怒りのレビュー・感想・評価

メニュー

怒り

劇場公開日 2016年9月17日
558件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

さすがです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待通りでした。
役者もみんな、文句なし!
いや、広瀬すずにはもうちょっと頑張って欲しかったかな‥ラストのあのシーンは渾身の怒りを表現する大切な場面です。
それにしてもずっと辛い。悲しい。
疑った人たちが実はそうではなく、信じてた人たちが裏切られる。疑った側、信じてた側の気持ち、両方がまさに怒り。
最後愛子のエピソードだけハッピーエンドになったのは救われたが。あのままいなくなった方がテーマ的には良かったかな‥とも。
始めの犯行の場面の犯人はどうみても森山未來にしか見えなかったけどやっぱりそうだったとは笑

いつこ
いつこさん / 2017年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とっても楽しめました!!

平行して進む3つのお話。進むにつれ殺人犯は誰なのかとドキワク!!
豪華俳優陣だけあって3つのお話ともに見劣りせず素晴らしかった!!

妻夫木さんの本心を語るとき目線を反らして話し、お互いの心を探りながら語り合うシーンは印象に残ります。

広瀬すずさんや宮崎さんもあーゆー役をやるのも驚き、森山未來さんも鬼気迫る役で印象に残りっぱなしです。

とにかく目が話せない作品でした。

ちぃ
ちぃさん / 2017年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者が脚本を食った

映画館で観たのですが、この一言に尽きました。
脚本自体はそんなに印象に残るものではなく、結局理由がとても抽象的なものだったので特に何のインパクトもなく。さもすごいだろうと何か全面におしだしてくるようなエゴのような脚本に正直しらけました。ただ、今をときめく役者陣が揃いに揃っただけあり、各人の演技の迫力が凄すぎて、完全に役者が脚本を食っていました。。。それだけで1つの作品として、とても衝撃的なものになってしまっている、それがすごい。特に宮崎あおいさんと森山未來くんの演技が興奮度大だったなあ。妻夫木くんがホントにゲイにしか見えなくて、三つ流れるストーリーの中で一番心に残りました。それも、彼の演技力あってだと思います。

にゃあ
にゃあさん / 2017年6月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

市橋殺人犯の映画❔

他三つの話が入っていたが、遺族がみたらおもしろくないだろうななんて思った
千葉で殺人して、最後は沖縄に隠れていた男

れこほた
れこほたさん / 2017年6月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても切なかった

僕にとって、この監督が撮った作品は劇場で観た作品も含めdvdもすべて買いそろえている大好きな監督が撮り、大好きな音楽家が音楽を務め、好きな役者達がそろっていたので、かなり期待して公開してすぐに劇場に足を運んだ。3人の中の誰が殺人犯なのか、交互に絡み合い、3人を取り巻く人間達の感情が入り混ざりあい、見所が多かった。それに心地よくもあり、ときにはひどく切なくなる音楽も最高だった。終盤の妻夫木聡がひとり涙を流すシーンでは、こちらも思わず涙ぐんでしまい、森山未來が本音を漏らし暴れだすシーンではグッと胸が高まり、ラストシーンの広瀬すずの絶叫ともとれる叫びは圧巻だった。いつもこの監督は期待を裏切らない。素晴らしい。

くう様
くう様さん / 2017年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒り

前評判が良くて期待した作品だったが、事件の犯人も並行して進む話もイマイチ納得いく感じではなく、最終的なオチも後味が悪くて期待以上の映画ではなかった。

ハチ
ハチさん / 2017年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

考えさせられる映画

原作を読んでなかったのですが、とても良い映画でした。
とても考えさせられる映画だと思いました。
ちょっと迫力がありすぎてビックリすることもありました。
ほんとうの信じるってなんなんだろう?と思い考えさせられました。正解は分からないですが信じるとは裏切りも含んでいるのかもしれない…と感じました。

特に私が思ったのは、
アカデミー賞で妻夫木聡さんが賞を取るだけある映画だと思いました。
妻夫木聡さんと綾野剛さんが一緒に生活したり…したからこそ、すごく強く自然な演技ができていたのではないかなと思いました。
東京の力強さが伝わってきたような気がします。
とても良かったです!

りかぼん
りかぼんさん / 2017年6月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わり悪ければすべて悪い

ミスリード多すぎ
結局繋がってないし

演技は凄いものだったけど、ストーリーはイマイチ過ぎてもう一回観ようという気にならない。

ぽち
ぽちさん / 2017年6月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

守りたい人、守らなきゃいけない人、信じなければいけない人。

上みちる
上みちるさん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本版バベル? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

吉田修一はバベルを意識して小説書いたの?と疑いたくなるほど、印象が似ていた
ゆうつべにアップされてたのを観たんだけど、音量マックスでも半分程しか聞き取れない始末
それを差し引いても、高評価にはちょっと違和感がある
先ず、Wケンと宮崎あおいのエピソードは、大騒ぎして警察沙汰にする程の話にするほどの話なの?ってのが一つ
そんな事言ったら創作なんて出来ねーよ!って言われるかも知れないが、明らかに、現実に起きた事件から断片的に切り取って、継ぎはぎだらけのフランケンシュタインみたいな、事件と犯人創り出してるよね?
上手く説明できないけど、凄く違和感感じてしまう…。そのやり方ドーなのよ(実際の被害者が歴然と居るわけだから、その人達がこう言う描かれ方するのをどう感じるのか?不快に感じないのか?という疑問。俺はちょっと不快だったね)
二つめは、森山未來演じる犯人なんだけど、そんなに悪い奴には見えなかったんだけど…
最後の方、台詞ほとんど聞き取れなかったからかもしれないが、刺し殺される程の怒り買う事したの?って思った
俺の理解では、宮崎あおいと森山未來が演じた役は、何らかの障害を抱えた人と確信してるが、そう言うデリケートな部分を含む問題を描く、そもそもの小説の作法自体に大いに疑問を感じる
三つめは、余計な話だけど綾野剛演じる役の死は、取って付けた感しか感じなかった(ここも聞き取れないんで実際どうだかわからんけど)
でも、台詞ちゃんと聞き取れても高評価に転じはしないな。

あっちゃふん
あっちゃふんさん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒り→狂気 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

渡辺謙の怒りは娘への世間の目、女性蔑視。
妻夫木聡、宮崎あおいの怒りは相手を信じきれなかった自分自身への怒り。綾野剛は信じてもらえてなかった怒りというより哀しみ。広瀬すずは…怒りというより、ただただ哀しくて辛くて悔しい。

3人の素性がわからない男。
犯人が誰なのか知りたくて凄く引き込まれた。
上手いと思った。

森山未來は他人から見下されての怒り…なんだけど
見下されても居ない友人が危険な目に遭っているのに助けず、むしろ一部始終を見て楽しむサイコパスだったのには愕然とした。本当の悪人って普段は善人を装っているものなのかも知れない。

ミチ
ミチさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待していただけに

役者たちはとても素晴らしく、泣きのシーンなんて凄まじかった。

しかし内容はお決まりな感じがして重い話のはずなのに坦々と進む感じ。

もっと深いものが観たかった。

花
さん / 2017年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっとクレイジーな森山未來を見たかったな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もっとクレイジーな森山未來を見たかったな

consul
consulさん / 2017年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引き込まれた

2時間越えではありながら、犯人と疑わせる3人の男を取り巻くストーリーに引き込まれてあっという間だった。
タイトルである怒りという感情以外にも、人を信じることや頼ることの難しさや、人のうわべだけではわからない本心や、薄っぺらい人間関係の中でやり過ごす虚無でありがちな日常が描かれていて、この映画は殺人事件の犯人を特定していくということよりもその人間模様が面白かった。
豪華な俳優陣でみんな素晴らしかったが、誰だかわからないタツヤ役の少年が特に良かった。

emi
emiさん / 2017年6月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

犯人が誰なのか

犯人が誰なのかわからず、かなり後半までドキドキしました。最後の辺りでだんだん犯人のヒントが出始め、謎がとけていくところは目が離せず終わるのが惜しいとさえ思ってしまいました。泣ける場面もあり、ストーリーも素晴らしく、キャストも豪華で、見て損はないと思います。

モロッコガール
モロッコガールさん / 2017年6月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高でした。

今まで見た映画の中から一番

しばしば
しばしばさん / 2017年6月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それでも、あなたを信じたい――

信じることの難しさ。

思わず目を背けたくなるシーンもあるが、3回4回と何度も見ていくうちに感情移入が変わっていったりして色々考えさせられる。

大人になってから観たらまた見方や考え方が変わったりするのかなぁ…

この映画に出会えて良かった。

suzume
suzumeさん / 2017年5月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 難しい 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もうちょっと理由がほしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

話は全体的によかった。それぞれディープなところも触れ、信頼するをテーマにやってきた感じがする。
警察から電話がかかってきたり通報したりと犯人?と思わせる演出はいいと思う。でも犯人一人だけ特に疑われるような場面もなくあるとすれば唯一怒り狂ってる場面だけ。怒とかく理由もほしい。前殺した時は同情したからというはっきりした理由が描かれている。今回怒と書いたのは米兵が途中で逃げたからという理由でいいのかな?そこも曖昧。米兵の話が長すぎて肝心の犯人のオチが弱い。もうちょっとサイコパス?らしさを生かしたものにしてほしかった。

りい
りいさん / 2017年5月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芯がない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

市橋容疑者をモチーフにしたり、沖縄の米軍基地や米兵の婦女暴行を描いたりと、憤りを感じる実社会の事件や問題を要素に入れた「社会」映画なのか。
それとも、人を愛したり、信じたり、裏切られたりという「人間」映画なのか。
それともそのどちらもなのか。
本当に描きたかったのは後者だったのではないか。この素晴らしいキャストで、それに撤すれば本当に名作になり得ただろう。
しかしあろうことか、社会のデリケートな問題を中途半端に「消費」し、個々人の設定を脚本を裏付けとした演技ではなく「貫禄」でごまかしたことで、常に疑問がつきまとい、全く感情移入できない。
覚えた感動は、映画の中の人物ではなく、出演者に対してであり、残ったのは、無責任な消費に対する憤り。
それがこの映画が伝えたかった怒りなのだろうか。

yamato.t
yamato.tさん / 2017年5月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素晴らしかった!

最高でした。吉田修一はやっぱり面白いし、イ・サンイル監督の演出も素晴らしいし、俳優さん全て凄まじかった。

小説読んでないけど、言いたい事伝えたい事全て完璧に映像化出来てるんじゃないかと思う。

俳優としては、特に宮崎あおいさんと森山未來さんが印象に残った。
宮崎あおいさんの頭の弱い感じと一途さ、森山未來さんの一見、達観した感じの良きお兄さんからのキレやすいキャラクターは作り物ではなく、こういう奴周りにいるわと身近に感じる事が出来た。

犯人が分かりそうで分からないカメラワークや演出も見事だったし、ラストの3つの舞台の畳み掛けもドキドキした。
海の青さも印象的だった。

相手に対しての怒りというより、何で信じれなかったのだろう、何で分かってあげられなかったのだろう、という内なる怒りは美しく力強くもあった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

558件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi