図書館戦争 THE LAST MISSIONのレビュー・感想・評価

図書館戦争 THE LAST MISSION

劇場公開日 2015年10月10日
183件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

本に対する想い

前作も見ていたけれど内容はほとんど覚えていなかったため、予備知識なく鑑賞しました。

戦闘シーンが多かったため退屈することなく見ることができましたが肝心の映画の内容にはいまいち入り込めず。

対抗勢力との戦いがクローズアップされ過ぎてしまっていてもう少し本のもつ魅力などが表現される場面があっても良かったのではと感じました。

けど、見終わったらなんとなく本に対して愛着を感じるようになりました。

ari
ariさん / 2017年1月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出版の自由で殺し合い

今回は出版の自由なんていっても、みんなは本なんて読まないだろう、という男(松坂桃李)が仕掛けてくる。
何の恨みもない日本人同士が殺しあうという設定は無理で、岡田准一と榮倉奈々のロマンスのほうが面白い。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

岡田君と榮倉奈々にキュンキュンした!岡田君カッコいいし榮倉奈々ちゃ... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

岡田君と榮倉奈々にキュンキュンした!岡田君カッコいいし榮倉奈々ちゃん一途やし。。
近未来が舞台の社会を風刺した作品。表現の自由だけでなく、戦争の辛さとか、命をかけてでも守ろうとすること、色んな捉え方ができるなと思った。
「誰かに顔向けできる自分でありたい、その誰かは自分で決めることだけど」

ニック
ニックさん / 2016年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーむ良いけれど ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

図書館戦争として観るなら60点
恋愛モノとして観るなら120点
ただ、戦闘シーンが多いので苦しくなります。
まぁハッピーエンドと捉えれば良いですね。

一冊で失われるものもある。
言葉の規制も同じ。
たかが言葉だってたかをくくっているうちに
一語一語じゃない、もっと大事なものが奪われている。
私たちが守っているのは本だけど、本だけじゃ無いんです

正しい人しかいない世界なんてあるのでしょうか
歪んだ世界の中でどう生きるのか
憎しみに身をやつす愚かさは

歪んでるのは世界なのか自分なのか

この映画を観て組織人として、社会人として、変わらない世界が変わるまで戦ってみようと思いました。

みきねこ
みきねこさん / 2016年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

賛否両論だろーな

原作にすごくハマってたので、正直映画化自体に期待はしてなかった。一本目はそれなりにまとまっていたけど、今作は最後と言うことでまとまらなくなってしまった。原作を知っているからいろいろ補完しながら観れるけど、知らない人はどう感じるんだろーなー。
でも、最後の榮倉奈々はかわいい。

pal
palさん / 2016年10月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

失敗作じゃない?これ。

原作や漫画を読んでいる人にはどう感じるかわからないけど、映画版しか見た事のない私には、失敗作なように感じました。

“無茶な設定を、いかに本当っぽく見せるか”若しくは“見せないか”が、本作の重要なポイントだと思う。
前作は、「榮倉奈々の訓練・成長」と「私の憧れの王子様は誰?」がメインの話だったので、無茶な設定があまり気にならなかった。“見せない”ような作りになっていた。
けれども、本作では、メディア良化法という無茶な設定に真っ向から攻めている。が、その説明があまりにもお粗末なため、お話にノレない。
序盤は、ナレーションで説明するだけ。後半も色々と問いかけは出てくるが、結論的には(松坂桃李のセリフにもあるように)「そんなの馬鹿げている」となるような理由ばかりなので、やっぱり納得ができない。ノレない。

つまり、この世界観に引き込むことに失敗している。

戦闘シーンが多いけど、ミリタリー物としても中途半端。カッコ良さげではあるが、作戦にリアル感がないし、何より個々の戦闘シーンがご都合的なため(都合よく人には弾が当たらない、榮倉奈々の攻撃だけシールドを弾く、など)、ドンパチしているだけにしか見えない。そのくせ、世界観だけはリアルに描こうとしているがために、逆に矛盾が目立つようになっている。

原作とか読んで、脳内補完できる人には面白いのかもしれないけど…
うーん。単体の映画としてはイマイチ。

サケビオース
サケビオースさん / 2016年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり、、、

やっぱり世界観がイマイチ
映画の限られた時間の中だから仕方がないけど、もう少し世界観の説明がほしかった、突っ込みどころ満載すぎて

こうき
こうきさん / 2016年7月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高

本当に良かったです!
榮倉ちゃんと岡田くん最高。
感動しました。でも、もう少し
恋愛要素欲しかったです。

いも。
いも。さん / 2016年7月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた

何がよかったのかは正直よくわからなかったが、でも感動した。

岡田が動けなくなるところのシーンはさすがにないた。
感動するというより、ハラハラするという感じだった。
福士蒼汰、土屋太鳳が何より美しかった。

たけちゃん
たけちゃんさん / 2016年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり

原作と比べちゃうと色々ちがうけど、これはこれで好きだな!榮倉奈々と岡田准一が多分、役にあってるんだろうなぁ。

ムクムク
ムクムクさん / 2016年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TVドラマ>映画

そもそもずっと設定には違和感を感じていた。
敢えて言うなら、たかが本に命を懸けるなんてありえない。
だが、そこを置いておいても、そこそこおもしろそうとTV版を観て思った。
なのに、序盤は何度寝たことかw
結局、見終えるのに3時間以上かかってしまった。
私のスタンスは松坂桃李もしくは無関心な愚民に近い。
根本のところでシンクロできていないから、心に響こうはずがない。
ナンセンス!なのだ。
唯一、岡田と榮倉のありがちな設定の恋模様に☆2つ。
あれだけ撃たれて皆死なないのも、都合良過ぎだったけどね。
せめて岡田が死んでいれば、もうちょっと胸は疼いたろう。

みみず
みみずさん / 2016年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作ドラマ知らないとキツかったです(笑)

原作漫画未読で前作もドラマも見ていません。予告編で設定を知るくらいの知識でした。きっと物語が刷り込まれている人なら、わくわくドキドキする内容なのでしょう。
僕はこういう原作ありきの邦画を観るときは、1本の映画としてフラットで楽しめるかどうかが、気になります。そういう意味では、さすがに強引な世界感や展開はキツかったです。もちろんファンタジーですから、リアリティの欠如もしょうがないですが、ドンパチを割いてでももう少し丁寧に描いて欲しかったかなぁ。

「表現の自由を守る」「思想弾圧の悪」「思想のための戦争の愚かさ」というテーマは、普遍的でいいですね。けど公務員同士が税金を使って、一般人まで巻き込んで銃撃をするなんて、
せめてもう少し説明して欲しいです(笑)検閲基準もわからないし、なぜ両者は命をかけて戦ってるのかな。
しかもそんな危ない図書館に、普段は子供がたくさんいて大賑わいだし。銃撃戦が起こってるのに、渋谷とかの市民がまるで無関心なのも、よくわかりませんでした。きっと、脚本が練られてないのでしょうね。
そんな訳のわからい状況で、同じような銃撃戦がいつまでも続きます。まぁ図書館の狭い中ですから、展開もあまりできないです。

けど岡田さんや榮倉さんはアクションも頑張っていたし、
見応えがありました。スナイパーの福士くんも、申し分なくカッコ良かった!すごい努力や訓練をされたのでしょうね。役者魂に感銘です。アクション中心の映画だけど、無骨な隊長とピュアな隊員の恋物語で、ほんわかしてるのも新しい体験でした。

見終わった劇場の女の子たちはみんな、「面白かった〜!」って笑顔。なるほどきっと原作漫画が、とても良くできているのでしょう。そういう意味では、ファンの方はすごくいい時間なんだろうな。好きな人たちが楽しめているなら、いい映画なんでしょうね。

原作がよく知られているけど、自分に知識がない邦画は、やっぱりこうなりがちですね。けどこの映画で、僕はかなりマイノリティですから、好きな方は楽しめると思いますよ。

Cディレクターシネオの最新映画レビュー
Cディレクターシネオの最新映画レビューさん / 2016年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変わらない世界を嘆くかわりに、彼女は走った。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」(佐藤信介監督)から。
場面設定を説明せずに、この作品の面白さを伝えるのは難しい。
だから映画の場合、監督や脚本家の伝えたかったことを、
台詞や掛け軸、写真などに見つけようとしてしまう癖がついた。
今回は、自分の所属する団体、自分の勤める会社、
いや、自分の住む街に置き換えてもいい。
不平不満を言う人は、何に対しても批判的だけれど、
ではあなたは何か行動しているのか?と言えば、皆無。
批判することが楽しいのであって、自分では何も動かない。
そんな風潮を意識してか、節々に気になるシーンがある。
「どうにもお先真っ暗だな」「だから、私たちがいるんじゃん」
「ワインはね、提供する温度やグラスの形状によって、
味がまったく変わってしまう。どんな上等なワインも、
環境が悪ければ実力を発揮することができない」
「堂上さんですよね、とても強いと聞いています。
見てみたいなぁ、あなたが倒れるところ」
「見てるだけか・・直接こい」
「私たちの存在は無意味なんでしょうか?
戦っても、意味がないんでしょうか?」
「俺たちが必要かどうか決めるのは、俺たちじゃない」
そして物語のラストに出てくる写真のキャプション。
「変わらない世界を嘆くかわりに、彼女は走った。
 その想いが届くことを信じて」
これかな、今回の「気になる一言」は。

shimo
shimoさん / 2016年5月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作はコミックで既読!

戦闘シーンが長いかな…。個人的には写真で児玉清さんが出てたのが嬉しかった。本好きにはこんな時代は絶対に来ないことを祈る。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通なら☆④なんだけどな。。。

これは有川浩作品全般で言える事だけど〜↓↓↓
どんなに製作陣が頑張っても〜
キャストやクルーが頑張っても〜

〜原作は超えられないのよ!絶対に!

これは、映画に携わる人を軽視し・・
書籍にかかわる人を選民的に評するものでは無い。

それ位、有川浩作品が凄い。桁違いに凄すぎる!て事なのよ!

〜〜〜

本作はドラマ版を②とするなら、③たる一作。
①②は、まぁまぁ原作通りに来たんだけど・・
流石に、あの後半の壮大さは描けなかったか?
③で脚本が大いに変わってて・・。
(まぁ、これは・・善戦した方か?)

・・ガッカリと言うか?何というか?

戦闘シーンとか要らないんよなぁ、正直。

書籍発刊当時から十年?
AIがチェスでも囲碁でも将棋でも人間を凌駕し、小説も書く時代になった。
作中の言葉狩りや政治への無関心も、今や洒落にならない。
〜防衛法案を戦争法案とか一部が呼んじゃう昨今。

ちょっとアレだよなぁ。。。

繰り返す。
原作は素晴らしい。
原作は素晴らしい。

だが。
映画三部作は、結果・・原作の廉価版になってしまってる。
・・悪い映画では無いが、原作が壮大過ぎるわな。。

誰が悪いとか言う訳では無い。・・残念無念。

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2016年4月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

胸キュンが!!!!

原作から大好きで
映画もスペシャルドラマも毎回わくわくしながら見てました!
ついに待望の!!!!

なのに都合がつかず見に行けず、、、:;(∩´﹏`∩);:飛行機で見れて感動でした☆

原作潰しの実写化が多い中、、、有川先生の作品ははずれないですねー!!さらによくなっている!!素晴らしい:;(∩´﹏`∩);:

有川先生も関わって作ってると以前Twitterでみたのでその甲斐もあってなのかなー?

今回は前回よりもアクションがすごくって!本当にうわーーうわうわ!わー!といったかんじにアクションでも大興奮笑

でもやっぱりラブシーンがもうたまらないですね〜!!!胸キュン!!!

にやにやしながらみちゃいました!

カミツレデート!やばい!

本当に見たいので続編心から期待しています!!!
堂上教官みたいな上司がほしかった、、、!!!

まーみん
まーみんさん / 2016年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

突然いい声がしたと思ったら鈴木達央(笑) もうあと10分尺伸ばして...

突然いい声がしたと思ったら鈴木達央(笑)
もうあと10分尺伸ばして甘い所いれて!!!となるほどにはアクション多め。

しっぽ
しっぽさん / 2016年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう最高

前作から大好きな作品!
ドラマ版と続編公開と聞いて本当に楽しみに待ってました!!

まず内容は完全に前作を超えるストーリーになっていて感動して涙が止まらなかった
桃李くん演じる手塚慧もただの悪役というだけでなくそれぞれがそれぞれの正義を持っているという設定に凄く感激しました!

誰もが気になる堂郁の恋模様も凄くキュンキュンしました(^^)ほんっっっとに続編をやって欲しいと思うくらいです

キャストスタッフ皆がこの図書館戦争という作品が好きなんだという事が凄く伝わってくるものだった。

あとはアクションも前作を超えるもので表に出てこないキャストさんも体を凄く鍛えたみたいでその裏話に感動しました。
3回見ましたがもう一回映画館で観たいと思うしDVDを早く出して欲しい。

そして監督に続編の希望を伝えたい

ふがし
ふがしさん / 2015年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ?

何故殺し合うのか、何のための戦争か?
お互いの思いがぶつかるのは当たり前の事なのに
アクション、撮影はイイけど、きな臭い今、気持ち悪さを感じました

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2015年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画

原作、アニメ、漫画、実写一作目、ドラマを見てから見ました。
続編が決まった時から楽しみにしていました。3回行きましたが、回を重ねる事に感動しました。そして細かい描写に気づくようになりました。
恋愛要素、アクション要素だけではなく二つの要素を程よく盛り込んでいて好印象です。
一作目よりも恋愛要素が多めで、きゅんっとしました!

mkn
mknさん / 2015年12月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

183件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi