり台詞が多く、読んでいる時間が無いような字幕も多く登場し、非常に疲れましたが、ここまでの緊迫感や恐怖感がとてつもなく現実的で、面白いよりも怖いという感情が非常に強くのしかかって来ました。舞台が日本だからかもしれませんが、今現実に起きているのではと思う程の臨場感。
これで私は本作が一気に好きになりました。掴みはOKとはこういう事でしょうか。以前公開された「クローバーフィールド/HAKAISHA」という作品でもこれと似た恐怖や興奮を感じましたが、こちらは「それ」が来るまでにかなりの時間があり、時間をかけたことでリアリティーが増したともとれますが、やや退屈になりかけました。それに比べ本作は冒頭からいきなり画面に釘付けになる。観賞後に一番印象に残ったのはやはり冒頭。本当に怖くて凄まじかった。

それ以降も想像以上の面白さで119分があっという間でした。ゴジラよりも人間にスポットを当てた展開となると絵的には地味になりますが、必ず「絵」だけではない引き込ませるものがあるので、流石抜け目ないなと思いました。CG技術だけではハリウッドには遠く及ばないですが、そういう緻密な構成では負けていません。むしろ勝っていると思います。

時折ゴジラが神々しく描かれて格好よさを通り越して美しいとさえ思いますが、少々動きが少ないのには残念。やはり、「蒲田さん」の愛嬌で知られ、ぬいぐるみにもなった第2形態がベストか。

個人的に、2016年で満足度は上位の作品でしたが、後半のゴジラとの戦い方が現実的ではなくて残念でした。これまで現実的な展開だったのにも関わらず後半のそのシーンはアニメや漫画的なものに思えてしまいやや引いている自分がいました。よって、難しいところではありますが、私は2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の方が好きです。こちらは「キングコング 髑髏島の巨神」から本格始動したモンスター・バースなので、今後の展開にも目が話せず、東京オリンピックよりも楽しみで仕方ないです。

本作に続編が出来るのかは分かりませんが、公開が決まればそちらも外せないですね。

RWB 993
RWB 993さん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧倒される映画

視聴:3回目
推薦:みんなに見てほしい
感想:ゴジラを改めて創った尖った映画でした。劇場で二回も見てまた見ました。圧倒的なボリュームを息づく暇もない緊張感の連続で、様々なテーマを重ねて映し出してます。シリアスな空気感にちょいちょいギャグ演出が入っているところでバランス取っているようですがこれは意見が別れるでしょうね。

ほんげ
ほんげさん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それほど・・・

結構レビューはいい点数が多いけど、そんなに良かったかなぁ〜(^^;
劇中のセリフで誰かがゴジラを見て「ただ歩いてるだけだよな」って言ってたけど、まさにその通り。
派手なビルぶち壊しもないし、イマイチ迫力に欠けてた。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2017年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

まさに庵野監督の作ったゴジラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大興奮でした。
まず、ゴジラが不気味で怖く、強い。これが良かったと思います。ゴジラが強いからこそ、このあとどうなるんだろう、こんなのに勝てるのだろうかとドキドキして、反撃時にはワクワク感と息を飲む緊張が味わえたのだと思います。
また、政治家や官僚の淡々とした会議シーンも絶望感・無力感・焦燥感を掻き立てゴジラの強さを引き立てていたと思います。
さらに、自衛隊の攻撃もかっこよかったです。日本を代表するF-2や10式が出撃するシーンは胸が熱くなりました。
演出については庵野ワールド全開で好き嫌い分かれそうですが、このシン・ゴジラにはマッチしていたと思います。
残念だったのは、やはり石原さんの演技が浮いていてそこだけ臭くなってしまったところだと思います。なんだか他の役は映画を撮っているのに、一人だけ演劇をやっているように感じました。
また、最後の作戦。ヤマタノオロチを酒で酔わせるのになぞらえたのはわかるけど、経口投与って横から漏れるし飲み込んでくれないんじゃないかと思っちゃいました。絵的にも間抜けだし。
例えば口の中だけ柔らかいから口の中にパイルバンカーで傷をつけて、そこから無理やり薬液を注入するとかって感じならもうちょっとかっこいいシーンになるかなと思いました。

まさくん
まさくんさん / 2017年5月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シン・ゴジラ

大人の本気の悪ふざけ。庵野監督を筆頭に、頑固な拘りを持ったスタッフ・キャスト陣が集結した奇跡のような作品。思ってたのと全然違ったよ、こりゃあ賞を総舐めにする。カメラワークが秀逸。あと余貴美子がよい。長谷川博己の良さにも気づいた。2回観たけど一度も最初から最後まで集中して観られたことはなかった。

みな
みなさん / 2017年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

坂の上の雲

過去のゴジラ作品はひとつも見たことがなかったし、エヴァンゲリオンも見てなかったけれど、いろんな人の感想を読んでいたら興味がわいてきて、公開前はまったく関心がなかったのにという、あまりない経緯で見に来た。
個人的な映画の分類なのだけれど、見方がある程度限定される作品を「閉じている」、多様な見方ができる作品を「開いている」とよんでいて、その意味ではこの作品はとてもよく「 開いている」。「君の名は。」がかなり「閉じている」のと好対照(?)だ。多様な人がこの作品に多様な視点から感想を述べているし、なにより述べたくなるのもよくわかる。
僕はブラタモリ、タモリ倶楽部の視点と、石原さとみのAEONのCMの視点から見た。そしてキャストがよくて、大河ドラマの視点からも見た。「坂の上の雲」を見てる気分だった。

hideaqui
hideaquiさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き嫌いは分かれるんだろうけど好き!

クローバーフィールドを観た時の感動!新しい怪獣映画だった!お涙頂戴の心情描写に走ることなく、有事のリアリティを大切に描こうとしているこだわりが伝わってきた。場所や人物が少ないだけにややもすれば薄っぺらくなりそうなギリギリのところを演出で楽しめた。よかった。色んな監督のゴジラを見たくなった。

nod.inc
nod.incさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2016年大問題作

この映画去年不自然極まりなかった作品の一つです。低評価の作品は基本レビューしていませんでした。何故なら心をへし折られるからです。この作品が犯した罪は大きい。大きく3点にまとめます。

問題1:過剰なマスコミ

気持ち悪いくらいの番宣。番宣と言う生易しい物ではない。過剰なもので長期に及びます。一番驚いた事は真面目なニュースの質問に対しコメンテーターが全く関係のないシン・ゴジラを年末頃ぶち込む等、目も当てれないほど強引なねじ込みや宣伝をしてきます。
JAROに訴えられるんじゃないかと言う程酷い物でした。こちらとしては一体いくらで買収されたんだい?と思う程でした。
分かりやすい例として2015年ゴジラとは関係ありませんが、〇〇ギャルという映画がありました。若年層に徐々に口コミで広がり次第に劇場を埋め尽くすほどの人で溢れました。そして放映期間を伸ばしていきました。これは劇場ファンとしては微笑ましい光景でした。シン・ゴジラに強い違和感を感じる。

問題2:作品

会議室でずっと話をして、携帯電話でくっちゃべるだけの映画。年末劇場で嫌な思いをしたので、ほぼ忘れています。
他人の会議や携帯電話で通話しているのをずっと見るが好きな方にはお勧めの映画かも知れない…寝ると思いますが。スピード感も何もなくダラダラと言葉も出ません。

問題3:劇場

この作品ともう1つの作品が大型スクリーンを2016年ほぼ独占しています。いつまでもシアター1~3を独占し他の作品はシアター4~小さいスクリーンになります。例え公開初日であっても小さなスクリーンに移動させられます。
まぁそれが戦略なのでしょうが、あまりにも酷い。日々生まれる新しい作品の芽は摘み取られてしまいます。

昨日記事でシン・ゴジラ過去最高利益記録!というものを見ましたが、当たり前だよあそこまで独占しマスコミをまるで買収したかのようなお祭り状態だと。

感性の違いはあります。それは十分承知しております。しかしマスコミの手のひらで遊ばれていないか?私はこの作品が良いなんて欠片も思いまいません。ゴジラと言うブランドとマスコミの印象操作もかなり露骨。そしてエヴァンゲリオンとは当然切り離して考えなければ行けない。これを眠気なしで観れるのか?どこが良いのか今も理解すらできないですね。高評価に流されていないか?疑問だらけ。次回作があっても観ない。基本は観たい映画を観たら良い。自分が良いと思えば良い!私は観たい映画では無いのに神輿に乗ってしまい。私も売り上げに協力してしまった。便乗してしまった。二度とこのような事が無いように私自身反省しなければなりません。

今年は健全で安心できますけどね。やっと普通のフラットな映画館になりましたね。

サバゲ
サバゲさん / 2017年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

日本の限界を感じる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

はっきり言うとつまらない。
こんなものを見て喜ぶのはゴジラファンだけだろう。
映像に関しては、まずCGのレベルが悲しい、頑張ってはいるものの、CGだとわかってしまう、つくり込みが足りていない。
こんな場面必要か?と感じるシーンやアングルが見受けられた。
特撮に関しても、一昔前のゴジラのほうが思い切りがあってよかった、特撮の温かみがあった。これは中途半端だといわざる得ない。

ストーリーについては、誰の目線で見ればいいのか終始迷う。
キャラクターを出しすぎだと感じた、そのため誰に感情移入すればいいか分からない。
ゴジラの目線にも立てなかった・・・
また政治家のやり取りが多いのだが、そのやり取りで話をややこしくしすぎて長くなり、簡潔にまとめられていない。
誰がこんな場面を長々と見たいのだろう、ストーリーの疾走感がなかった。
重要人物の博士の話などをその分してもよかっただろう。
分かりやすさにかける点、流れるように見れない点で洋画には勝てない。

キャストの演技だが、古参の方々以外は見るに耐えない演技力、キャラの作りこみもひどい、石原里美の演じる役など浮きに浮きまくっていて見るに耐えなかった。
緊急時の場面でも、焦った演技に危機感がない、動きが少ない、よって生死を分かつリアリティがなかった。
海外の俳優の演技のほうが何倍かましだろう。
また、いつも思うのだが舞台俳優のほうが演技力がありそうなものなのだが、なぜ日本は半分アイドルのような俳優ばかりキャスティングするのだろうか。
結果、演技力が足りていないことになるのに・・・
有名な俳優を使わなければ映画が話題にすらならない、日本の映画業界の悲しいところだ。

そのほか細かく気になった場面はいくつもあるが、見て喜ぶのはゴジラファンだろう誰でも楽しんで見れるかといわれればNOだ、ファン以外は我慢が必要になるだろう。
そしてゴジラというビックネームを使ってもこれくらいしか出来ないと感じ、日本のSF映画の限界を感じた。

ケイモト
ケイモトさん / 2017年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

おじさんたちのやり取りがよかった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

特撮物が好きな訳ではないし、これまでのゴジラも知らないから特に興味はなかったけれど、話題性だけを頼りに観てみた。評判通り、震災を彷彿とさせる場面がいくつもあって、たしかにこの時期にこういう作品が作られた意味みたいなものは考えさせられた。ゴジラの皮膚の裂け目が気持ち悪くて、蠢き方とかもリアルで、次々に破壊されていく都市の映像も迫力があって、圧倒された。私が特に引き込まれたのは、政治家や研究者、自衛隊の人たちのやり取り。名優のおじさんたちのいい味が出てる上に、政治家特有のちょっと呑気で間抜けなかんじとか、女性大臣の剣幕とか、すごいリアルな内閣だった。スピード感のある会話のテンポにすぐ引き込まれた。ゴジラの尻尾の意味は色々考えるけれど、結局は最後まで人間が絡んで生まれた害獣ということが言いたいのかな、、、と。でも、教授も絶対ゴジラとともにあるとも思う。

ゆきこ
ゆきこさん / 2017年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あくまでこれは"特撮"もの

特撮映画は殆ど観た事がないけど、話題になったのと少し興味もあったのでレンタル。

周りの評価が良かっただけに僕的には残念でした。

緊急対策本部的なの作ってるけど、こんなにのんびりしてるものなのか?

ゴジラが町を破壊した後の二次災害やその後の対応とかも観たかったな。

東京壊されてるんだよ、もっとパニックになると思うんだけど。

リアルに作ってるけどリアリティに欠ける、そんな映画。

少なくとも僕が期待してた、ゴジラが出てきた時の国民の恐怖、被害者の心情、日本の行方とか、そういうの期待してるとガッカリします。

あくまで特撮映画ですので。
観方を間違えました。

nobi
nobiさん / 2017年5月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ザ日本

非常にいい映画
縦割り行政がよくわかる

kohhh
kohhhさん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

破壊シーンの素晴らしさ

・さまざまな意見がありそうだけど、怪獣好きとして重視するのは、もちろん街破壊シーン。シンゴジラの破壊シーンは少な目だけど満足。
特に好きなシーンは、完全体になって上陸後、足でズコーンと建物吹き飛ばす所。CGの予算は限られていたはずだろうから、ほんと頑張ったんだろうな~
・はっきりと解決しない要素や、謎のあるラストシーンも好きだった。
・特撮シーンは、これから何度も見返すと思う。

noritenpa
noritenpaさん / 2017年5月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある意味リアル?

今の危機感が無い日本ならあり得そう。
現に、北朝鮮のミサイルに対しも、唯のワイドショーのネタになってるし・・・

変わった切り口という意味で、エンターテイメントとして面白い。ただし、子供はがっかりしそうだな(政治のグダグダ感はわからんだろう)。

タカシ
タカシさん / 2017年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1309件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi